« 小説 ソースなカツにしてくれ (3) | トップページ | 小説 ソースなカツにしてくれ(5) »

2011年6月22日 (水)

小説 ソースなカツにしてくれ (4)

ドライブインあいづでは、おくさんに約束のコーヒーcafeを渡した。

禁煙の賭けに負けたから? いやそんなことはない。これは被災したお見舞いである。
記事を拝見したところ、マックスコーヒーを死ぬほど気に入ってくれたようで、嬉しい限りである。

それから、塔のへつりへ行った。ドライブインからはさほど遠くない。ここは、調べたところによれば、河食地形の奇形だそうである。
酷道廃道マニアのサイトで、ここに渡してある廃鉄橋を渡ったのを見たことがあるが、凄い度胸である。

Dscf6286

しかしここでは、奇景を見て帰ったあと、おくさんを囲んで、2つの出会いを目撃することになるのだった・・・。

それは、皆で土俵入りなどをしたあと、つり橋を渡り、駐車場へ戻ったときのことだった。

Dscf6293

一見してバイク乗りと分かるご婦人が、見るからにおくさんをチラ見して、ニコニコしながら遠巻きにしていた。
俺はすぐに気づいたのだが、もしや、違っていたらと思い、声をかけられずにいた。

塔のへつり上部
Dscf6290

声をかけられたら、こう言っていただろう。
あの方が、バイクブログ界のスーパーアイドル、おくさんざます

その場面はこうである。

さっきトイレで見たあのバイク、あのステッカー、おくさんじゃないかなぁ
えー、うそ。そんな偶然あるわけないわ。でもあったら凄いわね
いや、きっとそうだよ。でもおくさん、どこにいるんだろ
ブログ書いている人って、PCの中にいるだけじゃないのね
何を言ってるんだ? 」
だって、こんなことがあるなんて。でもあのTシャツ、ブログで見たわよね。そうじゃない? そうだわ、きっとそうだわ
うん、そうかもね
あ、でも私、ドキドキしてきちゃった。それに手まで震えてきて・・・、ねぇ、ちょっと話かけてみてくれない?
いや、僕も、ちょっと、話しかけるのは苦手だし・・・
おくさん、歩き回るから・・・動かなければいいのに
それに、一緒にガラの悪いおっさんたちがたくさんいるぜ。声かけて、『おう、にいちゃん、何じゃい』ってからまれたらいやだし・・・
ううん、そんなことないわ。皆素朴でいい人たちよ。それより、話してみて
いや、やっぱり、人違いだったらいやだし・・・
そうね、勇気がいるわね。もう行かなくちゃなんないし、あぁ、どうしたらいいの
困ったなぁ
ねえ、もう時間がないわ。こんなチャンスもうないわよ。早く話してみて
よし
2人はそんな会話をしながら、暑い中、駐車場のあたりをぐるぐる2周もしてしまった。
勇気をもって近づいてみると、2台のバイクが入ってきた。そこで
あのう、おく・・・」と言いかけたとき

「あのう、もしかして」
と、おくさんは違うふーふに話しかけてしまい、「ギャハハ」と笑い出した。
しかし時間がない。夫は一度諦めかけたが、おくさんと思われる長身痩躯、眉目秀麗の方に最後のチャンスとばかり話しかけてみた。

あのう・・・おくさん・・・ですか? そうですよね・・・
「えっ・・・、はい・・・」
おくさん・・・ですよね・・・

正解だったらしい。
太陽は高く、空は青く、こうして初夏の塔のへつりを舞台にして、感動の出会いがあった。

そのシーン

Dscf6298

続く・・・

文中、不適切な表現がありましたら、そこはフィクション交じりということでご容赦下さい。

|

« 小説 ソースなカツにしてくれ (3) | トップページ | 小説 ソースなカツにしてくれ(5) »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

最近はアイドルってかかれても、
ビビらなくなりました....いいのかな??( ̄○ ̄;)!
いや、フィクションですもんね♪

こんなとこも撮ってたんですね!?
でも、私もダンもいちごさんを盗撮してました♪

投稿: おくさん | 2011年6月22日 (水) 13時06分

 ぜひ!お会いしたい!おくさん!!

投稿: 剣片喰 | 2011年6月22日 (水) 19時21分

こんばんは。
いや~本当にずっと見られていたんですね。恥ずかしいですね~
確かに大体こんな感じでした。かなり誇張されている気もしますが。。。
でも、本当に面白いですね。自分のことなのに大笑いしちゃいました。
あ、それからあつかましいお願いなんですが、メールアドレスを入れておきましたので、私か相方が写っている写真があったら送っていただきたいのですが。宜しくお願いします。

投稿: utunosamu | 2011年6月22日 (水) 22時07分

おくさん、こんばんは。
>アイドル
抵抗なくなりました? では次は、女優???

フィクションだからと、誇張して書いてます。

投稿: いちご | 2011年6月22日 (水) 23時33分

剣片喰さん、では、次の機会にご一緒しましょう。
たのしいごふーふです。

投稿: いちご | 2011年6月22日 (水) 23時34分

utunosamuさん、おばんです。
すみません、誇張して書いてしまいました。ま、一部フィクションでもありますので・・・。

実は、これを書いた記事を読んでから作ったのですが、yahooブログはコメントエラーが起きることがあり、できませんでした。
つまりカンニングして作ったわけです(笑)。

写真も送っておきましたので、どぞ。

投稿: いちご | 2011年6月22日 (水) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小説 ソースなカツにしてくれ (3) | トップページ | 小説 ソースなカツにしてくれ(5) »