2020年5月30日 (土)

X-TWELVE へルメット内装更新

私が今使っているヘルメットは、SHOEIのX-TWELVEです。今から8年前、ブロ友さんから安く譲っていただきました(この記事)。
その後ミラーシールドのコーティングが剥がれたやら落としたやら色々ありましたが、まだ使っています。メーカー推奨によれば、ヘルメットは3~4年で更新すべきらしいですが、いやいやそんなことはなくて、内装さえ持てば20年は使えると私は思っています。はい、もちろん自己責任ですよ。まぁ世の中、上には上がいらっしゃるもので、40年前のジェットヘルを未だに使っている人を私は1人だけ知っています。

そんなある日、何気なくX-TWELVEを見ていたら・・・何と内装がボロボロではありませんか。まぁもともとオヤジの臭いと汗と脂が染みついて芳しい香りを放ってはいたのです。それらは自分では我慢できるにせよ、内装のヘタリや劣化は安全性や快適性にも関わってきます。

そこでネットで探してみたら、まだありました。XLの内装セット1式、1諭吉さん。ボヤボヤしているとなくなってしまいます。でも初の注文先ですから要注意。着払いです。

 

本日届きました。

Img_6869

» 続きを読む

| | コメント (2)

2020年5月24日 (日)

今日も能登へ

非常事態宣言が解除されたから、というわけではありませんが、ちょいと能登方面を走ってきました。まぁ、往復100kmぐらいのちょっとです。しかしバイクも車も増えました。今まで走ったときとは明らかに違います。

路側帯に停めると、バイクが何台も通り過ぎました。皆さん、この時を待っていたのでしょう。ほぼ全員が私に向かって手を上げて走り去りました。こういうライダー同士の連帯感はいいものです。しかし前にも書いたように、連帯感が内向きになると、村八分、いじめ、最近では自粛警察(この言葉は気に入らないが)となってしまうのでしょう。

 

コロナウィルスが蔓延しても、能登の田園風景は以前と変わりません。県道29号線にて。

Img_6854

» 続きを読む

| | コメント (6)

2020年5月19日 (火)

GWから今まで

溺愛する猫は亡くなりましたが、失意したままではいられません。「亡くなった人への一番の供養は、忘れてあげること」などと無責任なことを何人かに言ったことはありますが、まぁそう簡単に忘れることはできないものです。
それでも前に進まねばなりませんから、気を取り直してたまには走っています。

今年のGWは帰省しませんでした。一番の理由はコロナウィルスで、県をまたいだ移動は危険であり、いつも泊るウィークリーアパートは感染地帯にあるし、子供たちも帰省しないしと、残念ながら富山で過ごしました。
それでもGWには能登方面を1,2回走りました。野麦街道も行きたいのですが、下手すると往復500kmある道をあちこち見学しながら走るのは、ちと負担が多すぎます。

あれ、写真があまりない。

 

誰もいない能登の山間

Img_6848

» 続きを読む

| | コメント (4)

2020年5月14日 (木)

永眠しました

4月18日(土)朝5時55分、彼は13年半の生涯を終えた。
永眠した、星になった、虹の橋を渡った、虹の橋のたもとにいる、表現はいくつかあるが、死んだのである。

彼はここ2週間ほど急速に痩せはじめていたから、私はある程度の覚悟はしていたし、その理由も分かっていた。
しかし彼がいなくなった今、もっと早く病院に連れていけなかったのか? そうすればもっと延命できたのではないか? という思いが頭から離れない。「生き甲斐」というほど可愛がっていたのに、なぜ最後の最後にできる限りの治療をしなかったのか? 
深夜、家の中で激しく鳴いたときもあった。彼が何を求めているかは分かっていた。しかし私は、
「こんなに痩せたら、もう駄目だろう」
勝手にそう決め込み、治療を諦めていたふしがある。今になって思えば、もっとできることはあったはずだ。後悔は繰り返し頭の中を巡り、日に日に強くなるばかりである。

 

生前撮った最後の写真  膝の上に上がる力がなくて引っ張り上げた

Img_6812

 

» 続きを読む

| | コメント (8)

2020年4月25日 (土)

【県外ナンバー=コロナ疎開】ではない

コロナウィルスの感染者が増える一方、徳島県では県外ナンバーの車が傷をつけられたり投石されているそうで、あぁ嫌な世の中になりましたねと一見したところ思うのだが、改めてびっくりすることもない、これは昔からある日本人気質ではないか? と思います。
他者排除は典型的な「ムラ社会」の行動であって、地域の人たち皆で仲良く手をつないで内側を向き、よそ者は排除しましょうよという、日本人が昔から持つ気質ではないでしょうか。

それは小中学校のいじめの構図そのものですし、スポーツジムにおいても、いい年こいた中高年が平然とやっています。原発事故のときにも見られました。そうしたムラ社会の気質が、コロナウィルス感染による命の危機を感じたことで表に出ただけのことではないか? と思います。

震災のときに人々が平然と並んで諸外国をびっくりさせましたが、何のことはない、人は匿名なら何でもするのです。SNSやネットニュースのコメントには、驚くほどの罵詈雑言が見られます。ネットで脅迫コメントを書いて逮捕された人の多くは、企業の管理職クラスの「正義感」の強い人たちです。

 

0j0a3567

 

さて私は転勤で富山に来ているので、バイクと車は県外ナンバーです。走りづらくなってしまいました。バイクでは感じませんが、県外ナンバーの車で走っていると車間距離を詰めてくる奴はいました。

» 続きを読む

| | コメント (6)

2020年4月12日 (日)

庄川沿いの桜

最近の休日は天候に恵まれませんが、今日も曇り。いつもの休日のとおり遅く起きたので、11時に出かけました。
11時なんて、朝練の方はもう帰ってくる時刻ですが。

行き先は、能登方面からちょいと趣向を変え、近くの内陸部である「庄川水記念公園」へ。

Img_67852

ここは庄川の堤防沿いをずっと走っていくと、直前に2,3回曲がるだけで到着します。

たくさんの桜が植えられているので、例年多くの人で賑わいます。しかし今日は駐車場に車は数台のみ。人もまばらで、時折冷たい風が吹くと、桜の花もはらはらと散り始めるのでした。

» 続きを読む

| | コメント (8)

2020年4月 4日 (土)

快走の能登路

コロナウィルスの蔓延が止まりません。いつぞや、【映画「ジュラシックパーク」は実現するか】という大真面目なテレビ番組(確かイギリスBBC)を放送していましたが、その結論を思い出します。
曰く、【恐竜再生は不可能ではない。しかし恐竜は卵から孵化してまもなく1匹残らず死ぬ】
その理由は、【6500万年前の遺伝子しか持っていない恐竜は、現代のウィルスに絶対に勝てない】
【生物とウィルスとの生存競争は、かくも熾烈なものである】
というものでした。

なので、私も社宅でじっとしているべきなのですが、今日は晴れて気温も上がっています。人とあまり会話しないバイクならいいでしょうと思い、出かけました。
近くのガソリンスタンドでレギュラーを入れたら、何と@109円也。こんな価格見たのは20年ぶりぐらい? 人の動きが減って需要も減っているのでしょう。

今日の能登路は、快走そのものです。普段から人が少ないのに、なおさら少なく、車はほとんど走っていません。極めて快適に走れました。

 

さて今日は、今まで走ったことのないK245に行ってみました。が、途中から道幅が狭く険道になってきたのでUターンしました。

Img_67642

ちょっと無駄な時間を過ごしてしまいましたな。

 

» 続きを読む

| | コメント (10)

2020年4月 3日 (金)

次男が来て遊んでいきました

4月になりました。人々の関心事はもっぱらコロナウィルスで、志村けんさんが亡くなったのは非常なショックです。とても自分には無関係とは思えません。
ところで4月4日とは、私のリアル誕生日です。もう○○才になってしまいました。

 

そんな中、先週金曜日遅く、大学生の次男から「行くよ」と連絡があり、土曜日(3月28日)早朝、奴が高速バスでやってきました。なんでも、ウィルスの影響で春休みは延期され、自宅待機が暇で暇で仕方ないのだそう。
ヨメは、大喜びです。
オヤジは、料理担当です。今回作ったのは、鶏ごぼううどん、ポテトサラダ、肉じゃが、ひじき煮物、鶏唐揚げなどなど。我が家ではこれらを「おふくろの味」と呼んでいます。

そして案内した観光地のうちオヤジが同行したのは、

 

瑞龍寺

0j0a3595

 

» 続きを読む

| | コメント (2)

2020年3月13日 (金)

野麦峠が止まらない

とタイトルを書いてみたものの、「峠が止まらない」などという変な日本語はないのであって、要は、野麦峠と野麦街道への熱が止まらないのだ。

小説「あゝ野麦峠」で描かれているのは、遠く飛騨や高山から野麦峠を越え、諏訪湖から岡谷一帯に糸引きに出た工女の物語である。内容に惹かれるのは、その悲劇性にもあるのだが、それがここ富山から日帰りで行ける場所にあるためである。

『こんな凄い話、一度自分の目で確かめてみようではないか。一度走ってみようではないか』と思うのだ。

 

ちらりと読んで分かったのは、工女たちが諏訪から飛騨地方へ歩いた「野麦街道」の一部は、今まで私が松本の帰り道に何度も通った国道158号線だったことである。松本から富山へ帰るときには、北へ向かって「重畳たる信飛国境の山々(小説の引用)」が見える。確かに、遙か前方には国境の山々が見え、たとえバイクであっても、そこを駆け上っていくことには一種の緊張を強いられる。

しかし、まさかあの急峻な山道を、しかも雪や吹雪の真冬に徒歩で帰ったとは・・・。梓川沿いには断崖絶壁の場所もある。

 

 

現時点で調べたところでは、諏訪湖の天竜川始点をスタートとして、政井みねさん(小説の主役の一人)のお墓がある飛騨市までのルートは、次のとおり。

Nomugi

» 続きを読む

| | コメント (4)

2020年3月 1日 (日)

野麦峠に行きたい!

とタイトルに書いたが、野麦峠には2回行っている。1回目は2016年9月3日。2回目は2018年7月30日

なぜまた行きたくなったのかというと、この動画を見て、たちまち野麦峠の歴史と、工女たちに強く惹かれたからだ。

 

ラジオドラマ「あゝ野麦峠」

このドラマは、小説に忠実に作られている。後半には制作者の解説もあるので、気になる方は是非ご視聴を。

特に、42:26部分、サイレンが鳴って「終わったよ、終わったよ、終わったんだよ~!」と叫ぶ場面が圧巻である。これは、年末に生糸工場のラインが止まり、いよいよ故郷に帰れるというとき、工女たちが喜びに満ちた歓声をあげる場面。彼女たちの顔が浮かぶようである。もちろん帰路には苛烈を極める峠越えがある。命がけである。しかし、それを差し引いてもなお、1年間、生糸工場で稼いだお金を持って故郷に帰れるという喜び。声優か女優か分からないが、この部分では、そうした感情が、実によく出ていると思うのだ。

ドラマでは、「その晩のうちに塩尻峠に向かったもんでっせ」と老婆が語る。諏訪から飛騨までは幾つもの峠を越える。野麦峠は、その途中の一部、そして最難所であったのだ。

冒頭など、男性と老婆の声がナレーションで入るが、これは小説の一部分である。

» 続きを読む

| | コメント (4)

2020年2月24日 (月)

雨晴海岸から氷見海岸

今年は雪こそ降りませんが、そこはやはり北陸。気温が高いために雪にならないだけで、毎日のように雨が降っています。
そんな中、日曜日の朝起きたら曇り。時々晴れています。コストコに食料品を買い出しに行ったあと、走るのは今でしょ!とばかり、近場をちょい走りしてきました。

でも黒い雨雲も見えますから、そう遠くには行けません。まずは道の駅雨晴(あまはらし)に行きました。

 

スマホ撮影。アプリでコントラストや色合いを調整しましたが、いい感じです。

Img_6699

» 続きを読む

| | コメント (6)

2020年2月12日 (水)

雪の白川郷

今年の富山県はほとんど雪が降りません。平地は全くなくて、さすがに3,000メートル級の立山連峰には雪が積もっていますが、では合掌造りの白川郷はどうなのかと思いたって11日(火)に行ってきました。ええ、もちろん車です。

日曜日に手塗りのコーティング剤を塗ったのに、塩カルにまみれてしまうのかと思いましたが、仕方ありません。しかし最近のコーティング剤はよくできていますね。固形ワックスは雨1回で落ちてしまいますが、これは雨3回持ちます。

休日はいつも遅いです。11時半に出発しました。東海北陸道を飛ばして? 13時、白川郷にとうちゃこ。

 

車は、白川郷を一望できる展望台に停めました。

0j0a3499

 

» 続きを読む

| | コメント (4)

2020年2月 4日 (火)

オーバードホールで佐渡裕さん指揮「皇帝」「英雄」を聴いてきました

2月2日(日)は、富山市にあるオーバードホールでベートーヴェンを聴いてきました。
指揮は、テレビでもおなじみの佐渡裕さん、オーケストラは「兵庫芸術文化センター管弦楽団」、ピアニストはエフゲニ・ボシャノフさん。演目は、《コリオラン序曲》、《ピアノ協奏曲第5番「皇帝」》、《交響曲第3番「英雄」》です。

Img_6664

13時開場14時開演ですから、13時ちょっと前に近くの駐車場に車を停めて歩き出しました。このホール、電車で来るには駅前でいいのですが、車で来ると駐車場がなくて苦労します。事前に調べておいた安いところはどこも満車だし。

 

座席はかきさんに手配いただきました。かきさん、ありがとうございます。

《コリオラン》から始まって、「皇帝」のボシャノフさんのピアノ、時々テンポが変化しましたが、スタインウェイピアノの音色がとても綺麗に感じられました。アンコールの曲名は分からず。
ついで英雄(エロイカ)交響曲。ベートーヴェンが芸術家として飛躍的発展を遂げた曲で、目の前で英雄私にとっては初の「ナマ」英雄。とても楽しめました。

そして、佐渡さんがアンコールに応えて振りはじめたのは、何とベートーヴェンの第7交響曲の第4楽章。そのため、昨日から今日にかけてこの第4楽章の、それも後半の、それもコントラバスが延々と鳴る部分が、頭の中で鳴り響いておりました。

 

 

» 続きを読む

| | コメント (4)

2020年1月28日 (火)

この日は立山連峰がよく見えた

27日(日)の続きですが、朝から晴れたこともあり、立山連峰がよく見えました。3,000メートル級の山々が屏風のように連なる様子は、迫力があります。
しかし目で見た迫力は、写真になるとかなり失せてしまいます。

午後からはヨメと富山市に行ったので、デジイチで何枚か撮ってみました。

 

富山県美術館から見た立山連峰 中央は剱岳

0j0a3477

» 続きを読む

| | コメント (8)

2020年1月27日 (月)

高岡市金屋町ツー

ツーとは書きましたが、金屋町(かなやまち)は今住んでいるところからそう遠くはありません。今年の富山には平地に雪が全くないので、晴れれば関東のようにバイクで走れます。しかし毎日ほとんど雨が降るところが、やはり日本海側の気候だと思わされます。

26日(日)は朝から晴れたので、気温が上がる10時頃に出発しました。が、午後からヨメと出かける予定でしたので、そう遠くまでは行けません。それで金屋町としました。

wikipediaによると、金屋町は「高岡銅器産業の中心で、現在も千本格子造り(地元では「さまのこ」と言う)の街並みが残り、石畳の道と相まって高岡市の観光地のひとつになっている」とあります。詳しくはこちら

 

赤だけ残してモノクロ

Img_66492

» 続きを読む

| | コメント (6)

2020年1月20日 (月)

2020年初乗りは新湊大橋の周辺へ

今朝はご近所の方の訪問で「ピンポーン」と呼び鈴で起こされ、しばしお話をして、時計を見たら10時。仕方ない起きるかとカーテンを開けたら久々の曇りです。しかも路面はドライときたら、47日ぶりに走らねばならんでしょ。そそくさと支度をして車庫からSBを引っぱりだしました。

しかし、交換から2年3ヶ月を過ぎているバッテリー、いつ逝っても不思議ではありません。そういうときのために購入したジャンプスターターをバッグに忍ばせ、セルボタンON! さすがインジェクション、1発でかかりました。バッテリーもまだ持ちそうです。

 

行き先は、
「氷見の番屋街か?」
と思いましたが、路面はウェットの場所もあります。立山連峰が見えていることを期待して、海王丸パーク方面にしました。

 

ということで早速、海王丸パークにとうちゃこ。

0j0a3422

» 続きを読む

| | コメント (6)

2020年1月17日 (金)

フロントブレーキスイッチ購入

昨年11月にSBに乗ったとき、フロントブレーキレバーを握ってもブレーキランプが点かないことに気づきました。これは放置すると命にかかわりますから、早急に交換しなければなりません。それでも2,3回はリアブレーキと共にかけながら乗りましたが、オフシーズンのうちに交換しなければなりません。

 

ということで、片道150km、最も近いホンダドリーム店である松本店に着払いで注文しました。松本まで走れる季節ならツーがてら行ってしまうのですが、そうはいきません。

届いてみると、いやはや小さいものです。ちなみに本体価格は1,000円ちょっと、着払い運賃は930円。

Img_6636 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年1月10日 (金)

最近買ったもの

バイクネタがないので、日用品からバイク用品まで、最近買ったものをUPします。

 

1.BLUETOOTHイヤフォン

これは私にとって2つ目のBLUETOOTHイヤフォンです。1つ目のが飽きてしまったので、気になったやつをメルカリで購入。新品未使用ですが、家電量販店より2割安くGET。
コードのないイヤフォンとは実に快適です。ただし電車通勤の方は線路に落とすこともあるそうで、そうなると気軽に拾えず、コードレスゆえの欠点もあります。

が、肝心の音は、期待外れでした。低音と高音が強調された「ドンシャリ」というか、正確に言えば高音が目立つ(耳につく?)「シャリ」です。
私の好みでは、iPhoneの「Treble Reducer」(=高音控えめ)でちょうどいい感じです。

もっとアコースティックでフラットで、低音はしっかり出るのが好みですが、視聴できないので仕方ありません。なぜなら、店頭にある視聴サンプルは他人の耳○そがついているので、とても触る気になれないからです。
3台目に期待かな。

A10t

(写真はAmazonより拝借)

» 続きを読む

| | コメント (2)

2020年1月 5日 (日)

年末年始帰省

年末年始の帰省から帰ってきました。行きは昨年12月28日(土)、帰りは1月4日(土)です。昨年は雪が降っていましたが、今年は全く雪が降らなかったので、行き帰りとも安心でした。それでも妙高のあたりは雪がありましたが、路肩のみで、昨年のホワイトアウトとはえらい違いです。雪が降って嬉しい人、困る人といますが、私は嬉しい人です。

さて今回も、例によって猫連れです。猫も学習したのか、今回で3回目だったかの帰省にも慣れてきて、車に乗せても、ウィークリーマンションに行ってもあまり騒がなくなりました。

 

マンション(と言ってもほとんどアパート)近くで地酒を見つけたので購入。この写真、瓶は宙に浮かせていて、床に着いていません。

Img_6598

» 続きを読む

| | コメント (4)

2019年12月21日 (土)

ダンスはうまく踊れない

昨年6月にヨメが来て、9月からスポーツジム通いをしている。そもそもヨメが来たのは茨城で一人暮らしになってしまって心細いというのもあったが、私の健康上の不安もあった。ほぼ2年前、夜中に鼻血が出ていくら押さえても止まらず、片方の鼻腔から出血していたのが、しまいには両側から出血しはじめた。命の危機を感じた私は自分で救急車を呼び、自分の足で乗り込んだ。そして隊員が血圧を測ったところ、何と上が190もあったのである。
「隊員さん、それは何かの間違いです。そんなに高いわけがありません」
と私は言ったのであるが、救急車の血圧計が壊れているなどということはあり得ず、何度測っても血圧にさしたる変化はなかった。
そうしたこともあって、ジムに通い始めた目的のひとつは血圧を下げることである。薬を飲んでいたり、他にも複合的な原因はあるが、ジム通いを始めてから、上が120台から110台で落ち着いている。

そのジムには、筋トレエリアとスタジオがある。筋トレエリアには、体の各部の筋肉を鍛えられるよう、目的に応じて各種各様のマシーンが並んでいる。窓際にはランニングマシーンがずらりと並び、皆それぞれ外の景色を眺めながら思い思いのスピードでローラーに乗って歩いたり走ったりしているわけだ。

私も、これらマシーンの一部で筋トレをする。まぁ大したレベルではないけれど。

 

8月にトロッコ列車で行った欅平駅近くの黒部川(本文とは関係ありません)

0j0a3053

» 続きを読む

| | コメント (6)

«長坂の棚田(氷見市)ツー