« 小説「春の雪」 | トップページ | sRAW画像 »

2010年3月27日 (土)

私のバイク遍歴(33) 帰路

2日目は、近くの山に登り、そのあと海へ行った。顔も小さいので、モザイクなしでUPしてしまおう、って、どれが誰だかよく分からないね。

01

その日もK2氏宅にお世話になり、翌日、いよいよ帰る日がやってきた。これから、2日かけて自宅へ帰るのである。
K2氏に丁寧にお礼を言い、3台で一路東へ向かった。

初日は深夜まで走り、諏訪湖近くのSA休憩所のベンチで野宿することにした。途中、天橋立に寄ったようだが、この日かどうかは自信がない。
寒いが、朦朧として走るよりはずっとよい。タンクバッグを枕にして、固い木のベンチに仰向けになった。

しかし・・・・・・・・眠れない。
理由は耳鳴りである。一日高速を走って、風切り音を延々と聞いてきている。周りは静かなのに、頭の中ではハウリングtyphoonのような音が響いている。明け方やっと2時間寝たsleepyぐらいか。

起きてすぐ、今度はビーナスラインである。疲れているのに、若いよなぁ(笑)。

その1コマ
06

写真を見ると、美術館が見える丘から撮ったようだ。

あとは高速と一般道を併用して、ひたすら走る。前を走る2人とも、疲労が極限に達しているのが、見ていて分かる。

そしてこの後、一歩間違えたら大事故になるような悲劇dangerが、RとYを襲った。                                       

                                                              

まずはR。
高速のフリー区間を終え、首都高手前で20時頃集合した時、Rはヘルメットを脱いでいきなりこう言った。
「ぼんやり走っていたら、目の前に角材があってジャンプしたup。ブレーキかける間もなかった。斜めだったり、タイヤが16インチだったりしたら当たり角が違うので、コケていただろう。運良くパンクもしなかったが、死ぬかと思った」
それはYも私も見ていない。3人で顔を見合わせてしまったwobbly

続いてY。
その後一般道を、R・Y・私の順で走っていたが、Yは信号手前ですり抜けをして、路側帯のブロックに気づかず乗り上げ、火花impactを散らして宙を舞った。
それはあまりにひどい飛び方で、直後1mを走っていた私は、思わず目をそらした。が運良くYは左の空き地に落ちた。宙を舞ったと言っても、せいぜい50cmだろうが、私には2mぐらい垂直に飛んだように感じられた。これも、右に落ちていたらエラいことになっていたに違いないwobbly
幸い体にもバイクにも損傷はなく、しばし休憩してまた走った。とにかく走って家に着くしかない。全身筋肉痛で、クラッチを握るのもいやになり、クラッチなしでずっとシフトした。
極度の疲労困憊、もうこれ以上走れないと思った22時頃、自宅着。

玄関を開けて四つんばいになって上がると、今は亡き母親は、私の顔を見るなりこう言った。
「何だ、そんなに真っ黒く日焼けして。2週間音沙汰もなくangry
「音沙汰ないのは元気な証拠だ、気にすんなconfident
父親は笑っていた。

                                                                

こうして、学生生活最後の夏が終わった。

全行程3,000kmぐらいのツーで、4人中私だけ何もなかった(笑)が、皆、どうにか帰りついた。
このツーでは、本当に多くの人にお世話になった。重ねて感謝申し上げる。

続く・・・

|

« 小説「春の雪」 | トップページ | sRAW画像 »

私のバイク遍歴」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
長旅が終わって、無事にご帰還ですね。お疲れ様でした。
一週間ぶりに、真っ黒に日焼けした逞しい我が子を見て、お父さんは嬉しかったのではないでしょうか。
ロングツー、お疲れ様でした。
諏訪湖、ビーナスライン、今年のGWには私もその辺りを走る予定です(^^)v

投稿: まつ | 2010年3月27日 (土) 09時23分

昔、バイクで出かけるとよく母親に、
「途中で電話でもしなさい。」と、言われました。
「そんなん、でけへんわぁ」
と、言ってましたが、気持ちがわかる年代になりましたよね。

投稿: エボる | 2010年3月27日 (土) 14時26分

音沙汰なしで2週間は、女の子にはできませんね~。

でも、それが大人になていく過程みたいで、
お父さんはうれしかったかも?

いや、大人だったら、
「ちゃんと連絡しろ(母の気持ち)!」
..かなぁ?

投稿: おくさん | 2010年3月28日 (日) 10時18分

まつさん、こんにちは。
長かったですが、どうにか帰りましたよ。もう10kmも走れないというぐらいでした。

>お父さんは嬉しかったのではないでしょうか。
そうですね、今の自分ならそう感じますね。

>諏訪湖、ビーナスライン
ここはいいところです。ただビーナスは、あまりバイクを止めるところがないんです。一昨年は、頂上近くでグライダーも飛んでいました。

投稿: いちご | 2010年3月28日 (日) 12時04分

エボるさん、こんにちは。
やっぱりどこの母親も同じですねぇ。心配してるんですね。

>気持ちがわかる年代
同感です。年齢がいくにつれて、物の見方考え方が変わってきます。

投稿: いちご | 2010年3月28日 (日) 12時06分

おくさん、こんにちは。

>音沙汰なしで2週間は、女の子にはできませんね~。
普通はそうですね。私の姉は1箇月ぐらい平気で音信ありませんでしたが(笑)。

やっぱり母親と父親では、見方はかなり違うみたいです。
今我が家でもそうで、ふーふげんかのタネになってます(爆)。

投稿: いちご | 2010年3月28日 (日) 12時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小説「春の雪」 | トップページ | sRAW画像 »