« Rider's voice 投稿 | トップページ | 男子厨房に立つ »

2010年10月29日 (金)

私のバイク遍歴(48) CB1300SB試乗-1

2006年12月の日曜日、私はミニバンを運転してC店へ向かった。いでたちは、ユニク○製の黄色い薄手のジャンパー。でも、気分はすっかりライダーである(笑)。
あらかじめ電話で、ヘルメットや手袋があることは確認してある。共用だが、ないものは仕方がないので、借りることにした。靴は、通勤に履いている只の靴である。

C店到着。道路から左折して、右にCB1300SBが止まっているのを確認。

003
写真は、納車直前の我がSB

何故か、A店やB店に行った時より緊張している。ここでも、外で首を伸ばして、一通り眺めてから店内に入る。
と、応対に出てきたのは、かわいらしいheart01女性スタッフだった。

試乗したい旨伝え、申込書を書くと、試乗の注意点を説明された。試乗コースだけは2回聞いて確認したが、あとは返事をするだけで、話しなぞ聞いていない。
(説明なんかいいから、早く乗せろhappy02)と、心では地団駄を踏んでいる(笑)。

「では、お気をつけて」

そう言われて、キーkeyを預かって店の外に出た。
目の前にCB1300SBがある。初めて見たSBの実車。当たり前だが、写真と同じ。
まずはカウルとタンクに目が行く。
タンクは、1980年代のスーパーマシン、CB1100Rによく似た形状。
エッジの効いたカウルは、一瞬Ninjaを彷彿とさせる。しかし、だからと言って、オリジナリティがないというのではない。十分にHONDAマシンのフラッグシップとしての威厳がある。

それに、試乗に来たのではあるが、ほとんどの購入者は、乗る前から購入を決めているだろう(「全てのバイクは試乗してから買った」と前に書いたことと矛盾するが)。
一般道を5,6km走って分かることは限られている。この時代、欲しいバイクでも車でも、そのスペックやインプレは、雑誌やWebで可能な限り調べてある。

それより、大事な目的は、タンクの塗装の輝きshineはどうかとか、カムカバーのめっきは綺麗かとか、リアフェンダーとタイヤのセンターが合っているかとか、つまり細部の品質に問題がないかどうかを自分の目で見ること。
それから、実際に眺めて乗ってみて、そのバイクが感性に合うかどうかを見ることであろう。

かっこよく言えば、今後の人生のある一定期間、そのバイクを迎え入れ、共に過ごすに値する存在であるか、大事にできるかどうかを見極めること、その最終確認である(結婚相手のようなものかsmile)。

2008_09280012
写真はきのこ山

理屈を書いてしまったが、次に、ぐるりと一回りしてみる。
さすがにナナハンより一回りデカい。このボリュームは、バイクを見慣れない人には振り返るほどのものだが、ホイールベースがCB750Fと全く同寸法であることは、既に調べてある。恐れることはない。

ヘルメットと手袋をしてまたがる。ハンドルが遠いが、足つきよし、ミラー位置よし。シリンダーはタンクに隠れて見えない。

2009
写真は北関東道の側道                                                               

次いで車体を垂直に引き起こす。この重さは、これからビッグバイクを駆るという自覚と緊張をもたらす。

次いで、サイドスタンドを跳ね上げると、おやsign02、CB750Fにはついていた先端ラバーがない。HONDAのバイクは退化したのかsign02 -あとで、進化していることに気づくことになる-

Img_0741

この先端ラバーとは、サイドスタンドの先端についていた黒いゴム板のことで、幅と厚みはスタンドと同じ、長さは4cmぐらいである。万が一サイドスタンドを出したまま走り出しても、スタンドの接地前にラバーが接地してスタンドを跳ね上げ、ライダーを転倒から救うという優れものだった。

右手右足でブレーキをかけながら、左手でメインスイッチオン、限定解除試験のようなのがおかしい。2つの針がぐるりと右まで回って帰ってきた。
スピードメータが、180km/hでなく260km/hまであるのも、気に入った。こういう些細な箇所が気に入るかどうかも、買うか買わないかの分かれ目である。

セルスイッチオン、「ボンbomb」と音がしてエンジンが回りだした。空ぶかしをすると、1300ccのマスが回っているという感じがする。記憶の中の750ccとは、明らかに違う。
排気音は小さいが、想像していたほどではない。低くて、いい音とも思えるぐらい。

ギアを入れ、後方確認をして、クラッチを繋いだ。重い車体が動き出した・・・。

続く・・・(長くなってしまったので、2回に分けます)  → 詳細なインプレはこちら

|

« Rider's voice 投稿 | トップページ | 男子厨房に立つ »

私のバイク遍歴」カテゴリの記事

コメント

いちごさん、こんばんは。

試乗のときの感覚をここまで詳細に表現できるなんてすごいです!
私なんか舞い上がって、何考えていたかほとんど覚えてません(笑)
そもそも買う事を前提で乗ってましたし(^-^;
続きが気になります~(^^)

投稿: renon | 2010年10月29日 (金) 02時30分

いちごさん おはようございます。

確かに、車体を垂直に引き起こす時の重さが、
ビッグバイクを駆るという自覚と緊張をもたらすとともに、
私は大きな不安をも感じたものですが、走り出したらすっかり忘れてました。
大阪市内だったので、ろくに走れなかったですけどね(悲

同じ店で試乗したCBR1000RRは、一瞬で「無理っ」って思いました。(笑

投稿: エボる | 2010年10月29日 (金) 06時03分

いちごさん おはようございます。

4年前の出来事をここまで描写出来るのは凄いことだと思います、それだけCB1300の試乗は衝撃的であり、嬉しいことだったのだと思います
私はいきなり納車でしたが、教習所でCB750に乗っただけであり正直不安でいっぱいでしたね!
でも走りだしたら不安も消え、メットの中は喜びでいっぱいでしたよ(・∀・)ニヤニヤ
次回は…楽しみにしています(0゜・∀・)ワクワク

投稿: katsu | 2010年10月29日 (金) 09時53分

いちごさん、こんにちは。
私がCBを選んだときは、試乗しませんでした(^^;
正確に言うと、試乗して壊すのが怖かったんです(笑)
なにせ、リターンとは名ばかりで経験がとても少ない素人同然ライダーだったものですから。
跨って、立てて、足つきなどを見て、エンジンを掛けてみる。
この程度でした。
それでも、「CBは良い!」って思っちゃいましたけど。
お恥ずかしい。

投稿: まつ | 2010年10月29日 (金) 12時57分

 初めてのバイクは、フルカウルへの憧れで購入。逆車だったので試乗車が無く、納車当日に「どえりゃもん、こうてまったんやないかい・・??」と思いました。2台目に買い換える時にはさすがに試乗しましたが、同じカテゴリーでしたし乗る前から買う気でした。
 で、3台目の今回はというと・・・カテゴリーも違うのに試乗もせずに購入・・・あれ?学習してないよ・・・ とりあえず重いです・・・

 次はいよいよ契約の記事でしょうか?たのしみにしています。

投稿: 剣片喰 | 2010年10月29日 (金) 19時10分

こんばんは。
当時の雰囲気が浮かんできますね。
さて、久々に走りだした感覚はどうだったのでしょう?次回が楽しみです。
ちなみに自分が約15年ぶりにバイクに乗車したのは、今のバイクの納車の時だったのですが、感想は・・・「意外に体が覚えているものなんだなぁ。違和感全然ないや」でした。

投稿: やんべ | 2010年10月29日 (金) 23時54分

こんばんは。
私は、今のが3台目ですが試乗は一度もしてないですね。
ま、CBは教習所で散々試乗しましたけど(^^;)

きっと、試乗のあとの一服はおいしかったでしょうね~♪
(o ̄∇ ̄o)y-~~ ウ、ウマイ・・・

投稿: おくさん | 2010年10月30日 (土) 22時00分

renonさん、こんにちは。

>試乗のときの感覚をここまで詳細に表現できるなんてすごいです!
ありがとうございます。かなり怪しい記憶ですが。
行ったときには、すっかり買うつもりでいますよね。
続きも読んで下さいませ。

投稿: いちご | 2010年10月31日 (日) 12時14分

エボるさん、こんにちは。
車体を引き起こす時の重さは、さあこれからだという気になりますね。

>大阪市内だったので、ろくに走れなかったですけどね
都会はそうですね。私なぞ、このあと全開を試みました(笑)。

>CBR1000RRは、一瞬で「無理っ」
私は、乗る前から諦めていましたので、試乗すらしていません(爆)。

投稿: いちご | 2010年10月31日 (日) 12時16分

katsuさん、こんにちは。

>4年前の出来事をここまで描写出来るのは凄いことだと思います、
ありがとうございます。創作が入っているところもあります。

>でも走りだしたら不安も消え、メットの中は喜びでいっぱい
そうですね。私はヘルメットの中で一人笑っていました。
次回もお読み下さいませ。

投稿: いちご | 2010年10月31日 (日) 12時18分

まつさん、こんにちは。

まつさんは試乗されなかったのですか。もっとも、試乗して分かることはたいしたことありませんね。
>試乗して壊すのが怖かったんです(笑)
このC店では、試乗車を立ちゴケさせた方がいるそうです。大丈夫なのでは(笑)?

足つきを見るのは重要ですね。でもまつさんの体型なら、ほとんどの国産車は大丈夫でしょう。
BMWは試乗されたのでしょうか。冷やかしというか試しというか、一度試乗してみたいです。

投稿: いちご | 2010年10月31日 (日) 12時23分

剣片喰さん、こんにちは。

>フルカウルへの憧れで購入。
私も、一度ふるかうるに乗ってみたくて、Gpz750Rを買いました。完全フルカウルではないですが。

>「どえりゃもん、こうてまったんやないかい・・??」と思いました。
それでも乗ったのですから、素晴らしい。
>2台目・・・乗る前から買う気でした。
やはり、試乗する前から買う気満々ですよね。

>3台目の今回はというと・・・カテゴリーも違うのに試乗もせずに購入
これは重そうですね。確かSBより重いのでは? しかも倒したら大変そうだし。お互い気をつけて乗りましょう。

投稿: いちご | 2010年10月31日 (日) 12時27分

やんべさん、こんにちは。

>久々に走りだした感覚はどうだったのでしょう?次回が楽しみです。
次回に書いています。お読み下さいませ。

>「意外に体が覚えているものなんだなぁ。違和感全然ないや」でした。
それも真実だと思います。20年前に走っていた近所のコーナーでは、今でも同じタイミング、同じ場所でシフトダウン/アップをしています。

投稿: いちご | 2010年10月31日 (日) 12時29分

おくさん、こんにちは。

>今のが3台目ですが試乗は一度もしてないですね。
>ま、CBは教習所で散々試乗しましたけど(^^;)
今の3台目=CB750=教習車 ですよね。

>きっと、試乗のあとの一服はおいしかったでしょうね~♪
はい、とっても美味でした。
さて最近は・・・・・・・・秘密です(爆)。おにぎりでいいですからね(核爆)。

投稿: いちご | 2010年10月31日 (日) 12時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Rider's voice 投稿 | トップページ | 男子厨房に立つ »