« 小説 ソースなカツにしてくれ (2) | トップページ | 小説 ソースなカツにしてくれ (4) »

2011年6月21日 (火)

小説 ソースなカツにしてくれ (3)

ここでおくさんの後ろについて走ったのだが、おくさん、安定かつスムーズにナナハンを操る。
女性らしくしなやかで、かつスムーズ。ダンさんの程よいペースに遅れず、優雅に白い蝶が舞うかのようである。
俺はコーナーの縦目地はフロントタイヤがふにゃふにゃして嫌いなのだが、そこもも難なくクリアしてゆく。時々、間を開けられてしまった。

Dscf6262

11台のバイクが峠道を往く。
コーナーを前に、1台ずつブレーキングして、車体をバンクさせ、アクセルと体重移動で狙ったラインをトレースし、出口に向けてアクセルを開ける。
新緑と清らかな水の福島の大地の、優雅な曲線をなぞってゆく。ライダーなら、誰もが恍惚となる瞬間。

ところで230さん、CB1000SFなら、コーナーごとにリーンアウトで3台ぐらいずつアウトからぶち抜いていくのだろう。しかし今日はハーレーなので、それはないようだ。

そしてドライブインあいづ着。

Dscf6280

目的は、もちろんソースカツ丼である。あちこちのブログで、ソースカツ丼の記事を指をくわえて見てきた。今日はるばる200km以上走ってきた一番の目的は、これを喰らうことである。夢にも見たのだ。                                                                 

テーブルに着いて、俺は早速足を組み、マルボロの紫煙をくゆらせながら、

ソースなカツにしてくれ

とは言わなかったし煙草も吸わなかったが、全員同じものを頼んだ。
ところでこの店、見渡すと、昭和のドライブインの香りがプンプンである。テーブル席と座敷があり、お冷は自分で注ぐ。トイレの手洗い場は、デコトラのような装飾がしてあった。

途中、他のテーブルにソースカツ丼が運ばれてゆくのを見て、誰もが
「本当か、あれ・・・」
「ありえねぇ」
「大盛りだろ・・・」
とつぶやいていたが、それは普通盛りだった。

これが普通盛りの全貌だ!

       
Dscf6274

カツからキャベツからソースまで大盛り
Dscf6276

まず、丼ごと持ってみる。1kgぐらいはありそうだ。
カツを1口食べてみる。事前リサーチしたとおり、わずかな酸味を感じる。そして厚みがある。
最初の1口で、ちょっと豚の香りがきついかなと思ったが、その1回だけで、あとは気にならない。身はたぶんロースだろう。ロース肉の美味なところは、腹?側の脂身であり、厚切りのその部位をかじってみると、口じゅうが豚肉の旨味にあふれる。ジューシー。
いい仕事shineをしている。
またキャベツも厚く盛ってあるので、ご飯の量はさほどではない。1合ちょっとぐらいではなかろうか。

食べながら

おくさん「うま・・・」
ダンさん「・・・」
Uさん「・・・」
annexさん「・・・」
やんべさん「・・・」
230さん「・・・」
koaraさん「・・・」
ボティーさん「・・・」
クールけんさん「・・・」
わらいぶくろさん「・・・」

そして、同年代の方々が次々とリタイヤする中・・・余裕で完食sign03
あとラーメン1杯ぐらいは逝けたのだが、齢を考え、やめることにした。

ごちそうさま (見苦しいので、モザイク)
Dscf6277

ここでやんべさんが帰宅。
皆が見守る中、やんべさんはVFRのカムギアの音も高らかに、ウィリーを決めて、緑と風の大地の中に消えていった。
『み~どりの中をnote走り抜けてく真っ赤なバイクnotes

しかし大言壮語した俺は、不覚にも、食べ過ぎによってこのあと腹を壊すのだった(今回はけっこうまじめに書いてます、というか小説風は息切れ)。

続く・・・

|

« 小説 ソースなカツにしてくれ (2) | トップページ | 小説 ソースなカツにしてくれ (4) »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

 お腹にくる風邪が流行っているようです。
 ご注意ください。

投稿: 剣片喰 | 2011年6月21日 (火) 19時35分

おくさんのブログでは紹介されていましたが、
本当に文才があるんですね。
楽しく読ませていただきました。

投稿: utunosamu | 2011年6月21日 (火) 20時50分

カツが食べたくなりましたbleah

投稿: ロゴ | 2011年6月21日 (火) 21時19分

>優雅に白い蝶が舞うかのよう...
,,,ダンが爆笑しております!!(^-^;
私は、以前いちごさんの3台ほど後ろを走りましたが、
全くついていけませんでしたよ~。
あのソースカツ丼はおいしかったけど、きつかったですね。
次の日まで、胃の中になにかが残ってるようでした。
お互い、もう若くないですね~( ̄ー ̄)ニヤリ

投稿: おくさん | 2011年6月21日 (火) 22時52分

美味しそうです。
楽しい文体、次も楽しみにしています。
おくさんのブログも楽しいので、相互に見比べて
楽しませて頂きます。

総勢11台のバイク・・・壮観ですね。
カツ食べに行ってみようかな・・・・と思います。

投稿: わら | 2011年6月21日 (火) 23時13分

剣片喰さん、おばんです。
風邪ですか・・・しかし私の場合は、最近食べ過ぎると必ずこうなります。
やはり、齢ですね(笑)。

投稿: いちご | 2011年6月21日 (火) 23時14分

utunosamuさん、おばんです。
ありがとうございます。

次は目撃した光景を書きまっせ。

投稿: いちご | 2011年6月21日 (火) 23時25分

ロゴさん、おばんです。
是非、機会がありましたら、食べてみて下さい。

投稿: いちご | 2011年6月21日 (火) 23時28分

おくさん、こんばんは。

>ダンが爆笑しております!!(^-^;
そうですか、私は結構まじめに書いているんです(爆)。爆がなければよいのにね。

>全くついていけませんでしたよ~。
そうですか、でもこの日の走りは光ってました。最後も(爆2)!

>次の日まで、胃の中になにかが残ってるようでした。
私は夕飯も普通に食べました。でも月曜日からベルトがきついです(核爆)。


>お互い、もう若くないですね~( ̄ー ̄)ニヤリ
え? それって、齢が近いという意味でしょうか???

投稿: いちご | 2011年6月21日 (火) 23時30分

わらさん、おばんです&ありがとうございます。

>おくさんのブログも楽しいので、相互に見比べて
あちらにはかないませんが。

>カツ食べに行ってみようかな・・・・と思います。
お勧めです! 福島から日光にかけてたくさんあるようですから、食べ比べもよさそうですね。

投稿: いちご | 2011年6月21日 (火) 23時32分

こんばんは。 週末にまとめて(みなさんへのコメント含め)コメントをしようと思っていたのですが・・・もう我慢の限界で・・・(笑)

1話から、もうそれはそれは、、、完全に引き込まれていきました。
流石に文豪いちご!! すばらしいです。

実際のフィクションの内容が、作者によって雰囲気を保ちつつそこに物語が広がってきて、、、
フィクションとノンフィクションが入り混じって、、、もう興奮状態になりますよ。
続きが楽しみでなりません。

で、気になったのは。。。
第2話で・・・
>さすがやんべさん。Gentlemanである。
>ところでこれが何を意味するか、それはおくさんのブログで、やがて明らかになるであろう。

・・・ん? はめられた??(笑) 
夜、寝れなくなるじゃないですか・・・(汗)

>VFRのカムギアの音も高らかに、ウィリーを決めて、

ウィリー・・・決めてみたい・・・(^^;;

投稿: やんべ | 2011年6月22日 (水) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小説 ソースなカツにしてくれ (2) | トップページ | 小説 ソースなカツにしてくれ (4) »