« 花貫渓谷からR461 | トップページ | わかって下さい »

2011年8月27日 (土)

夏の終わり

今日は8月27日。もう、夏sunも終わりですね。「夏の終わり」って、ちょっと悲しい響きがあります。
あと20才も若ければ、夏の終わり=水着の跡とか、ひと夏のナントカとか、切ない思い出とかってあるのでしょうが、ね。

今の私は、そうではなくて(悲sweat02)、夏の間にSBと松尾芭蕉の俳句をコラボさせて写真を撮りたいと思っているのですが、できずにいます。

例えば   古池や 蛙飛びこむ 水の音

蛙が飛び込むような古池は、酷道にありそうで、近づけませんよね(笑)。

写真は花貫渓谷の不動滝

Img_4606

他には

閑さや 岩にしみ入る 蝉の声 やはり酷道か

五月雨の 降り残してや 光堂  平泉に行かないと

夏草や 兵どもが 夢の跡     同上

荒海や 佐渡に横たふ 天の河 佐渡島に行かないと

                                                                

というわけで、どれも実現できないのでした(爆)。

                                                            

夏の終わりの悲しさを表現している曲を1つ。

かなり古い曲ですね。

|

« 花貫渓谷からR461 | トップページ | わかって下さい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

実現できそうなものがひとつ・・・

「古池や いちご飛び込む 水の音」


くれぐれも水難事故にはご注意下さい 

しっつれい いたしましたm(__)m

投稿: エボる | 2011年8月27日 (土) 21時31分

エボるさん、コメント速すぎます。
UPして体裁整えているうちですよ。 凄!

水難事故ですか、ご心配ありがとうございます。
脂肪が多いので、簡単に浮きます(爆)。

投稿: いちご | 2011年8月27日 (土) 21時34分

先日はメールありがとうございます。
11月のキャンプではお待ちしております。
ホットウイスキーでよろしいですか?(笑)
子供の頃は夏の終わりが何とも寂しかったのですが、最近ではやっと終わる!という思いに変わってました。
雪も同じです(^^;)
キンモクセイの香りが恋しいです。

投稿: GAZZY | 2011年8月28日 (日) 09時12分

こんばんは。
SevenFiftyです。

いちごさんは文芸家ですね。

>どれも実現できないのでした
たしかに難しいですね。
花貫渓谷に栗の木があれば・・・
秋風の吹けども青し栗の毬
わたしが住んでいる知多半島からメチャ近い名古屋市緑区あたりの句なんですが・・・
初秋や海も青田も一みどり

投稿: SevenFifty | 2011年8月28日 (日) 21時16分

たびたびです。

入力ミスです。
誤:初秋や海も青田も一みどり
正:初秋や海も青田の一みどり
『も』と『の』では句の意味が変わってしまいます。
大変失礼しました。

投稿: SevenFifty | 2011年8月28日 (日) 21時22分

 なつかしの○○系の番組で見たことはありますが、さすがに現役で見た記憶は無し。(トワ・エ・モア)

 テーマを決めると湧き上がってくるものはありますが、実現可能なものって結構少なかったりしますよね。

投稿: 剣片喰 | 2011年8月28日 (日) 21時25分

GAZZYさん、おばんです&コメントありがとうございます。
11月ですか、寒そうですね。

>ホットウイスキーでよろしいですか?(笑)
はい、小雪も連れてきて下さいね。そしたら飛んでいきます(ちと酔ってます、笑)。

キンモクセイは、秋を代表する香りですね。そろそろです。

投稿: いちご | 2011年8月29日 (月) 00時05分

SevenFiftyさん、おばんです。
いえいえ、文芸家なんてことはありません。
私が知っているのは、学校の教科書に出てきたこれらの俳句だけです。

>秋風の吹けども青し栗の毬
>初秋や海も青田の一みどり

初めて聞きました。すんません。

投稿: いちご | 2011年8月29日 (月) 00時08分

剣片喰さん、おばんです。

>トワ・エ・モア
「虹と雪のバラード」とか「空よ」なんて知りませんか?
この女性は、白鳥恵美子さんという名でソロで歌ったりCD出したりもしています。

俳句で一人バイコレでもしてみましょうか。

投稿: いちご | 2011年8月29日 (月) 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花貫渓谷からR461 | トップページ | わかって下さい »