« 男子厨房に立つ | トップページ | 白きBIG-1登場 »

2010年11月 1日 (月)

私のバイク遍歴(49) CB1300SB試乗-2

最初の難関、店から出る左折箇所には段差があった。今では何でもないが、13年ぶり、しかも借り物となれば慎重になる。
が、難なくクリア。さしずめ波状路か(笑)。

ウインカーを戻して直進・・・。

私は、嬉しくて笑っていたと思う。いかにもビッグバイクに乗っていると感じるこの感覚と眺めは、全身の細胞を恍惚heart04とさせ、1m走るごとに20代に戻っていくような気がした。

Img_4753

カウルマウントのミラーは遠いが、Ninjaよりは見やすい。
3000回転も回せば十分走れる。パワー云々より、自動車のエンジンのようにトルクが太くてフラット、スムーズかつ静か。これでは優等生すぎてつまらないのでは?と一瞬思う。
最初の信号で、これだけトルクがあるなら、アイドリング発進も苦労せずできるだろうと思い、試してみる。
あら、ラフにクラッチを繋いだのに、難なくできてしまった。

軽くスラロームをしてみる。自分の思うままに動く。乗りやすい。一本橋の真似事もしてみる。

急制動、明らかに20年前のブレーキとは違う。

空ぶかし、レスポンスよし。

次に、赤信号で先頭に出た。前方が空いたので、発進で無謀にも全開を試みる。
3000回転ぐらいでクラッチミート。 アクセルをワイドオープンsign03

が途端に、優等生が暴れ馬に豹変する。フロントを上げんとするばかりの暴力的な加速。恐怖を感じ、慌てて2速へ入れてフルブレーキ。
この時たぶん、7000回転ぐらい。HAYABUSAなどと比べたら大した加速ではないのだろうが、ナナハンとは別世界である。

Img_1772

そして、そのスピードのまま、後方確認のために後ろを振り返ったとき、頭が一瞬後方に持っていかれ、次に突然軽くなった。

何が起きたのかはすぐ分かった。借り物のジェットヘルシールドが3桁の風圧dashで飛んでしまったのだ。 ミラーで、シールドが転がって2車線の道路真ん中で止まるのが見えた。
慌てて、でもそろそろと足をついてUターン。路肩に停め、エンジンを止めて急いで拾いに行く。

車に踏まれなくてよかった(笑)。割れてもいなかった。                                                     
胸のチャックを開けて急いでシールドをしまいこみ(笑)、CBに戻って、走ろうとギアを入れたら・・・・・エンジンストップ

再度エンジンをかけて、ギアを入れたら・・・・・・またストップ

あれtyphoon?  何かおかしいsweat01
キルスイッチOK 。第一、エンジンはかかるのだ。
回転不足か? アイドリング発進ができるのに?

                                                               

sign02sign02 混乱してしばし考える。

                                                             

                                                             

あっflairサイドスタンドが出ている。
出ていると、ギアを入れた時にエンジンが止まるのか。思えば、試乗に出る前に店員がそんなことを言っていた(爆)。20年前の先端ラバーより、はるかに進化していたわけだ。妙なことに感心しながら、3度目で発進。

試乗は近くを5,6km、一般道の直線を進み、左折を4回したら店に戻ってくる。戻らずに、このままどこかへ乗っていってしまいたかったが、そうもいくまい。この試乗で、心の底に眠っていた何かがパチンimpactと音を出してはじけてしまった・・・。

                                                               

楽しかったhappy01。こんなに心底楽しいと思ったのは、何年ぶりだろう。寒さにもかかわらず心は昂ぶりheart04、13年ぶりに風の中を駆け抜けて、私は若くなった。

Img_0721

C店に戻り、再び入口の段差を慎重に越え、SBを止めた。シールドを胸から出し、何食わぬ顔してヘルメットに取り付け(爆)、手袋と共に所定の位置に戻した。

座ってすぐ、女性スタッフに「どうぞ、こちらへ」と案内された。カウンターに、既に私の席は用意されているようだった。

「どうでした?」
「振動がすごいんですね」

これが私の第一声だった。何故か、「いいですね」とは違う言葉が出た。
記憶の中のCB750Fの振動は、これほどではなかった。加速していくと、振動もスピード感もないまま、風切り音だけが大きくなるバイクだったが、1300ccあれば、ボアもストロークも1回ごとの爆発エネルギーも大きくなるのだから、振動は仕方ないだろう。

                                                              

それから、試乗用紙の感想欄を記入したが、感想を書くより言いたいことがあった。
若くなった私に、恐れるものは何もない。その紙をスタッフに渡しながら、躊躇せずにこう言った。
「赤白のABSモデル、1台契約します」

かみさんへの報告は、あと回しだ(爆)。

続く・・・

|

« 男子厨房に立つ | トップページ | 白きBIG-1登場 »

私のバイク遍歴」カテゴリの記事

コメント

いちごさん こんばんは

何食わぬ顔でヘルメットを返し、奥さんには事後報告で済ませる。

“漢”ですねぇ~~~good

バイクも一目見て、合う 合わない みたいな感じがありますよね!
そして、若い感覚が蘇るのも頷けます

投稿: エボる | 2010年11月 1日 (月) 23時15分

いいですね~
一編の小説を読んでいるようです。
私は20数年、ほぼ区切りなくバイクに乗ってますが、それでも新しい相棒に跨るときはワクワクします。
そして、走り出して、ニンマリ・・・
ブランクがあれば、尚更なんでしょうね。

投稿: Papa | 2010年11月 2日 (火) 08時47分

いちごさん おはようございます。

読んでると自分の納車の時とオーバーラップしますよ!
2輪車を操る楽しみ、暴力的な加速、そして廻りの目!!
どれをとっても、新鮮で楽しさこの上ないですよね!(^^)!
私の場合、嫁と一緒に取りにいったのですが、後ろを走る嫁の目が一番気になりましたよ・・・(笑)
いつまでもこの新鮮さを忘れずにバイクライフを楽しみたいものです!!

投稿: katsu | 2010年11月 2日 (火) 10時14分

こんにちは。
躊躇せずに言った一言、試乗する前から「気に入ったら即買いだ」って決めてたんですよね。
奥さんには後回しというところに、男気を感じます(^^;
ところで私がST買ったときは、2年がかりで2度の試乗で決めました(笑)
決め手はマフラーをスリップオンに変えたSTがノーマルに比べて格段に乗りやすかったことでした(^^)v

投稿: まつ | 2010年11月 2日 (火) 12時29分

こんばんは。
シールドが吹き飛んだというオチにちょっと驚きました。流石ブロガー、ネタを忘れませんね!(って、このころはまだブログされてないと思いますが。。。爆)
しかし、即買いですね(驚)。 事後報告というところが流石に一家の主の威厳・・・ですよね?(笑)

投稿: やんべ | 2010年11月 2日 (火) 19時05分

こんばんは。
我々の年代(?)って何かの節目があるんでしょうか?
何か、先も見えてきて残りの人生の元気なうちにもう一度バイク!!
爺様チックな表現ですが何かそんなような気がします。

投稿: shingo | 2010年11月 2日 (火) 19時40分

こんばんは。
ヘルメットが転がったところは、ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ
エンジンストップでは、~(°°;)))オロオロ(((;°°)~
「赤白のABSモデル、1台契約します」では、(v^ー゜)ヤッタ!!
でした♪

いやあ~、今回は心拍数あがりましたよ!

投稿: おくさん | 2010年11月 2日 (火) 20時30分

こんばんは。

1300はやはり別物なんですね!乗ってみたいと言うより
恐怖を覚えます(笑)

聞く人、聞く人ものすごいバイクだと...!
でも乗った人は皆契約してるのもまた真実!!

しかし、私には無理かな~~!(笑)
1300同盟!大型二輪免許取っただけでは
易々とお仲間に入れないんだと今気付き期ました(爆)

投稿: グランCB | 2010年11月 2日 (火) 21時58分

 やはり、いきなりドカンといってしまうのが凄いのではないかと・・・

 即断即決・・これも凄い。

投稿: 剣片喰 | 2010年11月 3日 (水) 17時39分

いちごさん、こんばんは。

乗ったその日に契約ってカッコいいですね♪
私なんか欲しいと思ったらしば~らく放置して
しばし考える時間を与えて強制的に熱を冷まします(笑)
それでも欲しい場合は奥様に申請します(爆)

投稿: renon | 2010年11月 3日 (水) 21時06分

エボるさん、おばんです。

>何食わぬ顔でヘルメットを返し
すみません、傷もほとんどつかなかったので(冷汗)。

>奥さんには事後報告で済ませる。
イキオイってやつですかね(爆)。

>バイクも一目見て、合う 合わない みたいな感じがありますよね!
もう一つありますね。○もそうだと思います、ビビビとくるかどうか(ここには性別を表す漢字が入ります、爆)。

投稿: いちご | 2010年11月 3日 (水) 23時17分

Papaさん、おばんです。
>一編の小説を読んでいるようです。
ありがとうございます。が、あと5回ぐらいで終了です。

>20数年、ほぼ区切りなくバイクに乗ってますが、それでも新しい相棒に跨るときはワクワクします。
おお! 実バイク歴は私よりはるかに長いですね。私はまだ実質10年ちょっとですから(笑)。
ブランクがあったとの実走行は、感動ものですよ。

投稿: いちご | 2010年11月 3日 (水) 23時19分

katsuさん、おばんです。

>読んでると自分の納車の時とオーバーラップしますよ!
私の納車シーンはこのあと出てきます。この日のこともよく覚えていますよ。

>操る楽しみ、暴力的な加速、そして廻りの目!!
四輪では、スーパーカー級でないと味わえませんね、きっと。そういう意味でも、素敵な乗り物です。

>嫁と一緒に取りにいったのですが
これもこのあと出てきますが、納車日には電車バスを乗り継いで行きました。この時間も新鮮でした。

投稿: いちご | 2010年11月 3日 (水) 23時19分

まつさん、おばんです。
>試乗する前から「気に入ったら即買いだ」って決めてたんですよね。
はい、その通りです。もうほとんど決めていますよね。試乗は最終確認というか、ダメ押しというか。

>奥さんには後回しというところに、男気を感じます(^^;
はい、イキオイです(笑)。

>2年がかりで2度の試乗で決めました(笑)
今のSTがそうなのですか、へえ。マフラーだけでそれほど変わるとは驚きです。
最近BMWに乗り換える方が増えてきて、私も気になってます(なるだけです)。

投稿: いちご | 2010年11月 3日 (水) 23時20分

やんべさん、おばんです。
>流石ブロガー、ネタを忘れませんね!(って、このころはまだブログされてないと思いますが
はい、ブログしてませんでした。しかもこのネタは、ブログ初公開です(笑)。意外なところで役に立ちました。

>事後報告というところが流石に一家の主の威厳
いえ、実態は威厳のない主夫なんです(爆)。実は、事後報告でもよい理由がありまして・・(詳しくは書けませんが)。

投稿: いちご | 2010年11月 3日 (水) 23時20分

shingoさん、おばんです。
>何かの節目があるんでしょうか?
40過ぎると、何かしたいと思う方が多いようですね。
悲しいけど、「先も見えてきて」というのもあるのでしょう。

>爺様チックな表現ですが何かそんなような気がします。
そんな、shingoさんらしくありませんよ。この前言っていたように、○○でも作ったらいかがですか(爆)?
(ここには漢字2文字が入ります)
そして、高貴な話を聞かせて下さいね。

投稿: いちご | 2010年11月 3日 (水) 23時21分

おくさん、こんばんは。
シールドが飛んだ時は、焦りました。割れたらきちんと申告しましたよ。
エンジンストップも、焦りました。一瞬、このまま帰れなかったらどうしようと思いつつ・・・。
契約は、勢いでしてしまいました。、(v^ー゜)

>いやあ~、今回は心拍数あがりましたよ!
そうですか、私もおくさんのおにぎり食べるのを想像して、心拍数上げてます(爆)。

投稿: いちご | 2010年11月 3日 (水) 23時22分

グランCBさん、おばんです。
1300は、確かに400とは別物です。
しかし大型取った方には、何てことありません。絶対大丈夫です。恐れることはありません。


>ものすごいバイクだと...!
400よりは凄いですが、HAYABUSA、V-MAX・・・超弩級のバイクはもっとありますし、大丈夫です、印鑑持ってバイク屋行けば、必ず乗れます。怖くありません(爆)。

投稿: いちご | 2010年11月 3日 (水) 23時22分

剣片喰さん、おばんです。

>いきなりドカン
こういう勢いがないと、なかなかリターンできません(笑)。

即断即決も、勢い・・・以外の言葉が見当たりません(爆)。

投稿: いちご | 2010年11月 3日 (水) 23時24分

renonさん、おばんです。

>乗ったその日に契約ってカッコいいですね♪
ありがとうございます。しかし、この遍歴シリーズは一部脚色をしています。前のブログ読み返したら・・・ちょっと違ってました(爆)。

>しば~らく放置して
本当はそれがいいんですよね。

>それでも欲しい場合は奥様に申請します(爆)
私は事後報告でしたが、呆れてましたよ(核爆)。今はさらに呆れてるみたいです。

投稿: いちご | 2010年11月 3日 (水) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 男子厨房に立つ | トップページ | 白きBIG-1登場 »