« バイク+音楽 | トップページ | 金環日蝕 »

2012年5月19日 (土)

私のバイク遍歴(61) 白バイ隊員との邂逅

終わったはずのバイク遍歴だが、おくさんのところでカブの記事を見ていたら、初めて白バイ隊員に止められたときのことを思い出した。そこで、「バイク遍歴」第61回(笑)。

 

それは、私がまだ17才の、春sunの日の午後だった。
日曜日、50ccのカブに乗って県庁所在地にある免許試験場に行った。何の用だったかは忘れてしまったが、帰り道も、来たときのように、国道6号線の片側2車線バイパスを、アクセル全開で走った。それは、1日でも早く大型に乗りたいと切望する原付小僧が、スーパーカブに鞭annoyをくれて前傾姿勢で走っている図dashだ。

カブに乗ったことのある方なら分かると思うが、全開にすると、ミラーがブレて全く見えない。それでもバイパスだから、他の車はもっと速い。一番左の車線を、遠慮しながら、しかし全開で走っていた。エンジンはやかましくて、他の車の音はまるで聞こえない。

がふと、妙な胸騒ぎがした。(思わず飛ばしたくなるこの道、俺が乗っているのは50ccバイク、制限速は30km/hだが今のスピードは・・・。ひょっとしてこんな時に・・・)
そう思い、右手は全開のまま、左手でミラー先端を押さえて画像のブレを止めると、そこには追尾してきた白バイが2mぐらい後ろにいて、大写しで見えたのであった。

Img_2605

 

(うわっsign03) 

それは、バイクに乗っていて初めて会った白バイだった。
慌ててブレーキをかけ、左に停めた。サイレンflairは鳴っていなかったが、止まらなくてはならないことは明らかだった。路側帯に、50ccのカブと白バイが止まると、隊員は下りて近づいてきた。
少年は、これで小遣いdollarの何か月分かが飛ぶのを覚悟した。

 

「随分飛ばしていたねぇ」
「はい」
「原付の制限速度は知っているよね」
「はい、30キロです」
「もっと出ていたよね」
「はい」
「そんなに飛ばしちゃダメだよ。高校生?」
「はい」
「免許証見せて」
「はい」
隊員は免許証の表と裏を丁寧に見て、何かを書き始めた。
「今回は計測できなかったから違反にはしないけど、注意dangerの切符を切らせてもらうよ」
「はい」

こんな会話をしたと思う。反則金は払わなくてもよいが、黄色か緑色かの書面をもらい、免許証も控えられた。

 

「スピードを守って乗るように」
隊員はそう言い、ジェントルな排気音を響かせて走り去った。あれはたぶん、CB550あたりだったろう。

 

Img_2007

 

 

道端に、高校生が1人残された。しばし、放心してしまった。

ミラーを見たら、すぐ後ろに白バイがいたのには、あまりにびっくりしたsweat01。しかし、そのタイミングは、計測に入るほんの1,2秒前だったのだろう。

(ほんのわずかな差で切符を切り損ねた・・・)
隊員が、額の隅あたりからなんともやりきれないオーラを出して狼狽しているのは、17才の高校生にも、ありありと分かった。
 

でも私は今、こうして優良sign02ライダーとして遵法運転している。この時の隊員さん、すみませんでした。 

 

 

次は中型時代だから、19才の時。
国道で隣り合わせたら、行き先を尋ねられたので答えたら、20kmぐらい先導してくれた白バイがいた。行き方が分からないとは言っていないのに、隊員は目的地まで案内すると、Uターンして戻っていった。暇だったのかしら(爆)。

 

Img_2035

 

 

21~24才、ナナハン時代は、白バイに止められたことも会話したこともない。延々とあとをついていったら、バイパスに入った途端にカッ飛んでいった隊員もいた。それは4年前、上に書いたようにカブで止められた、国道6号線バイパスの同じあたりだった。

 

 

そして40才を過ぎてリターンしてから、渋滞する高速道の前方に白バイがいて、すり抜けはしたいが違反はしたくなくて、その方程式の解を直接質問したこともある。答えは、「路側帯でなければすり抜けOK」であった。そうして白バイの前に出て、堂々とすり抜けをした。

オンロードで隊員と直接会話したのは、この3回だけである。

 

Img_2074

 

でも何だろう。50ccに乗っていた頃は、白バイからは小僧のように見られていたような気がする。400ccになると、ちょっと面倒みてやろうかという目で見られ、それが大型になると、ライバルというか、こちらを同格に見ているような気がした。リッタークラスになると、ドクダミ光線すら感じるような・・・。

事実、50ccの時は隣に並んだ隊員からガン見され、400ccの時は会釈され、750cc以上になると意思疎通がなかったのは何度も経験している。1300ccで宇都宮市内で並んだVFR800P隊員からは、全身から発される(俺の脇に来るなよ)光線を感じた。

あるいはそれはバイクの車格に対するものではなく、単に自分が齢をとるのに呼応して乗り換えてきたから、乗り手の風貌に対しての変化なのだろうか。相手はプロフェッショナルだから、ヘルメットをかぶっていても、しぐさや姿勢で年齢を見抜いている可能性もある。

 

Img_2048

 

実際のところは直接聞いてみないと分からないが、その術はないし、隊員にも個人差はあるだろうから、これは永遠に分からない。

と、カブに端を発した白バイ隊員との思い出。写真は2010年の白バイ競技大会のものです。

|

« バイク+音楽 | トップページ | 金環日蝕 »

私のバイク遍歴」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
警察官にも色々な方がいるので、その方の考え方がストレートに
感じられているのかもしれませんね。
あと、自分の感じ方も年々変わって来ていると思うので、実は
相手はそんなこと思っていなかったりするんじゃないですかね???

バイクでは一度も止められた事ないですが、後ろでサイレンならされる
のは金輪際経験したく有りません。

お互い気をつけて運転しましょうね!

投稿: わら | 2012年5月19日 (土) 22時00分

わらさん、即コメありがとうございます。
確かに、単なる思い込みかもしれませんね(笑)。

後ろでサイレン鳴らされるのは、夜の高速、覆面パトカーで一度あります。
これはブログでは書けない話です(爆)。でも、いい隊員さんでした。

投稿: いちご | 2012年5月19日 (土) 22時07分

おはようございます。
本当に情景が目に浮かぶような、
いちごさんの 文章とても読みやすいですね。
私は、いままでに白バイには停められたことは無く、
よくわかりませんけど、明らかに違反をしてる脇を
かっとんでる白バイをよく見かけます。
たぶん、公務が終了して帰る途中だと
思われますが、要するに白バイ隊員も、
ひとりの人間であると言うことでしょうか(^^;
一度話しを聞いてみたいです。

投稿: 風まかせ | 2012年5月20日 (日) 05時23分

こんばんは。
いちごさんの記事を読んでいると、過去の(原付)免許取りたての頃を思いだしました。
自分もアクセル全開。といっても、60km規制が適用されたスクータでしたので、それ以上は出ませんでしたが。 それでも、体感的にはとても速く感じた気がします。 大型乗りになった今では、80kmでもとても穏やかな、ゆっくりした感覚になってしまいましたが。
白バイは好きです。 絶対に敵にまわしたくないひとつですから、敵を知ってこそ・・・(笑)

投稿: やんべ | 2012年5月20日 (日) 22時03分

おまわりさん。
バイク小僧をつかまえられなくて、残念だったけど、
「がんばれよ!」みたいな、思いも感じますが......、
よくとらえすぎ?(^^;)
実際、白バイの方がライダーをどう思ってるのか、
本音をききたいですね♪

投稿: おくさん | 2012年5月21日 (月) 07時57分

こんにちぃわ!ヘボカルです。

最近茨城で白バイ見ないですね・・・仕事しろ!って感じです。

でも自分が走ってるときは仕事するなと思うけど・・・

昔はしょっちゅう白バイ見たんだけどなぁ~茨城でも・・・

なんて書くと茨城では白バイが伝説の何かのようですな・・・


投稿: ヘボカル | 2012年5月21日 (月) 08時22分

風まかせさん、ありがとうございます。
私も、白バイに止められたのはこの1回のみです。

>明らかに違反をしてる脇を
>かっとんでる白バイをよく見かけます。
私がナナハンに乗って見た隊員も、その口ですね。
一度、懇親会でもしてみたいですね。

投稿: いちご | 2012年5月21日 (月) 20時07分

やんべさん、おばんです。
>過去の(原付)免許取りたての頃を思いだしました。
若いころから乗っている方は、やはり原付からなのですね。

スクーターの60kmは、リッターバイクの80kmより速く感じますね。それはエンジン音や振動もありますから、当然だと思います。
白バイのテクのみ伝授してもらいたいですね。あのKAZU某さんに聞けばいいのかな(笑)。

投稿: いちご | 2012年5月21日 (月) 20時11分

おくさん、こんばんは。
>「がんばれよ!」みたいな、思いも感じますが......、
なるほど、そう思えなくもありません(笑)。

>実際、白バイの方がライダーをどう思ってるのか、
>本音をききたいですね
これは聞いてみたいですね。基本的に同胞と思いつつも、遵法運転しないヤツには厳しいような気がします。

投稿: いちご | 2012年5月21日 (月) 20時12分

ヘボカルさん、おばんです。
茨城では、白バイを滅多に見ないですね。仕事はしているのでしょうが。

>昔はしょっちゅう白バイ見たんだけどなぁ~茨城でも・・・
そうですか。県南のほうが多そうですね。
年に1回競技大会がひたちなか市でありますから、その時は、もう嫌!というほど見られます(笑)。

投稿: いちご | 2012年5月21日 (月) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バイク+音楽 | トップページ | 金環日蝕 »