« 蓮の花 | トップページ | 小説 ソースなカツにしてくれ (2) »

2011年6月19日 (日)

小説 ソースなカツにしてくれ (1)

俺の名はジョニー。 いや、いちご。
父はアメリカ国籍で、母は日本人だ。今から○○年前、母がアメリカから日本に帰る半年ほど前に、俺を妊娠したらしい。そして日本に帰ってきて間もなく俺は生まれた。しかし父母が帰ってきたところが茨城県だったから、俺は僅かな差でアメリカ人でなく茨城県人になってしまった。まあ仕方がない。

俺の一番の趣味はバイクbicycle。昔乗っていて、一度降りて、4年前にリターンした。
そしてたくさんの人と出会った。初対面でも、一緒に走って、一緒に食事し話をして、最後は左手を上げて別れる・・・
手を上げると、ヘルメットの中の笑顔が見える。一日を振り返りながら、また会いたいと思うひととき。高速から下りるために車線を左に変え、スピードを落とすと、風切り音がみるみる小さくなってゆく。そして一緒に走っていた奴が西日の中に消えてゆくのを見るのは、いいものだ。
共通しているのは、皆バイクが好きであるということだ。しかし「みんないい奴」という一くくりの言葉は好きではない。それぞれ個性があり、家庭があり家族があり、時間を作り、それぞれの思い入れをもって乗っている。100人のライダーがいれば、100の乗り方とbackgroundがある・・・。

今日は、そんな彼らとソースカツ丼を喰らってきた。それを書こう。

Dscf6246

今日も俺は朝5時に起きて、6時過ぎ、明るくなった空の下を走り出した。

家を出て、高速入口の長い導入路を走る。ここではいつも、フルバンクだ。CB1300はバンク角が浅いので、ステップはおろかマフラーまで擦ってしまう。まもなく穴annoyがあいてしまうだろう。それに、足が車体とステップに挟まれるので、足の甲はあざだらけだ。

高速に乗ってすぐ、3速全開にすると、法定速度を軽々超えている。加速車線なんて要らない。ウインカーを出し、さらに右に移る。4速、メーターの針が右横を向く。5速で右下だ。
とその時、後ろに光が見えたので200まで落として車線を譲ったら、次の瞬間、白い影が一瞬のうちに遠ざかって点となった。HAYABUSAだった。そして2,3秒後、白いランボルギーニが高周波の音で空気を震わせて追いかけて行った。
あの速度は300ぐらいだろう。世界が違う。俺は虚しくなってアクセルを緩めた。

そうしてSAに寄ると、裸足の若い女が歩いていた。

Dscf6248

どこかで見た風景だと思ったが、それは、昔見た映画movieスローなブギにしてくれ」の一場面に似ていた。
あの映画で主役はCB250Nに乗っていたが、片岡義男の原作bookではCB500fourだ。排気量半分、2気筒と4気筒、中型と大型の差は非常に大きい。当時の免許制度下で、主役が中型免許しか持っていなかったのだろう。原作も主題歌も好きだったのだが、バイク好きにとっては残念な映画となった。

Dscf6249

そして10分ほど経った頃だろうか。2台の大型バイクが入ってきた。パニアをつけたBMWと、ワイバンツインのCBで、それぞれkoaraさんとannexさんである。

ところで今日のメインゲストは、おくさんとダンさん。長身痩躯の夫婦である。
おくさんに初めて会ったのは1年近く前だ。長身に加えて眉目秀麗である。髪の毛をなびかせ、長い手足でCBナナハンを自在に操るさまは、さながら疾走する女神か。しかも後ろを走った方の感想によると、華麗なフォームだという。今日は後ろを走って拝見しよう。

途中、ボティーさんクールけんさんと合流。

道の駅、着。おくさんダンさんは既に待っていた。そしてダンさんお知り合いの方、やんべさんわらいぶくろさん230さん
おくさんの「熱烈歓迎heart04」の看板がないが、会うのは3回目だから、当たり前か(笑)。
1年ぶりに会うおくさんは、さらに身長が伸びていた。

俺はヘルメットを取って

奥、久しぶりだな、よく忘れずに来た。褒めてやろう」とは言わなかったが、

フ、忘れたくても、そのツインマフラー。頭から離れんわ!」とも言われなかった。

そして皆で怪しく密談をして

Dscf6250

「では行きましょうか」と
ダンさん先導で走り出した。向かったのは、大内宿であった。

Dscf6260
何故か、川端康成の「伊豆の踊り子」bookを連想してしまう

長くなるので、何回かに分ける。続きも読んでくれ・・・

これはふざけた記事で、かなりの部分がフィクションです。あまり真剣に読まないで下さい。

|

« 蓮の花 | トップページ | 小説 ソースなカツにしてくれ (2) »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

お!いつのまにやら、もうUPしてる!!
今回はさすがにまだかな?と思ったのに~....。
しかも、小説化?!
「痩身」「眉目秀麗」にびびったけど、
ま、小説だから~♪o(*^▽^*)o
この後、どうなるんでしょ?

ちなみに、私は今回のツー...、
いろいろありすぎて全くまとまりません。
どう書いていいのやら...(^-^;

投稿: おくさん | 2011年6月20日 (月) 00時20分

うぅ~~行きたかった(涙)
お誘い頂きながら参加出来ずすみません(涙)小説の続きが楽しみです!
休日に仕事で今日はポッカリ休み、おまけに午後から雨予報・・・。 洗車で終わりそうです(´・ω・`)ショボーン

では、つづきで(笑) あっ! やっぱり ジョニー さんでしたか!!(驚)

投稿: KON | 2011年6月20日 (月) 09時18分

おはようございます。
初めてコメントさせていただきます、ボティーです。
当日はお疲れ様でした。

茨城にも、チョクチョク出現しますので
また機会がありましたらよろしくお願いいたします。

投稿: ボティー | 2011年6月20日 (月) 09時34分

 やあ、じょにぃ。お楽しみだったようだね。

 完結まで楽しく読まさせて頂きます。

投稿: 剣片喰 | 2011年6月20日 (月) 19時10分

おくさん、こんばんは(署名が抜けていたので入れておきました)。

>今回はさすがにまだかな?と思ったのに~....。
>しかも、小説化?!
はい、想像でかなり書いておきました。

>「痩身」「眉目秀麗」にびびったけど、
いやいや、その通りです!

>いろいろありすぎて全くまとまりません。
あれだけ登場人物が多くて出会いがあり、いろいろあれば、記事5~6回分の内容がありそうですね。
楽しみにお待ちしております。

投稿: いちご | 2011年6月20日 (月) 19時42分

KONさん、おばんです。ジョニーです(笑)。

>午後から雨予報・・・。 洗車で終わりそうです(´・ω・`)ショボーン
残念でした。KONさんがいれば、またよかったです。
私も今日は休みでしたが、役所に行って、野暮用済ませて終わってしまいました。
続きも書きましたので、お読み下さいませ。

投稿: いちご | 2011年6月20日 (月) 19時45分

ボティーさん、コメント&ご訪問ありがとうございます。
お疲れさまでした。

噂には聞いておりましたが、やはり、凄い方とお見受けいたしました。
だって
>茨城にも、チョクチョク出現しますので
これ、逆に考えたら、私が静岡にちょくちょく出現するということで・・・アリエナイ。
凄すぎます。

これからも、長距離の記録を楽しみにしております。是非ご一緒に。

投稿: いちご | 2011年6月20日 (月) 19時48分

やあ、剣片喰さん、ジョニーです。
続きも書いたので、読んでくれ。

投稿: いちご | 2011年6月20日 (月) 19時52分

昨日のうちにアップですか・・・
早いですね。
ちょっと,ハードボイルド風って感じでしょうか。
すり抜け,取り回し苦手のkoaraです。(^^ゞ

投稿: koara | 2011年6月20日 (月) 21時33分

koaraさん、おばんです。一日お世話になりました。
ま、あれだけ大きいと、取り回しとすり抜けは大変ですよね。

今度は酷道ツー行きましょうね(笑)。

投稿: いちご | 2011年6月21日 (火) 19時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蓮の花 | トップページ | 小説 ソースなカツにしてくれ (2) »