« 窓辺 | トップページ | クラシックコンサート »

2009年11月13日 (金)

第2楽章のすすめ (3)

ヴィヴァルディ 協奏曲集「四季」の冬 第2楽章 Largo(ラルゴ)

クラシックの入門曲のようなこの曲ですが、やはりスタンダードというべきでしょうか。

冬の第2楽章はたまに聴いています。

snowがしんしんと降る中を、馬車horseに乗って家路を急ぐ。家では灯りflairがついて、母親が温かいスープを用意している・・・そんな情景が浮かびます。

主旋律は雪の降る様子、「ポンポン」というピチカートnotesは、馬の歩く音に聞こえてきます。

「冬」の第1~第3楽章は、YouTubeで。

|

« 窓辺 | トップページ | クラシックコンサート »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
朝に引き続き、お邪魔してます。
この冬。
昔NHKのみんなの歌で流していたのを思い出します。
歌詞もとってもすてきでしたが...
大昔のため、思い出せません(^^;)
「...この道...歩いた....かあさんが....。」
とかの言葉が入っていたような....?
なんかもう一度聞きたくなりました。

投稿: おくさん | 2009年11月13日 (金) 22時23分

おくさん、いつもコメントありがとうございます。何度お邪魔していただいてもかまいません(笑)。

歌詞は知りませんが、ほのぼのした気分になれる曲ですよね。

投稿: いちご | 2009年11月14日 (土) 15時49分

以前、バイオリンを弾く機会がありました。
やってみたら案の定「ギゴガゴギゴガゴ」(ToT)/~~~
難しいですね(笑)
ヴィヴァルディの四季はCDで持っていました。
STD故に名盤なのでしょうね。
ピチカートも凄く効果的に使われています。
しばし聴き入ってしまいましたhappy01

投稿: GAZZY | 2009年11月14日 (土) 18時53分

GAZZYさん、おばんです。

バイオリン、初めて弾くと「ギゴガゴギゴガゴ」らしいですね、私の友人も言ってました。とても聴くに耐えない音だと。

四季は、名盤ですね。飽きずに気構えせずに聴けます。CMでもよく耳にしますし。

投稿: いちご | 2009年11月15日 (日) 01時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 窓辺 | トップページ | クラシックコンサート »