« 私のバイク遍歴(59) バイクのある人生 | トップページ | スピーカーエッジ張り替え(2) »

2011年10月12日 (水)

スピーカーエッジ張り替え(1)

大工仕事が終わったら、今度はスピーカーnotesの修理です。
我が家のメインスピーカー、1986年製のKENWOOD LS-990AD のウーファーエッジが、寿命を迎えました。この材質はウレタンで、約10年で加水分解してボロボロになってしまうのです。

購入後12年経過した1998年頃にも、一度張り替えています。メーカーのサービス店に依頼しましたが、エッジ+工賃で、1本あたり約2諭吉さんかかりましたweep

そして・・・それから13年経った2011年、またもやボロボロになりました。

Dscf6547

触っただけで、簡単に崩れます。1箇所でも破れると、まともな低音が出ません。
どうしようかと思いましたが、今やインターネットpc時代。エッジ張り替えの方法はすぐ調べられるし、必要な材料も安く、すぐに手に入ります。
そこで、通販でエッジを買い、張り替えにチャレンジしてみることにしました。

                                                                  

現代のスピーカーを買うという方法もありますが、それはそれ。買わない理由はいくつかあります。

dollarがない(笑)。
 低音の自然な量感は、口径の大きさに負うところ大であるが、33センチウーファーのスピーカーは、今ではあまり作られていない。
 買ったら、1本でリッターバイク1台ぐらいのyenがするものもある。
②20年以上使った愛着heart01がある。
 たとえ立ちゴケの傷があっても、新車の同型より自分のバイクがいいという、あれですね。

エッジがだめになると、スピーカーも寿命だとして廃棄してしまう方がほとんどですが、実は修理できるのです。中には、セーム革や布で自作する器用な方もいらっしゃいます。                                                          

では、修理の様子をUPしていきましょう。しばらくAVブログとなりそうです(笑)。
まず、スピーカー筐体からウーファーを外します。そして、劣化したエッジを惜しげもなく指で取り除きます。

コーンはカーボン製で丈夫なので、この作業は楽です
Dscf6541

次に、ガスケットを外します。アルミフレームの内側に見えている黒いリング状のものがそれです。ガスケットはプラスチック製なので、あまり無理にはこじれません。

外れました。

Dscf6543

あとはひたすら、ドライバー・のみ・ピンセット・刷毛・歯ブラシ・紙やすりを使い、エッジの残り、こびりついた接着剤を取り除いていきます。

ひたすら・・・・・・・・・gawk

ただひたすら・・・・・・・・・・・・・・bearing

ゴシゴシdash・・・・・・

可能な限り取らないと、仕上がりに響いてしまいます。つまり音の響きが悪くなります(オヤジギャグ)。
接着剤を綺麗に取るには溶剤を使うので、休日のhouse屋外でしかできません。早くやりたいね(笑)。

2台外したところ
Dscf6545

写真上に見えるのは、注文して届いたウレタンエッジです(10年後、きっとまたボロボロ)。

アルミのフレームも錆びていますので、サンドペーパーで磨きます。左は磨いたところ、右はこれから

Dscf6572

スコーカーとツイーターも、この際磨いてしまいましょう。合計6本か・・・

今後しばらく、夜はスピーカーとの格闘が続くでしょう(笑)。
作業は単調だし指は痛くなるし・・・一体何十時間かかるのでしょうか。それでも、仕上がりに胸ときめかせheart02、音を想像しながら案外楽しんでいるlovelyのです(笑)。

|

« 私のバイク遍歴(59) バイクのある人生 | トップページ | スピーカーエッジ張り替え(2) »

AV・オーディオ」カテゴリの記事

コメント

ウレタンエッジの宿命ですね。これは仕方ない。
昔使っていたダイヤトーンDS37Bで私も経験済みですw
地味ーーーな作業ですが、張り替えた時は、以前にも増していい音に聞こえますねっww
ずいぶん前になりますが、JBL4312Bを、なんと2本5諭吉で手に入れました。信じられない値段ですが、これホントですww
あとは、SPケーブルですねっ。私はウエスタンエレクトリックのWE16GAを3mで繋いでいますが、も少し安いのでベルデン8460や8470も、かなーりいい音しますよっ。お勧めです。

投稿: annex | 2011年10月13日 (木) 10時26分

うぉ〜〜sign03
やはり、いちごさんは凄いです、漢前です(汗)

以前のブログで作業されているのを拝見しましたが・・・。モノホンです!

クロスオーバーイレブン・・、マランツ・・、AKAI・・、サンスイ・・、飛んで、コールミ―まで 漢前秋sign02 冬祭りに語り合いたいですsign03(ニヤリッ!)

投稿: KON | 2011年10月13日 (木) 18時16分

お~~!これって直せるんですね!知りませんでした。
学生時代お金を貯め、ローディー(日立)でコンポ揃えました。
スピーカーはローディーのメタルコーンウーファー(30cm)
を使ってましたが、今も実家の物置の肥やしに...?
あの頃流行ってましたね!ステレオコンポーネント!
又欲しくなりました(笑)

投稿: グランCB | 2011年10月13日 (木) 20時06分

こんばんは。
緻密な作業、お疲れさまです。
スピーカーエッジの張り替えをDIYされるとは、さすがはいちごさん。
手先が器用なんですね。
作業の様子を拝見していると、指先に力が入って痛くなりそうです(笑)
グラインダーとかを使って、一気に錆び落しとか出来ないでしょうかね。
根気の必要な作業、頑張って下さい!

投稿: まつ | 2011年10月13日 (木) 23時34分

スピーカーを再生できることに驚き、さらにそれを自分で手作業でできることに
再度驚きです!
私も高校の時に、オヤジに無理に頼んで買ってもらったパイオニアの
スピーカーがあるのですが、接触が悪く音が飛ぶことが多くて
廃棄しようかと思ってましたが、いちごさん記事を見て
もったいなく思えてきました。
なんとかうまく再生できるよう手を尽くしてみようかと思います!

投稿: nozo | 2011年10月15日 (土) 10時01分

annexさん、おばんです。
これはウレタンエッジの宿命ですよね。10年後は修理せず、新しいのを買いたいものです(生きていれば)。
確かに、地味な作業です。今日も半日かかりきりでした。
>張り替えた時は、以前にも増していい音に聞こえますねっww
これが楽しみでやってるようなものです(爆)。

>JBL4312Bを、なんと2本5諭吉で手に入れました。信じられない値段ですが、これホントですww
これは凄いですね。定価だとその5倍以上でしょうか。

>SPケーブルですねっ。
これは、よく分かりません(笑)。
>ウエスタンエレクトリックのWE16GA、ベルデン8460や8470・・・
どれも、初めて聞いた名前です(汗)。
うちはアンプの反対の壁にSPがあるので、ケーブルは5mぐらいあります。たぶん最安値のやつかと(爆)。

投稿: いちご | 2011年10月15日 (土) 16時58分

KONさん、おばんです。
>凄いです、漢前です(汗)
ありがとうございます。

>クロスオーバーイレブン・・、マランツ・・、AKAI・・、サンスイ・・、飛んで、コールミ―
無線へのお誘いですか(笑)? まだちょっと無理そうです。

>漢前秋 冬祭り
今思案中なのですが、寒そうですね。

投稿: いちご | 2011年10月15日 (土) 17時00分

グランCBさん、おばんです。
はい、このエッジは直せます。物置から出してみてレストアはいかがですか?

>ローディー(日立)でコンポ揃えました。
懐かしい響きですね。久々に聞きました。テクニクス、オットー、オーレックス、トリオ、TEACなどなど・・・

>ステレオコンポーネント!
この言葉も懐かしい。今はミニコンポばかりですね。
私が使っているスピーカーは化石みたいな存在です(爆)。

又欲しくなりました(笑)

投稿: いちご | 2011年10月15日 (土) 17時06分

まつさん、おばんです。
>緻密な作業、お疲れさまです。
ありがとうございます。疲れます(笑)。
手先が器用というよりは、そうせざるを得ないところです(爆)。
グラインダーもあればいいんですが、ないんです。このために買うのもね。
今日も作業しましたので、もうちょっとで終わります。出来上がりはどうなるか・・・。

投稿: いちご | 2011年10月15日 (土) 17時08分

nozoさん、おばんです。
>スピーカーを再生できることに驚き、さらにそれを自分で手作業でできることに
私も2,3年前までは知りませんでした。すべて自作される方も、なかにはいます。

>廃棄しようかと思ってましたが
それはもったいない。今回買ったのは、ファンテックという会社のです。
が、なかなか面倒で、嫌になってきました(笑)。
パイオニアのSP、是非復活させてみてください。

投稿: いちご | 2011年10月15日 (土) 17時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私のバイク遍歴(59) バイクのある人生 | トップページ | スピーカーエッジ張り替え(2) »