« 多国籍料理 | トップページ | 私のバイク遍歴(58) 中型時代 »

2011年7月25日 (月)

ちょいツー

ここ2,3日涼しかったのですが、今日は暑くなりました。暑いのを我慢しながらsweat01、ちょっとだけビーフラインを走ってきました。

Img_44292

今日はメッシュジャケットを着たので、走っていれば快適です。

ビーフラインをちょっとそれて行くと、ツインリンク茂木のゲートがあります。これは、その入り口に咲いている向日葵です。

Img_44302

青空を背景に咲いていればよかったのですが、横向きでした(笑)。

Img_44632

帰りは来た道を戻りましょう。

Img_44722

しかしビーフラインは、見通しが悪いコーナーも多く、結構なUPDOWNもあり、走るのにあまり快適とは思いません。
栃木県境の中山峠あたりのほうが快適です。

|

« 多国籍料理 | トップページ | 私のバイク遍歴(58) 中型時代 »

プチツー、オフ」カテゴリの記事

コメント

ビーフラインですか。場所は知っていますが、走ったことは無いんですよね。
そのうち走ってみます。

投稿: utunosamu | 2011年7月25日 (月) 20時51分

utunosamuさん、いつもコメントありがとうございます。
走ったことはないのですか。見通しとアップダウンに加え、路面のガタガタペイントや落ち葉もあって、美味しいコーナーは数えるほどしかありません。

走ったら、記事upもよろしくです。

投稿: いちご | 2011年7月25日 (月) 21時46分

 緑の中を走る快走路・・・に見えるのですが、なかなか上手く行かない物ですね。

 最近、乗れていません。

投稿: 剣片喰 | 2011年7月25日 (月) 23時08分

写真をみるかぎり、おもしろそうですけど...。
いちごさんが美味しいのは、
酷道!?ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

投稿: おくさん | 2011年7月26日 (火) 00時17分

私 この道 結構好きで、よく走ります。

この時期 木々が青々していて良いんですよね。

投稿: クールけん | 2011年7月26日 (火) 00時37分

緑を見ながらのんびり走るのがよさそうですね。
10%勾配って・・・かなりキツイですよね。
速度によっては、飛びそうですね。

え?飛びましたか(爆)

投稿: annex | 2011年7月26日 (火) 20時29分

剣片喰さん、おばんです。

>緑の中を走る快走路・・・に見えるのですが
確かに、全般的にはそうであり、ここが好きな方も多い(クールけんさんのように)のですが、見通しがもうちょっと良いと、最高なんです。

>最近、乗れていません。
都会は暑いですからね。夜も暑そうですし(笑)。

投稿: いちご | 2011年7月26日 (火) 22時08分

おくさん、こんばんは。

>写真をみるかぎり、おもしろそうですけど...。
おもしろいですよ。一度ダンさんといかがです? ポークステーキの店は、ここから30分ぐらいです。
私は酷道も好きですが、この暑さでは、倒したら大変なことになりそうです。オフ車が欲しいです。

投稿: いちご | 2011年7月26日 (火) 22時10分

クールけんsん、おばんです。
ファンが多い道ですよね。

>この時期 木々が青々していて良いんですよね。
走るならこの時期でしょうか。秋は落ち葉が多そうだし、冬は北側が凍結しますし。

投稿: いちご | 2011年7月26日 (火) 22時11分

annexsん、おばんです。
のんびり走りたいのですが、SBが「飛ばせ」と囁くので、それなりに走ってしまいます(笑)。
10%勾配はきついです。バイクはいいですが、サイクリストには堪える勾配ですね。

>飛びましたか(爆)
見通しが悪くて、そこまで逝けません。

投稿: いちご | 2011年7月26日 (火) 22時13分

こんばんは。
SevenFiftyです。

人によって「ちょい」の考え方が違いますね。
それにわたしには「ちょい」と言う考え方があまりありません。

投稿: SevenFifty | 2011年7月29日 (金) 23時02分

SevenFiftyさん、おばんです。

>人によって「ちょい」の考え方が違いますね。
そうですね。走れば1,000kmという方もいますし、そうでない方も。

>それにわたしには「ちょい」と言う考え方があまりありません
私は、目的もなくちょいと乗るのをちょいツーと呼んでます。

投稿: いちご | 2011年7月29日 (金) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 多国籍料理 | トップページ | 私のバイク遍歴(58) 中型時代 »