« きのこ山に来る人々 | トップページ | アノ写真を検証する »

2010年11月26日 (金)

あれから40年

もう日付は変わってしまったけれど、昨日は11月25日。
40年前のその日は、昭和45年11月25日。作家三島由紀夫が自決した日です。

その日何が起きたか-物心ついた頃、という齢でもないのに-子供だった私は、全く知りませんでした。

三島由紀夫文学館(2009年8月撮影)
Img_1721

当日まいた「檄文」から抜粋

われわれは戦後の日本が、経済的繁栄にうつつを抜かし、国の大本を忘れ、
国民精神を失い、本を正さずして末に走り、その場しのぎと偽善に陥り、自ら
魂の空白状態へ落ち込んでゆくのを見た。政治は矛盾の糊塗、自己の保身、
権力欲、偽善にのみ捧げられ、国家百年の大計は外国に委ね、敗戦の汚辱
は払拭されずにただごまかされ、日本人自ら日本の歴史と伝統を涜してゆく
のを、歯噛みをしながら見ていなければならなかった。

三島がもし存命なら、現在85才ですが、昨今の政治情勢を見てどんなことを言うでしょうか。
そう思う方は多いようです。正鵠を得たsagittarius言葉を発し、そして豪快に笑うのではないか、と思います。

文学館中庭にあるアポロ像
Img_1735

死後40年経っても、存在感の大きい作家です。

|

« きのこ山に来る人々 | トップページ | アノ写真を検証する »

「三島由紀夫」考」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事