« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

F-4戦闘機

遮るもののない百里の地、暑いです。
目の前のフェンスには蔦がからみついていますが、背伸びして、そこからどうにか戦闘機を見ようと首を伸ばします。

Img_42422

その後10分ぐらいの間に、F4は合計6機が離陸しました。

続きを読む "F-4戦闘機"

| | コメント (10)

2011年6月28日 (火)

オイル交換

現在の走行距離、25,422km。
何回目か忘れましたが、夢店でオイル+フィルター交換をしました。

今日の関東地方は、梅雨明け?というぐらいの快晴です。

Img_42542

続きを読む "オイル交換"

| | コメント (16)

2011年6月27日 (月)

霧の西光院

先週から月火休みです。平日、人が働いているとき、傍でのんびり過ごすのも妙にいいものです。
しかしバイクには乗れず。霧雨の中、50Dcameraを持ってrvcar西光院に行ってきました。

Img_42152

が今日も、車2台すれ違えないような、ほとんど廃道を上ってしまいました。 舗装はあれど、Uターンもできず、震災あとの濡れた路面、路肩は落ち葉が一杯。幅寄せすることになったらどうしようと、ドキドキしてしまいましたcoldsweats02

続きを読む "霧の西光院"

| | コメント (12)

2011年6月26日 (日)

ソースカツ丼ツー 番外編

ツーレポでUPしなかった写真です。

まずは、ダンさんのZEPHYR 1100、ピカピカshineです。4気筒、8プラグなんですよね。

Dscf6252

バイク遍歴(41)でも書きましたが、バイクを下りている間、気になっていた1台でもあります。

続きを読む "ソースカツ丼ツー 番外編"

| | コメント (6)

2011年6月25日 (土)

小説 ソースなカツにしてくれ(5)

その後、塔のへつりから、インター近くまで再度ダンさん先導で走り、西郷村の駐車場で最後の休憩。
そろそろ帰る時間だ。朝は寒かったが、ずいぶん暑くなった。冬ジャケットを脱ぐと、涼しい風が心と身体を通り抜けていくのが分かる。バイクを止めて下界を見下ろすと、初夏の霞が静かな福島の大地を包んでいた。

駐車場の柵によりかかったり歩いたりしながら、もう高速千円も終わりだなとか、震災の復旧はどうかなとか、食べ過ぎて腹が痛いとか、俺はそんなことをぼんやりと考えていた。
ふと気づくと、目の前に、クールけんさんのW1SAがあった。思えば、じっくり見ていなかった。

annexさんの写真をお借りした
20110619153203_original1

続きを読む "小説 ソースなカツにしてくれ(5)"

| | コメント (24)

2011年6月22日 (水)

小説 ソースなカツにしてくれ (4)

ドライブインあいづでは、おくさんに約束のコーヒーcafeを渡した。

禁煙の賭けに負けたから? いやそんなことはない。これは被災したお見舞いである。
記事を拝見したところ、マックスコーヒーを死ぬほど気に入ってくれたようで、嬉しい限りである。

それから、塔のへつりへ行った。ドライブインからはさほど遠くない。ここは、調べたところによれば、河食地形の奇形だそうである。
酷道廃道マニアのサイトで、ここに渡してある廃鉄橋を渡ったのを見たことがあるが、凄い度胸である。

Dscf6286

しかしここでは、奇景を見て帰ったあと、おくさんを囲んで、2つの出会いを目撃することになるのだった・・・。

続きを読む "小説 ソースなカツにしてくれ (4)"

| | コメント (6)

2011年6月21日 (火)

小説 ソースなカツにしてくれ (3)

ここでおくさんの後ろについて走ったのだが、おくさん、安定かつスムーズにナナハンを操る。
女性らしくしなやかで、かつスムーズ。ダンさんの程よいペースに遅れず、優雅に白い蝶が舞うかのようである。
俺はコーナーの縦目地はフロントタイヤがふにゃふにゃして嫌いなのだが、そこもも難なくクリアしてゆく。時々、間を開けられてしまった。

Dscf6262

11台のバイクが峠道を往く。
コーナーを前に、1台ずつブレーキングして、車体をバンクさせ、アクセルと体重移動で狙ったラインをトレースし、出口に向けてアクセルを開ける。
新緑と清らかな水の福島の大地の、優雅な曲線をなぞってゆく。ライダーなら、誰もが恍惚となる瞬間。

続きを読む "小説 ソースなカツにしてくれ (3)"

| | コメント (11)

2011年6月20日 (月)

小説 ソースなカツにしてくれ (2)

さて大内宿である。
大内宿は平地にあると思っていたが、途中、ちょっとした山岳道を上る。ダンさん先導でなかなかのペース。空もかなり明るくなってきた。
時に清流も見える、水と緑との福島の大地を走る。隊列を組んで、2本のタイヤで、うつくしまの優雅な曲線をなぞってゆく。ツーの醍醐味である。

大内宿に着いて、歩いていると、すぐにおくさんが話しかけてきた。

Dscf6257

「いちごさん、煙草、やめたの?」
そんなに俺のことを心配してくれているとは、何ともありがたいことだ。しかし俺は何故か、こう答えてしまった。
「さあ、どうかな」
奥さんの足が止まった。
「約束したのよ」
彼女は悲しそうな顔をした。この日の空cloudのように、表情が曇ったwobbly
「え? 約束したっけ? ただの賭けでは?」
「心配して言ってるのよ」

続きを読む "小説 ソースなカツにしてくれ (2)"

| | コメント (14)

2011年6月19日 (日)

小説 ソースなカツにしてくれ (1)

俺の名はジョニー。 いや、いちご。
父はアメリカ国籍で、母は日本人だ。今から○○年前、母がアメリカから日本に帰る半年ほど前に、俺を妊娠したらしい。そして日本に帰ってきて間もなく俺は生まれた。しかし父母が帰ってきたところが茨城県だったから、俺は僅かな差でアメリカ人でなく茨城県人になってしまった。まあ仕方がない。

俺の一番の趣味はバイクbicycle。昔乗っていて、一度降りて、4年前にリターンした。
そしてたくさんの人と出会った。初対面でも、一緒に走って、一緒に食事し話をして、最後は左手を上げて別れる・・・
手を上げると、ヘルメットの中の笑顔が見える。一日を振り返りながら、また会いたいと思うひととき。高速から下りるために車線を左に変え、スピードを落とすと、風切り音がみるみる小さくなってゆく。そして一緒に走っていた奴が西日の中に消えてゆくのを見るのは、いいものだ。
共通しているのは、皆バイクが好きであるということだ。しかし「みんないい奴」という一くくりの言葉は好きではない。それぞれ個性があり、家庭があり家族があり、時間を作り、それぞれの思い入れをもって乗っている。100人のライダーがいれば、100の乗り方とbackgroundがある・・・。

今日は、そんな彼らとソースカツ丼を喰らってきた。それを書こう。

Dscf6246

続きを読む "小説 ソースなカツにしてくれ (1)"

| | コメント (10)

2011年6月16日 (木)

蓮の花

蓮(はす)の花・・・

花を「蓮華」(れんげ)とも言うらしい。
また仏教とともに伝来し古くから使われたそうで、地下茎は「蓮根」(れんこん、はすね)という。

「睡蓮」(すいれん)はまた別種のよう・・・よく分からん。

Img_8846

これは蓮根畑で撮ったもの

続きを読む "蓮の花"

| | コメント (6)

2011年6月13日 (月)

曇りの日曜日

日曜日は曇りcloudでした。
朝はゆっくりにゃんこと寝て、起きてコーヒーなど飲み、さて今日は何しようかと思ったものの、庭の草取りbudはあるし、木の枝xmasは切らなくちゃならないし、車2台carrvcarにしばらくワックスshineかけていないしと、やること盛りだくさんで・・・

結局一息ついたら、午後4時。

空は相変わらずどんよりしてて雨rain降りそうだし、SB乗る気合annoy入らないし(実はカバー外したり芝生の庭横切ったりするのが面倒なだけ)、CD-Rなぞ作ったら暗くなってきました。

Cat

ところでこの写真、2年ぐらい前に撮ったもので、耳が切れていますが、うちのにゃんこの顔も目も綺麗に写ってて気に入ってます(カメラはEOS Kiss)。このブログも某SNSも、プロフィール画像に使ってます。

最近の実物は、ちょっと年取った顔になってきたような(笑)。

続きを読む "曇りの日曜日"

| | コメント (8)

2011年6月11日 (土)

英雄交響曲

これから、バイクで出かけようという時、あるいは、車で遠くへ行くという時、必ず聴く音楽があります。

それが、ベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」

Napoleon

これは第一楽章の一部分ですが、好きなところですheart04

敬愛する吉田秀和氏は、この曲についてこう書いています。

 『現在でも、私は《エロイカ》のどこかが、どこかからきこえてくると、立ちどまらないではいられない。「この音楽を聞いていられる時間、お前はここからどこにいってみたところで、これだけの豊穣な充実感を手に入れることはないだろう。」と、考える。この音楽では、深く濃い緑とぎらぎらするような赤に染められて、人生が流れている。』

続きを読む "英雄交響曲"

| | コメント (4)

2011年6月 9日 (木)

侵食

我がにゃんこ、寒いときは一緒に寝ていますが、夏は玄関のタイルや板の間で寝ます。

その過渡期はどうかというと、畳に寝たり、風通しのいいところに寝たり・・・。

今の時期は、PC前の椅子がお気に入り(笑)。

Dscf6241

赤いのは私のTシャツ、紺はズボン(余談だが、「パンツ」という言葉は、下着のパンツとしか思えない)

続きを読む "侵食"

| | コメント (4)

2011年6月 5日 (日)

私のバイク遍歴(57) 思い出のZ2

(このシリーズ、まだ引っ張るのだがcoldsweats01
ある日、Wikipediaでニキ・ラウダをで調べてみて驚いた。F1マシンかと思いきや、ラウダはKAWASAKI Z1 に乗っている。
このZ1は、優雅な曲線を纏った堂々たる体躯である。そう見えるのは、ラウダが小柄だからというのもあるだろう(若い方は、ラウダって誰sign02って感じかもしれないが)。

こうして見ると、Zは妖艶なバイクだと思う。砲弾型メーターから、タンク、カムカバー、サイドカバー、テールに至るまで、曲線を基調としたデザインで統一されている。1970年代からCBと人気を二分し、未だに熱狂的なファンが多いのも、このスタイルによるところは大きいと思われる。

そういえば、中型小僧の頃、よくZ2を見ていた・・・。

Img_4167

続きを読む "私のバイク遍歴(57) 思い出のZ2"

| | コメント (17)

2011年6月 4日 (土)

オーナーズカード更新

building仕事を17時に終え、5月末で失効していたオーナーズカードを更新してきました。
このカード、本来、トラブル時には、距離無制限のロードサービスrvcarがあるのに、一度失効してしまったので、半径200km以内までとなってしまいました。

しかも失効はこれで2回目・・・。性格chickが分かりますね。いや、忙しかったのです(笑)。明日も仕事だし。

というわけで2週間ぶりに乗って、帰りは暮色に染まる国道をカッ飛んできました。
『あいつとララバイ』に出てくるような赤いジャケットの袖口まくって、ちょっと暖かくなったこの季節の夕暮れ、好きな時間です。
学生時代、同じ道をよく走ったのを思い出しました。

帰り道の途中、コンデジF50fdにて

Dscf6236

続きを読む "オーナーズカード更新"

| | コメント (10)

2011年6月 1日 (水)

偉大なりCB750four

今まで何度も書いたが、私のオートバイ原体験は、CB750fourである。
このオートバイがどれほど素晴らしいか、カッコいいか、魅力的であるか、何度書いても書ききれない。

たまに実車を見ると意外に小さいのだが、その車体が放つオーラshine、存在感shineは圧倒的である。
それはこのナナハンが、発売後に世界のオートバイのあり方を根本的に変えてしまったという歴史によるところもあるが、もう一つの理由に、4本マフラーから吐き出される排気音がある。

無番マフラーとかHM300とか言われるマフラーだが、その音がよく収録されているのを見つけたので、(勝手に)UPさせていただこう。

続きを読む "偉大なりCB750four"

| | コメント (15)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »