« ツーを急襲しようと思ったが | トップページ | 今年を振り返る »

2012年12月27日 (木)

バイクの免許を取りたい

と、あるWEBpc人生相談に書いてあった。

がよく読んでみると、取りたいのは奥様で、夫は強固に反対したいらしい。反対する理由は、「危険dangerだから」。 そして
「どのように妻を説得すればいいでしょうか」とある。

 

それに対するresは、「取らせてやれ」と「危険だから反対」と、真っ二つに分かれている。

まぁ、反対する理由もよく分かる。ヘルメットからブーツまで防具はつけていても、体はむき出し、そんな格好でくねくね道や高速を走りぬける。ぶつかったらannoy、転倒したらsign05どうするのsign01 というところだろう。

Img_5975

まぁ、私もナナハンに乗り換えるときは父親に猛烈に反対された。そんなこと一切聞かず、買ってしまったけどねconfident

父親はよく、「100キロも出したら、小さい石ころ1つで転倒するんだsign01」と言った。
実際は、200キロ出しても、石ころ1つでは転倒しない。ただしコーナーに砂があれば、30キロでも転倒する可能性はある。

再び反対する人のresをよく読んでみると、とにかく「バイク=危険」という既成概念に凝り固まっているのが分かる。
 「以前事故を見たから」=それなら、車の事故を見たなら、車も危険ということになろう
 「体がむき出しだから」=それなら、自転車も危険だ

 

そしてさらに私は、もう1つの事実に気づいたflair
「バイク=危険」と言っている人の殆どは、バイクに乗ったことがないということだ。

では、バイクに乗ったことのある方つまりライダーは、何と言っているか。答えは火を見ずとも明らかである。男女問わず、奥様の免許取得に賛成scissorsだ。曰く
「楽しいですよ」から始まり
「身長150センチで大型乗ってます」や
「奥様といえど、夫に取得を侵害する権利はない」
「きっと離婚も辞さず」とか
「あなた(夫)も始めてみたら」なんてのもある。
「目覚めたのが高齢であるほど、バイク熱は重症になる」まで。

そう、バイクに乗ったことのない人ほど、危険という考えに凝り固まっていて、バイクの持つメリットとか趣味としての素敵な世界・領域というのは、全然目に入らないのだろうな。先入観たっぷりってのは、そういうことだからね。

翻って父親も、ナナハンに乗っていたわけではなかった。思い込みだ。

 

ただそれらを十分頭で理解しても、仮に、自分の愚息が「バイクに乗りたい」と言ったら、私は嬉しいと思うと同時に、奴がバイクで出かけたら、帰って来るまで気が気でないだろう。
そして、安全運転のツボや危険予知のいろはを、嫌われるほどうるさく言うhappy02ような気がする。

Img_4356

 

話戻って、この人生相談の奥様は、きっと、免許を取るのだろうな。そのとき、夫はどう反応するのだろう。
「妻が免許を取ってしまいました。バイクを買わないようにするには、どうしたらいいでしょうか」とまた相談するのだろうか。

さらに、WEB人生相談をする人には一つの特徴がある。
それは、本当に人生相談をしているのではなくて、自分の考えが正しいこと   それは大概思い込みなのだが   を確認したいだけだということである。
したがって、彼らは、凡そ、聞く耳を持たない。しかるに、この夫の結論はNOだろう。

 

確かにバイクには危険dangerな面もある。
が、危険なのはバイクのみならず、自転車bicycleでも車rvcarでもハンググライダーでもマリンスポーツyachtでもその要素はあるわけで。
周りは、「あなたのために反対してるのよ」と言うだろうけど、ここで肝腎なことは・・・

 

 

たとえバイクで事故を起こしても、危険な目にあっても、障害が残っても・・・

ライダーは「事故に遭った不注意を後悔することはあっても、バイクに乗ったことは決して後悔しない」ということだ。

Img_6043

冬山で遭難して、命からがら救助された人だって、その時の判断を後悔はしても、登山そのものを決して後悔することはないだろう。
横綱が怪我をして休場しても、プロ野球選手が肘を痛めて休んでも、それが即ち相撲道や野球道に進んだのが誤っていたわけではない。
その道でしか経験できない世界を見てしまった彼ら彼女らは、もう、あとには戻れない。

バイクの何たるかをよく分からずに反対する人の言うことというのは、価値観の押し売りに過ぎず、そんな視野狭窄・動脈硬化した意見は夢中になっている人には通らないだろう。
第一、乗ったことがないのだから、説得力がない。

 

そして、バイクに乗ったことのある方の意見をまとめると、こうなる。

確かに危険な面もあります。でもそれを帳消しにして余りある素晴らしい世界が、ここにはあります。ぜひ、こちらの世界へどうぞ」ということだ。

Img_5339

奥様よ、はよう、ライダーの世界へ来たれ。

理屈たっぷりの文を、最後まで読んでいただいてありがとうございます。なお、写真は本文とは関係ありません。

|

« ツーを急襲しようと思ったが | トップページ | 今年を振り返る »

バイク」カテゴリの記事

コメント

>「以前事故を見たから」=それなら、車の事故を見たなら、車も危険ということになろう
>「体がむき出しだから」=それなら、自転車も危険だ
目からうろこ状態。確かにそうですね!!

>バイクで事故を起こしても、危険な目にあっても、障害が残っても・・・
>ライダーは「事故に遭った不注意を後悔することはあっても、バイクに乗ったことは決して後悔しない

これも確かにそうで、事故ったとき救急車のなかで、マフラーは大丈夫だったのか、走れる状態なのかなどと考えていて、全くバイクに乗っていたことを後悔なんてしてませんでした。

でもそれが、バイクに乗らない人には理解できないらしいです。

投稿: わん’s | 2012年12月27日 (木) 21時44分

こんばんわ 中々面白い「お題」ですね。
モーターバイクは面白く、危険な乗り物です。

今年、チャリンコ通勤して思うことは
「自転車乗りのマナーの悪いこと、交通ルール違反の多いこと」に驚きました。

信号無視、逆走、並走、無灯火 etc キリがありません。

結果、自分自身で細心の注意を行うことで、危険回避を心がけるしか無いのです。

モーターバイクは「アブナイ?」

いちごさんの解説が的を得ていると思いますよ。


だから、「乗りこなす」為の努力は欠かせないですね。

十分にコントロール出来る速度で走る楽しさは、味わったことの無い人には絶対に判らないのです。

私自身、バイクは2台身代わりにオシャカにしてますが
それは未熟さゆえに起きた事故でした。
まぁ 無茶すれば当たり前のことですね。

ひとこと

ツーリングにおいては
技量の一番低い人に合わせるのが基本ですね。

大勢の場合、戦後は技量の高い人が受け持ちます。

レースでは無いのですから「みんなが楽しく」が一番でしょう。

投稿: かもしか | 2012年12月27日 (木) 21時45分

味のある記事ですね。
私もバイクは危険だと思います。タイヤが2つしかないし,体はむき出しだし,その状態で厳しい自然環境の中を走るわけですからね。

でも,いちごさんの言うとおり,「・・それを帳消しにして余りある素晴らしい世界が、ここにはあります・・・」
まさにおっしゃるとおりだと思います。

途中バイクを離れた時期もありましたが,二輪免許を取得して30年・・・
これからも,安全運転であと,30年・・・がんばります。(^^ゞ

そして,危険予測をすること,自己基準速度をしっかり体にたたき込んでおくこと・・・
ツーリングでは,時々刻々状況が変化しますから,その予測をしながら走ること,技量に自信がない人のレベルに合わせること・・・
それらを考慮して,月例ツーを敢行しております。


投稿: koara | 2012年12月27日 (木) 22時42分

いや〜面白い記事でした!!!それにしても
危険だから免許取らせたくないのですかね?
私の知る限り、男性よりも女性がバイクにハマると際限なく
用品等を買いまくるので、その方が怖いのでは無いかと推測
します。(笑)

夫婦ライダーの記事を良く目にしますが、先に奥様が大型を取って
洋物のバイクを購入しちゃうような記事が多くあったように思います。

投稿: わら | 2012年12月27日 (木) 23時12分

いちごさん、こんばんわ。
まったくもって、すべての内容において同感です。私もすべてにおいてまったく同様の意見を持っております。ただ、話して伝えるのは自信がありますが、この様に文章にしつつ、正確に表現する事は私にには到底できません。それ故に、読ませていただいてなんだか心地よい気分になりました♪
子供(2人とも娘ですが)が乗りたいと言い出したら、多分最初の自分の最初の悩みは費用面かと思っています(爆)
実際に乗る事になったら、しっかりと運転ができるまで確認の意味を込めて一緒に走りたいと思っていますが、おそらく拒否されるでしょうね(笑)

投稿: やんべ | 2012年12月28日 (金) 00時35分

こんばんわ!!

オートバイって乗らない人には印象悪いみたいですね(ーー;)
それでも、免許証を取ってから乗るのですから!!
例えばスキーやスノボは免許が無くても出来るスポーツです。
しかし、怪我は付き物というイメージがありますが旦那さまは
反対するのでしょうか??
などと、ちょっと屁理屈を(^^;)

印象が悪いと言えばオートバイに乗ると言ったら
事故の話と暴○族の話をされる方も多いですね。
一応、笑顔で否定しますが100%カチンと来ています(^^;)
元旦に初乗りすると言ったら毎年「今年も初日の出暴走するの?」とか
言う人もいます。(`д´)スルカ○ケー
ウケると思って冗談を言ってるみたいなんですが、ひとつも面白くありません。
・・・っと、このへんで(^^;)エキサイトシチャイソウ

奥様側への相談ならみなさんのれるんですけどね(^、^)

投稿: 230 | 2012年12月28日 (金) 00時42分

230です
スミマセン、書き忘れた事が(^^;)

最後のシマリス会の時の写真、懐かしいですね!!
オイラも写っていて嬉しいです(^▽^)
来年はまた、泊まりのツーリングがしたいですね(^ー^)

投稿: 230 | 2012年12月28日 (金) 01時30分

いちごさん ご無沙汰してます

私は2年半前にリターンしましたが、嫁さんと娘はその半年後に普通二輪、嫁さんに至ってはその半年後に大型を取ってます。
あまり走ってはいませんが、いちごさんの言うとおり家族がバイクに乗るということに心配でたまりません。
嫁さんは一緒に走ってるのでそうでもありませんが、娘は原2でバイトに行ってるので、帰って来るでは気が気ではありません。
先日も橋の上でコケテますし・・・(^_^;)
自分が転んで怪我する分には納得できますが、家族が亡くなったり怪我したら”免許取らせなければ…”と後悔するのは間違いありません。
相談者の旦那さんの気持ちも良くわかります、でも・・・でも、何とか理解してあげて欲しいものですね。
心配なら一緒に乗ってあげると安心なんですけどね。

投稿: katsu | 2012年12月28日 (金) 10時02分

私も免許取っちゃった一人ですが、やはり両親はバイク=危ないでしたねぇ~

今では、心配はされますがバイクでお出かけした話など楽しく話せるようになりました♪
大きな進歩です(^^)

>確かに危険な面もあります。でもそれを帳消しにして余りある素晴らしい世界が、ここにはあります。ぜひ、こちらの世界へどうぞ」

→激しく同感です!まだまだ運転はぎこちないですが、もっとうまくなってバイク楽しみたいです(* ^ー゚)

投稿: なー | 2012年12月28日 (金) 18時57分

こんばんわおん!

オレも昔3ヶ月くらい入院する事故を起こしたけど・・・

何だかんだ戻ってきましたね。

戻ってみて感じた事は・・・楽しい!!戻ってきてよかった!!

事故で大怪我や死ぬなんてのは車でもバイクでも歩いていても起こりえること。

いつ何が起こるかわからない人生なんだから・・・

やりたいことやって天命を全うしたいよね!

投稿: ヘボカル | 2012年12月28日 (金) 20時28分

こんばんは。
ん~(^^;考えさせられる内容が、濃いですよね。
最近わたしが思うことは、車とはなんと楽な乗り物なのかと!
「…ながら」運転 が出来ますよね。
例えば、お菓子食べながら、コーラ飲みながら、
ラジオ放送聴きながら、しゃべりながら、ナビを見ながら、
けっこう注意が散漫になるような行為が多々あります。
しかし、バイク乗りはほとんどが前方集中で運転してます。
また、乗り出す前がまた大変ですから。
ブーツはいて、ヘルメット被って、手袋着けて、
違う自分になんか変身する感覚でしょうか(^^)
だから楽な乗り物とは異なる種類かなと思ってます。
単なる移動手段の車とは訳が違うことを
乗らない方々に教えてあげましょう。

投稿: 風まかせ | 2012年12月28日 (金) 22時00分

こんばんは。
SevenFiftyです。

一枚目の写真は『エッ!』っと思いましたよ。
普段撮らないような場所ですよね。

投稿: SevenFifty | 2012年12月28日 (金) 23時01分

皆さん、コメントありがとうございました。まとめですが・・・

>わん'sさん
私も自損事故は数回ありますが、バイク乗りになったことは何とも思わず、ちょっとした不注意を後悔しました。
誰もそんな感じだと思います。

>かもしかさん
自転車はマナー悪いですね。バイクのすり抜けもそう見えるのかな。
>十分にコントロール出来る速度で走る楽しさは、味わったことの無い人には絶対に判らないのです
これはスキーやスノーボードにも言えますね。危険な面もありますが。
>大勢の場合、戦後は技量の高い人が受け持ちます。
戦後? いや最後ですよね(と突っ込んでみる、笑)。
ツーのルール、おっしゃる通りだと思います。

>koaraさん
30年ですか、私は30余年です。
>技量に自信がない人のレベルに合わせること・・・
>それらを考慮して,月例ツーを敢行しております。
見習わなくては。たまに私はカッ飛んでしまいますゆえ。

>わらさん
女性のほうが小物にこだわりそうですね。
この人生相談の夫は、妻が免許取ったら自分も取ると変化してきたようです。

>やんべさん
多分最初の自分の最初の悩みは費用面かと思っています(爆)
うちは男2人ですが、同様です。が奴らは興味ないようです。
親の言うことは、案外聞かないものですね。

>230さん
思い込みの激しい人はたくさんいるものです。
スキー、スノボもある意味危険ですね。ヘルメットもかぶっていませんし。関節を痛めやすい。
>暴○族
今は珍走団というそうです。その方が合っている気が。
シマリス会、また実現したいですね。

>katsuさん
家族が乗るのは心配ですね。がそれは程度の差はあれ、他のスポーツにもありえます。
家族の免許取得、実際のところは痛し痒しというところですね。

>なーさん
バイクで危険なのは、コーナーリングでの転倒、対向車との右折事故、小さくて見えにくいための後続車からの追突が多いです。それらを予知して走ることです。
私は追突されるのを防止するため、右折するときに交差点が空いていれば、1つ手前で曲がることも多いです。

>ヘボカルさん
3ヶ月は大きい怪我でしたね。が危険を予知して乗ることで、ある程度は回避できます。
やりたいことやって・・・しがらみもありますが、そうですね。

>風まかせさん
確かに車は楽です。いつでも誰でも乗れます。
がバイクは、乗っている間も絶えず神経を使います。
乗らない方には理解できにくい世界でしょう。

>SevenFiftyさん
はい、これはボツ写真をトリミングしたものです。
東日本大震災で崩落した橋の脇に、新しい橋を建設しているところです。

投稿: いちご | 2012年12月29日 (土) 17時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツーを急襲しようと思ったが | トップページ | 今年を振り返る »