« 一本杉峠のパノラマ画像 | トップページ | 霞ケ浦暮色 »

2010年2月19日 (金)

私のバイク遍歴(24) ナナハンライダーの午後

部室に着いてから、Fを一通り皆に披露した。

構内での大型バイク(乗り)は絶滅寸前といえるほど、ほとんど棲息していなかった。1台走ったぐらいでは大したことはなかったが、RとKも一緒になると、ごくまれに3台そろった。当時の免許制度下において、3台並んだナナハンの存在感は圧倒的crownであった。それは、現在のリッターバイク3台以上のものである。

そして午後から、一人で海waveに行ってみた(ような気がする)。奇しくも、CB1300SBが納車されたあとで向かったのも、海である(笑)。

Img_0269

ホークは殿様乗りだったので、Fの前傾はきつく感じられたが、苦ではなかった。むしろ、重い車体も遠いハンドルも、誇らしいぐらいのものである。
また、400と比べると、スピード感がまるでなかった。直接風にあたるバイクで、スピード感がないとは何ごとかsign02 と思われるかもしれないが、スピード感とは、風圧もあるが、車重、ホイールベース、気筒数、エンジンの音・振動などによっても、かなり変わってくるものらしい。

ぼんやり海を眺めていると、初めて400に乗った時のことや、試験官の顔など、いろんなことが思い出された。やっと、心に余裕ができたようだった。

Img_0301

そうして夕方になって、空をじっと眺めた。真上の紺碧から紺色に変り、最後にくなる。その色の変化を見ているのが好きだった。
今は、時間がもったいなくて、こんなことはできない(笑)。

Img_9775
写真にあるのは月

一番星も輝き、涼しい風も吹き始めた頃、頼もしく明るい(笑)ハロゲンライトflairを照らしながら、アパートに帰ったのである。

続く・・・

|

« 一本杉峠のパノラマ画像 | トップページ | 霞ケ浦暮色 »

私のバイク遍歴」カテゴリの記事

コメント

いちごさん、こんばんは。
限定解除の勲章を胸に、ナナハンに乗って浜辺へ。
日が暮れるまで海を眺める。
充実した時間ですね~(^^)v
いくつになっても、こういう時間を味わいたいものですね。
休日にこういう時間を味わうほど、社会復帰が遠のくんですよね(^^;
でも、こういう時間大好きです(笑)

投稿: まつ | 2010年2月20日 (土) 20時33分

大型免許もっている人もそういなかったんでしょうから、
3台そろっていたら、目を引いただろうな~。
私も学生の頃、海へいったなぁ~。
坂道をやっと登る中古車でしたけど。
今思うと贅沢ですよね~。
お金はないけど、時間はあるいい時代でした♪

投稿: おくさん | 2010年2月20日 (土) 20時38分

まつさん、こんばんは。

>充実した時間ですね~
はい、充実した時間でした(笑)。いくつになってもこういう時間を味わいたいです!

>社会復帰が遠のく
全く同感です。今のまつさんにとってはスノボでしょうか、私は万年ハの字のスキーですから、冬もバイクしかありません(爆)。

投稿: いちご | 2010年2月20日 (土) 21時31分

おくさん、こんばんは。

3台そろったのは、迫力ありましたよ。

海っていいですよね。全ての陸上生物は海から上がってきた、だから安らぎを感じる、なんちって(笑)。

>お金はないけど、時間はあるいい時代でした♪
そうそう、若さって特典です。今更ながらそう思います。

投稿: いちご | 2010年2月20日 (土) 21時33分

遅コメですみません。。。
これって大洗ですよね!?
どの辺でここまで乗り入れられるのでしょう?
一度行ってみたいです。

投稿: haru | 2010年2月21日 (日) 21時37分

haruさん、おばんです。
これは大竹海岸です。一般車が入る道を左に行くとコンクリートの場所があって、そこで撮ったものです。

そこに行くまでに、砂でタイヤを取られる場所がありますが(汗)。

投稿: いちご | 2010年2月21日 (日) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一本杉峠のパノラマ画像 | トップページ | 霞ケ浦暮色 »