« ブログとSNSとフェイスブック | トップページ | 明日富山湾あたりへ行きます »

2012年10月18日 (木)

シバの女王

先日、カレー味のカップラーメンを食べたら、受験勉強pencilをしていた頃を思い出した。これから書くのは、そんなウン十年も前の話。

確か高校3年の頃、私は学校から帰るとすぐに寝て、夜8時頃起きて夕飯と風呂を済ませ、深夜2時か3時まで勉強をしていた。いつからそんな生活スタイルをとったかは定かではないが、一度寝ると頭がすっきりして、深夜は周りが静かで集中できた。だが最大の理由は、ラジオの深夜放送だった。

いつも、深夜放送を聞きながら勉強していた。wikipediaで調べ、おぼろげながら思い出した。曜日によって、セイヤング、オールナイトニッポン、パックインミュージックを聞き分けていた。DJをざっと列記してみると、谷村新司、落合恵子、吉田照美、笑福亭鶴光、山本コウタロー・・・。わけても金曜日の野沢那智&白石冬美は秀逸だった。

Img_6894

 

携帯もメールもネットもなかったこの時代、若者(ヤング)の喜び、悲しみ、悩み事は深夜放送でハガキというメディアを以って綴られ、DJはその人生譚を感情を込めて語り、再びラジオの前の多くの若者が自分を重ねた。DJの発言は政治家よりも重く、彼らは世相のリーダーとなった。
大学紛争の次の世代である。

 

 

その深夜放送を聞きながら、延々と勉強するのだ。それは意外にはかどる。家人の寝静まった家で、1部屋だけ灯りflairがともり、コタツ上のスタンドに向かう若者がいる。つまらなそうだが、そんなことはない。イヤホンからはDJの語りや最新の音楽noteが絶え間なく流れてくるから。つまり楽しく勉強できたのだ。

Img_68922

 

 

でも深夜1時ぐらいになると、腹が減ってくる。一度腹が減ったと思うと、何かを食べないと解決しない。
我が家はド田舎だし、もちろんコンビニなんてない時代だから(あったとしても近くにはないわけで)、そんな時は500mぐらい離れたところにあるカップラーメンの自販機まで、スーパーカブbicycleを走らせるのだった。

真冬の夜nightである。
上下スエットに半纏を羽織り、150円を握り締めて、そっと玄関を開けて外に出る。放射冷却で、外はことのほか寒く、星shineがまたたいている。ここでもまた家人を起こさないように、庭の外れまでカブを手で押して歩く。キックをしてエンジンをかけ500m走ると、むき出しの手は一瞬で冷たくなり、震えて硬貨が上手く入らないのだった。そして、今となっては衛生的にどうかと思われる自販機のお湯を注ぎ、片手運転で帰ってくる。

再び、そっと玄関を開け、自宅の薄暗い廊下を歩き、部屋に戻る。こんなことなら買い置きをしておけばよさそうなものだが、何故か、なかった(笑)。
すぐにイヤホンをかけ、ラーメンを食べながらバイク雑誌を見るのが習慣だった。よく買っていたのはモーターサイクリスト、モトライダー。

深夜、ラーメンをすすりながら、人は勉強などより、喰わねば生きられないと思った。一方でバイク雑誌を見れば、夢がわいた。
そして、なぜかYAMAHAのGX750が好きだった。当時のHONDAナナハンはCB750FⅡとK7で、いかにも重たいモデル末期という雰囲気を漂わせていた。それからすると、DOHC3気筒、シャフトドライブのGXはスタイリッシュで、CBより軽かった。
私はGXに乗って、大学から帰省する2,3年後の自分の姿を思い浮かべた。原付免許しか持っていないのに、頭の中はナナハンのことばかり。友人から見れば、変な奴だったろうね。

Img_0093

 

そして勉強を再開すると、すぐに2時を過ぎてしまう。ナチチャコパックは3時で終わりとなるが、エンディングに「シバの女王」がかかった。
直前に読まれたシリアスな人生相談や告白の余韻が、まだ頭に残っていた。生きるとは、恋するとは、何とつらく切ないことか。それらの話は、眠くて意識朦朧な十代の少年の頭を混乱させ、夜更けの暗さと寒さに悲しさが加わった。
この曲を聞くと、そんな情景が思い出される。

もっと起きていると「歌うヘッドライト」が始まってしまう。それを聞いたら最後、翌朝ほぼ確実に遅刻するのだった。

 

|

« ブログとSNSとフェイスブック | トップページ | 明日富山湾あたりへ行きます »

音楽にまつわる思い出話」カテゴリの記事

コメント

那智チャコの金瓶梅、実は勉強大嫌いのバカ憎なんでパックは聞いて無いんです。
後世になって文化放送で金瓶梅を聞く事に、昔から文化ファンだったんでレモンちゃんと土居まさるでしたね、今は吉田照美かなぁ……照美って男でっせ。

投稿: 黒麦街道 | 2012年10月18日 (木) 07時40分

おはようございます。
SevenFiftyです。

シバの女王・レイモン・ルフェーブル楽団とはまたデラァ懐かしいです。
グラシェラ・スサーナさんが日本語で歌っただわ、♪わたしはあなたの~ 愛の奴隷~

>なぜかYAMAHAのGX750が好きだった
コレ、激オンボロの初期型(集合マフラータイプで60馬力)をツレから借りたよ。
振動がひどくてエキパイとマフラーのジョイントが折れ、運が悪くマウントのボルトも吹っ飛んでマフラーを落としました。
マフラーは後続の大型車に轢かれて板状になり、今思えば借りなきゃ良かったです。
後期型(2本マフラーで67馬力)は改善されておりました。

>もっと起きていると「歌うヘッドライト」が始まってしまう
演歌と歌謡曲が多いのでこっちを良く聴きました、懐かしいです。

投稿: SevenFifty | 2012年10月18日 (木) 10時02分

>黒麦街道さん
今となっては、この頃と同じ勉強はできません(汗)。よく頑張ってたなぁ。

>SevenFiftyさん
懐かしい曲ですよね。
マフラー轢かれたのは災難でしたね、でも可笑しいです。

投稿: いちご | 2012年10月18日 (木) 20時33分

シバの女王… 懐かしいですね。久々に聞きました。


で、聞き終わたあとのYouTubeに、「恋はみずいろ」を見つけて、ポチッ!

あ~~~、これ何年ぶりに聞いたんだろう。
懐かしくて涙がでてきました。


自分では探してまでは聞かないけど、こうして紹介されているところから辿るとやめれなくなりますね。happy01

投稿: びん | 2012年10月18日 (木) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブログとSNSとフェイスブック | トップページ | 明日富山湾あたりへ行きます »