« 福島3ラインツーリング | トップページ | 黄昏に響いたHM300 »

2011年11月 1日 (火)

福島3ラインツー 中まとめ

いやぁ、感激heart04してしまいました。何がって、前の記事で、おくさんの夫であるDANDYなダンさんからコメントを頂いたことです。

「29日・30日と二日間に渡り、福島の道を走って頂きありがとうございました。
磐梯吾妻スカイラインは地元ですから何度も走っています。
でも、昨日の様な雲海に出逢う事はそう多くありません。
すんばらしい(うちのおくさんに言わせると素晴しいの最上級)写真をアップして頂き、感激しています。
いちごさんの写真を見て、
「福島へ行きたい!」「あの道を走りたい!」と思って、
福島へ来てくれるライダーが増える事を願っています。
本当にありがとうございました。」

よく知る人からのメールやコメントは、その人の声で読めると言いますが、あの、にこやかでいながら渋いダンさんの声が頭の中から聞こえてきます(笑)。

今回も、雲海の残りの写真をUPします。しかし、いいところは出し尽くしてしまったので、もう、大したのはありません(爆)。

Img_53303

これは雲海が下から湧き上がってきたところで、左に、車が1台写っています。
迫力ある写真とするには、写真の一部に   風景よりも   車や橋などの人工物を入れて撮ると良いようです。

そうすると、非日常的な絵ができます。
雲海cloudは刻々と姿を変えます。一瞬の風向きで自分の方にせりあがってきて、視界を乳白色にしてしまいます。

Img_53532

車が2台写っています。

Img_53583

似たような写真ばかりですね。

Img_53633

もっといろんな場所で撮りたかったのですが、移動している間に、あたりが真っ白になってしまうリスクもあります。

Img_53803

再び縦構図で
Img_53833

これらスカイラインの無料開放は11月15日までです。そのあとは冬季閉鎖となりますので、行きたい方は、もう時間がありませんよ。

                                                                

あるいは、5月に行って、左右にそそり立つ雪の壁を見るのもいいでしょう。

そのあと、福島出身の偉人である、世界的な細菌学者野口英世の生家houseを見ることをお勧めします。それは、近くの猪苗代湖畔にあります。
スカイラインを走ったら、幼少の頃に読んだにほん偉人伝bookを思い出し、その生家に足を伸ばしてみるのです。そして湖を眺め、雪の残る磐梯山を振り仰いでみると、少年清作が過ごしたこの地を、肌で感じることができるでしょう。

また隣には記念館もあって、渡米中の英世に宛てた、母シカの直筆手紙も残っています。

母シカと英世
Noguchi

シカは、英世が医師になったときは大層喜び、自分もその世界に近づこうと寺の住職にひらがなを習い、漆塗りの盆に灰をまいては字を書き、消し、また書き・・・ひらがなを覚えたといいます。

そうして書いたたどたどしい筆跡の手紙は、ガラスケースの向こうで、英世の帰国shipを願う母の気持ちを今に伝えています。
その後シカは助産師の資格を取り、地域の医療に貢献しました。

今回行っていない場所の話になってしまいました(笑)。次はツーのことを書きます。
続く・・・

前記事へのresは、あとでします。すんません。記事UPで精一杯です。

|

« 福島3ラインツーリング | トップページ | 黄昏に響いたHM300 »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!!

雲海は凄かったですね(´ー`)
あそこまでのはなかなか見れないでしょう♪

そうだ、ロボ英世を見に行かなければ( ̄∇ ̄)

投稿: 230 | 2011年11月 2日 (水) 02時20分

こんばんは。
雲海の写真はとても綺麗なんですが、
今回は写真の説明がとても参考になりました。
撮影テクのレクチャーをしてもらった感じです。

投稿: utunosamu | 2011年11月 2日 (水) 20時57分

230さん、おばんです。
2日間お世話になりました。
それと、明日もですね! 私も仕事でなければ行きたかったです。

ロボ英世、ちょっと前のニュースでやってましたね。私も見にいかないと。

投稿: いちご | 2011年11月 2日 (水) 22時46分

utunosamuさん、おばんです。
撮影テクといっても、出来上がった写真を見比べていて気づいたのです。

最初から分かっていれば、もうちょっといいのが撮れたかもしれません。
次に生かしたいと思います。

投稿: いちご | 2011年11月 2日 (水) 22時47分

ダンは、初めてのコメだったので、
かなり悩んで書いてました~(*^m^)
何度か雲海をみてますが、
うまく写真に残せなくて、悔しい思いをしていました。
こうして、いちごさんに撮って頂いてうれしいです♪
でもね~、晴れた日のスカイラインもいいですよ。
来年は晴れた日に♪

投稿: おくさん | 2011年11月 2日 (水) 23時56分

シマリス会 広報宣伝写真部 部長のいちごさん、こんにちは。 (笑)
是非、次回は晴れた時のスカイラインもいちごさんの腕とカメラでお願いします♪

野口英世・・・いつもニアミスしつつ実現していません。 次回是非行きたいです。

投稿: やんべ | 2011年11月 3日 (木) 16時06分

はじめまして。「おくさん」のブログから参りました。
この雲海は良いですね。
四季の表情も見られたら良いですね。

何度もお邪魔してはおりましたが初めてコメントいたします。

また お邪魔します。

投稿: かもしか | 2011年11月 3日 (木) 18時59分

雲海の写真を見て、故郷の瀬戸内の風景を思い出します。
現地でも思いましたが、雲海の中にぼんやり島(山)があるのは
やっぱり瀬戸内です。
野口英世のエピソード勉強になりました。ふんふん、そうなのか。
いつか行ってみたいです。
来春のシマリス会で、ですかしら(ニヤリ)。
いやいや、バイクで行くなら走りと風景重視ですね。

投稿: シマリスCB | 2011年11月 4日 (金) 00時28分

おくさん、こんばんは。
いやぁ、ダンさんのメールには感激しました。他のブログ含めて、初めて見たのもありますし。
>こうして、いちごさんに撮って頂いてうれしいです♪
あまり考えないで撮ってるんですが(笑)。カメラの性能ですよ。
来年は晴れた日に行きたいですね。

投稿: いちご | 2011年11月 4日 (金) 21時46分

派手なVFRのやんべさん、おばんです(笑)。
>広報宣伝写真部 部長
それもいいですね。会社では下っ端ですから(爆)。
春には、晴れた時のスカイラインを撮りたいですね。

野口英世記念館では、やはり、母シカの手紙がお勧めです。

投稿: いちご | 2011年11月 4日 (金) 21時48分

かもしかさん、ご訪問&お褒めいただきありがとうございます。
被写体としてはとてもいいところなので、春と夏も撮りたいですね。
さすがに冬はバイクでは無理かと・・・。

あとでお邪魔します。

投稿: いちご | 2011年11月 4日 (金) 22時00分

シマリスCBさん、こんばんは。
今回ほど、行ってよかった、盛り上がったツーはありません。また春に続編ツーに行きましょう。
出身は瀬戸内でしたか、そういえばCB400のナンバーはそんなのでしたね。

瀬戸はバイクで行ったことがありません。せいぜい鳥取です。
春は、走りと風景重視で行きましょう!

投稿: いちご | 2011年11月 4日 (金) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 福島3ラインツーリング | トップページ | 黄昏に響いたHM300 »