« 数値の真実 | トップページ | 歴史に残る日 »

2011年3月19日 (土)

名もなき英雄

今さら私が書くまでもないことだが、今回の原発事故では、自ら志願して、あるいは危険を顧みずに最前線で復旧作業に当たる方々がいる。
彼らの手によって、放射能が満ちた現場では、事故がこれ以上広がらないように懸命の作業が続けられている。

そんな父親を持った娘が、昨日テレビにFAXだかメールだかを送っていた。それを放送していたのをearにはさんだので、その内容を紹介しておこう。
「普段は頼りない父親が・・・」というのがwebページにたくさん出てくるが、私が聞いたのは、それとはちょっと違っていた。

それは、こんな内容だった。

Kurobe
写真は黒部ダムの慰霊碑

私の父は、今、福島第一原発の事故現場で、最前線で復旧作業にあたっています。
事故が起きてからは帰ってきていません。
復旧作業にあたっては、上司から、「もう覚悟をきめてくれ」と話があったそうです。
私は、できれば父に帰ってきてほしいです。でも、命をかけて大勢の人を守ろうとする父を誇りに思います。
原発は要らないと批判するのは簡単なことです。でも、原発と共に豊かな生活があったことも忘れないで下さい。

(以上はおおよその内容です)

そうなのである。
原発でなくとも、金やダイヤモンドなどの貴金属、科学技術、化学物質、大規模な建造物、飛行機、医薬品、農薬、食品添加物など、現代文明は、過去の幾多の生命heart01の犠牲の上に成り立っていることを忘れてはならない。

Webでは、やれ東電社員が消火にあたれだの、東電社長は何をしているかなどの書き込みを多く見かけるが、匿名での無責任な発言は見苦しい。
これは東電や福島県のみの問題ではなく、日本国民ひいては全人類に突きつけられた問題だと思う。

|

« 数値の真実 | トップページ | 歴史に残る日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事