« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月30日 (火)

アルコールランプ

5年ぐらい前、諏訪湖畔のガラス美術館ショップで買ったものです。

プロジェクターで映画見るときなど、ほんのり明かりflairが欲しいときに重宝しています。

Img_01792_2

続きを読む "アルコールランプ"

| | コメント (8)

月は、ラテン語で「Lunar」。形容詞に転じて、「Lunatic」は、『狂気の』という意味になるそうです。月は、人を狂気に誘うと思われた文化もあるということか。
なるほど、狼男はそうかもしれません。同じ月明かりを見て、それから狂気を感じるか、『わびさび』を感じるか、文化によって違うのは面白いところです。

今日(正確には昨日)の月例は13で、満月ではないようですが、とても明るいです。

Img_01653
EOS 50D 18-200ミリ、ISO500、手持ち RAW現像 ただしトリミング

続きを読む "月"

| | コメント (8)

2010年3月28日 (日)

sRAW画像

50Dには、sRAW画像(small RAW)モードが2つあります。今日はそのうち、sRAW1で撮ってみました。
被写体は、散り始めたさくらんぼの花です(たぶん)。

Img_01392

続きを読む "sRAW画像"

| | コメント (8)

2010年3月27日 (土)

私のバイク遍歴(33) 帰路

2日目は、近くの山に登り、そのあと海へ行った。顔も小さいので、モザイクなしでUPしてしまおう、って、どれが誰だかよく分からないね。

01

その日もK2氏宅にお世話になり、翌日、いよいよ帰る日がやってきた。これから、2日かけて自宅へ帰るのである。
K2氏に丁寧にお礼を言い、3台で一路東へ向かった。

続きを読む "私のバイク遍歴(33) 帰路"

| | コメント (6)

2010年3月26日 (金)

小説「春の雪」

 この日、大和平野には、黄ばんだ芒野に風花が舞っていた。春の雪というにはあまりに淡くて、羽虫が飛ぶような降りざまであったが、空が曇っているあいだは空の色に紛れ、かすかに弱日が射すと、却ってそれがちらつく粉雪であることがわかった。寒気は、まともに雪の降る日よりもはるかに厳しかった。
 清顕は枕に頭を委ねたまま、聡子に示すことのできる自分の至上の誠について考えていた。

Dscf4208

続きを読む "小説「春の雪」"

|

2010年3月23日 (火)

那須高原は雪だった

日曜日のことですが、家族サービスとばかり、HONDA FIT 1300cccarに4人乗り、那須方面に出かけました。
行きは、ETC1,000円でなければあり得ないような経路で、常磐道~磐越道~東北路と、日本の東側を「コ」の字のごとく走っていきました。
なお、50Dは大きくて重いので、今日の写真は全てコンデジF50fd撮影です(笑)。

まずは、某牧場へ。
いろんなWebサイトを見ているせいか、オヤジは、妙に看板が気になりました(笑)。

Dscf4193

斜めにした雨樋があって、人間が落としたエサがそれ伝いに落ちていくdownwardrightのですが、長年の使用で樋のあちこちがかじられていました。人間は家族連れではしゃぎながらエサを与え、馬は柵のむこうで頭を傾け、必死にエサと樋にかじりつきます。
その姿に悲哀を感じて、見ていられませんでした。 もっと食べやすいレイアウトはいかが?

続きを読む "那須高原は雪だった"

| | コメント (18)

2010年3月21日 (日)

きのこ山の夕陽

前の記事の続きです。
きのこ山に着いたのは、16時半頃でした。

Img_0077

まだ明るいので、日没まで、山上でよもやま話をしましょうhappy01。男2人、話題が合ってしまいます。

続きを読む "きのこ山の夕陽"

| | コメント (12)

2010年3月20日 (土)

茨城空港

昨日会ったshingoさんでしたが、今日も午後に時間が取れたので、ご一緒しました(笑)。こりゃ、蜜月heart01ですかね、いやいや、そんなことは断じてありませんgawk。2人とも、午前中仕事を終えてからの合流です。
待ち合わせは、道の駅たまつくり。それから、茨城空港に向かいました。

早速、望遠レンズを試してみましょう。

広角側
Img_0052

写真の左がぼんやりしていますが、これ、自衛隊側を見ようとするとすりガラス状になってしまい、見えないのです。国防上の処置であれば、仕方ないことなのでしょう。

続きを読む "茨城空港"

| | コメント (8)

高貴な密会

今日(正確には金曜日)は、久々にshingoさんとディナーrestaurantしました。
場所は、私の自宅から1kmぐらいのところなので、ママチャリbicycleで出撃です。そして帰りは心配ないとばかり、1人でビールbeerと冷酒bottleをいただきました(shingoさん、すみません)。

Dvc00058

向こうに見えるのはshingoさん(これは50Dぢゃありませんよ、携帯の撮影モードがマクロになっていた画像ですhappy02)。

続きを読む "高貴な密会"

| | コメント (4)

2010年3月18日 (木)

EOS 50D

昨年夏、EOS KISSを不注意で落としてしまい、18-55のレンズが、即ではなく徐々に逝ってしまいました。本体が無事だったのは幸いでしたが。
それから単焦点1本で撮ってきましたが・・・ちと不便。レンズだけ買うのも割高。

そこで、50Dcameraを買いました。

50d

え? バイコレのためsign02

いやいや、バイコレがあるから買ったのではありません。決して。絶対にそんなことはありませんsign03 (否定するほど怪しくなるgawk)。
もともと、3月中旬になったら買おうと決めていたわけでありまして、バイコレとは無関係ですhappy01

続きを読む "EOS 50D"

| | コメント (12)

2010年3月15日 (月)

古刹~長楽寺

日曜日は、3週間ぶりにSBに乗りました。

今日は、「和とバイク」をテーマに。
ここは、大河ドラマ「武蔵」、TVドラマ「仮面ライダー響鬼」、北野監督の映画「座頭一」のロケ地として使われたという、長楽寺
山あいの集落の、静かな場所にあります。

Img_0016

続きを読む "古刹~長楽寺"

| | コメント (8)

2010年3月14日 (日)

BIKE PHOTO COLLECTION SPECIAL 参加者募集

2009/10/4、GAZZYさん幹事により幕を閉じた「バイコレ」こと「BIKE PHOTO COLLECTION」ですが、先日そのメンバーとふとしたきっかけで

「そう言えば、アレ、撮りたいね」

「そうそう、アレとバイク撮りたいね」

と盛り上がったのでした。そう言われてみれば確かに、過去のバイコレでは、アレをテーマとした写真はありませんでした。
そこでこのたび、それをテーマに、shineスペシャル編shineとして行うことといたしました。

そのお題とは、これです。

続きを読む "BIKE PHOTO COLLECTION SPECIAL 参加者募集"

| | コメント (31)

2010年3月12日 (金)

私のバイク遍歴(32) 鳥取へ

気のあった仲間とのツーというのは、いいものである。目的を共有し、360度開いた空間を自由に移動してゆく。風dashを肌で感じ、その土地の空気や季節感を五感で受け止める。
この日は、琵琶湖、天の橋立、姫路城を経由して若狭湾で1泊することになっていた。ただし記憶があやふやなため、順不同である(笑)。

たぶん、これは琵琶湖畔
0008
左から、Y、私

続きを読む "私のバイク遍歴(32) 鳥取へ"

| | コメント (12)

2010年3月10日 (水)

私のバイク遍歴(31) 198X年の鈴鹿8耐-後篇

7月下旬といえど、夜の談合坂SAは寒いgawk。震えながら、最初は皆しゃべっていたが、やがて疲れて黙ってしまった。眠ろうとしても寒くて眠れず、歩いたり、座ったり、丸くなってみたりしながら(ユーミンの『埠頭を渡る風』のようだ)、長い長い時間を過ごした。

そうして寄る辺もなく深夜のSAにいると、色々な人たちが来ることに気づく。眠そうなお父さん、疲れてる営業マン、派手kissmarkな女、長距離運転手。車から降りるや否や、子供の手を引いてトイレに駆け込むお母さんもいる。様々な目的をもった人が、様々な人生の途上で、このSAに止まったところですれ違う。人生が一瞬交差する。たぶんもう、二度と会わない人たち。

バイクもソロ、グループと何台も来て、やがて去って行った。大きな荷物を積んでいれば、(鈴鹿へ行くのかな)と勝手に想像したり。

結局、下の写真にあるように、レースには間に合ったのである。しかし、ほとんど眠らずに行ったのだった。

Corner
第1,2,3コーナーを抜けてS字に行くあたり

続きを読む "私のバイク遍歴(31) 198X年の鈴鹿8耐-後篇"

| | コメント (10)

2010年3月 7日 (日)

私のバイク遍歴(30) 198X年の鈴鹿8耐-前篇

198X年7月○日午後、Yと私は一路、Rのアパートに向かって走っていた。
S氏のお招きにあずかり、鈴鹿サーキットで行われる8時間耐久オートバイレースに行くのである。

Rのアパート前 左から、私、R
0007

Rと合流して、また走り出した。
待ち合わせは、確か、中央道の談合坂SAに20時。

続きを読む "私のバイク遍歴(30) 198X年の鈴鹿8耐-前篇"

| | コメント (8)

2010年3月 5日 (金)

私のバイク遍歴(29) CBX1000試乗

Kは約束の日時に、約束した場所にバイクで現れた。
手紙mailどおり2人乗りで来たが、何のことはない、後ろは男である(笑)。今と違って高速道路の2人乗りはできないから、延々と一般道を走ってきたわけだ(ご苦労さま)。

Kが乗ってきたバイクは、レンタルバイクのCBX1000だった。下の写真より後期の、フルカウルをつけてツアラーに転身したCBXである。

Img_8746

早速、広いところで試乗させてもらった。
またがって下を見る。Fによく似た意匠のメーター、セパレートのアップハンドル、Fより大きいタンク。やはり、ナナハンとリッタークラスの車格は、ちょっと違う。1回り大きい。
しかしこのバイクで何より特徴的なのは、否、このバイクの全ては、DOHC6気筒、24バルブ、6連キャブのエンジンだろう。前から見ると衝立、またがって上から見ても、やはり衝立だった。

続きを読む "私のバイク遍歴(29) CBX1000試乗"

| | コメント (8)

2010年3月 2日 (火)

私のバイク遍歴(28) ナナハンにも慣れた

最初『凄い』と思ったナナハンのパワーだが、やがて慣れてしまった。そればかりか、パワー不足を感じたこともあった。

そんなある日、ナナハンキラーthunderと言われたRZ350に乗る機会があった。乗ったのは、下の写真に近い、とある直線道路である。

Pict_021
写真は2007年に撮ったもの

続きを読む "私のバイク遍歴(28) ナナハンにも慣れた"

| | コメント (6)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »