« shingoさん迎撃プチツー | トップページ | 霧降高原ツーリング 参加者募集 »

2009年4月26日 (日)

バッハ 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番第1曲(抜粋)

私は、悩ましいとき、イライラするとき、よくこれを聴きます。
約10年前、実家であまりに腹の立つことがあって、皿を2枚床に叩きつけて割ったimpactあと、これを聴いて救われたことがあります。

バッハが35才の時に作曲した、西暦1720年の音楽です。
300年前の音楽が人の心を癒すのですから、ありがたいことです。

試しに音楽ファイルをUPしてみました。

|

« shingoさん迎撃プチツー | トップページ | 霧降高原ツーリング 参加者募集 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

いちごさん こんばんわ

音楽ファイルも貼り付け出来るんですね(^^ゞ
全然知りませんでした(汗)

>実家であまりに腹の立つことがあって、皿を2枚床に叩きつけて割った
えっ!?いちごさんでもそんな事があったんですか?

バッハの曲は心に染み入るものが多いですね。
重厚なサウンド、なによりバッハがチャーチオルガン奏者だったこともあるのでしょうか。
この曲も部屋を真っ暗にして聴きたいものです。

投稿: GAZZY | 2009年4月26日 (日) 23時21分

GAZZYさん、おばんです。

音楽ファイルのmp3は貼り付けできます。初期設定で、mp3プレーヤーの起動メニューがあります。
皿ですか? はい、あまりに腹が立ったので。ちなみにその問題は未だに解決していません。

>オルガン奏者
そうでしたね。確かにこの曲も、部屋を暗くして聴くのもよさそうです。
バッハの音楽は崇高で普遍的です。

投稿: いちご | 2009年4月27日 (月) 00時04分

バッハですか・・・
私は、”主よ人の望みの喜びよ”が大好きです。
気が落ち着いて、子守歌にもなりますね(笑)
静かな曲だけでなく、賑やかなのも好きですけどね・・・
チャイコフスキーの1812年とか、お祭りのバカ騒ぎのような曲も
ストレス発散になります。
でも最近は全然聞いてないなぁ~

投稿: 小弘 | 2009年4月28日 (火) 20時53分

小弘さん、こんにちは。
>”主よ人の望みの喜びよ”
そうですね、これも押さえておきたい1曲ですね。

>チャイコフスキーの1812年
これ有名ですが、私は聞いたことないんです。確か大砲が出てきましたよね。
チャイコフスキーの、絢爛豪華でいながら憂鬱な旋律も好きなところです。

投稿: いちご | 2009年4月29日 (水) 09時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1047409/29308398

この記事へのトラックバック一覧です: バッハ 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番第1曲(抜粋):

« shingoさん迎撃プチツー | トップページ | 霧降高原ツーリング 参加者募集 »