« BIKE PHOTO COLLECTION -SPECIAL2- 参加者募集! | トップページ | CB1100試乗記 »

2010年5月12日 (水)

小説「天人五衰」の海

 沖の霞が遠い船の姿を幽玄に見せる。それでも沖はきのうよりも澄み、伊豆半島の山々の稜線も辿られる。五月の海はなめらかである。日は強く、雲はかすか、空は青い。

Img_07024_2

 きわめて低い波も、岸辺では砕ける。砕ける寸前のあの鶯いろの波の腹の色には、あらゆる海藻が持っているいやらしさに似たいやらしさがある。

Img_06985

 乳海攪拌のインド神話を、毎日毎日、ごく日常的にくりかえしている海の攪拌作用。たぶん世界はじっとさせておいてはいけないのだろう。じっとしていることには、自然の悪をよびさます何かがあるのだろう。
 五月の海のふくらみは、しかしたえずいらいらと光の点描を移しており、繊細な突起に充たされている。

Img_06994

(中略)

 午後三時十分。今どこにも船影がない。
 不思議なことだ。これだけ広大な空間が、ただほったらかしにされているのだ。

                                       文:三島由紀夫

Img_06894

Img_07272

小説では伊豆半島の海ですが、写真は茨城の海です。

関連記事
  小説「春の雪」
  三島由紀夫文学館

|

« BIKE PHOTO COLLECTION -SPECIAL2- 参加者募集! | トップページ | CB1100試乗記 »

「三島由紀夫」考」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事