« 2月は寒いというけれど | トップページ | 車検完了 »

2013年1月25日 (金)

Alice Sara Ott plays Classics

アリス=紗良・オット。

ちょうど3年前、TVtvで、彼女の日本公演を前にしたインタビューを放送しているのを見ました(この記事)。

顔立ちでも分かるように、日本人を母にもつ若いピアニストです。これから色々な演奏会に出演し、ますます有名になり、演奏の幅を広げていくのだろうと思ういます。とても楽しみheart02です。
特別美人というわけではありませんが、華shineのある親しみやすさを持っていると思います。

 

ここではドイツ語を話していますが、TVでは日本語を普通に話していました。

 

まだCDcdは数枚しか出ていませんが、是非、その演奏noteを間近で見てみたいですね。

 

YouTubeをあれこれ見ていたら、グリーグのピアノ協奏曲も弾いています。
グリーグが作曲したこの曲、ガラス細工がビロードの階段から転げ落ちてくるような出だしが印象的です。北欧の憂鬱を表すような第2楽章も、深い情緒があって好きですね。

あとで、ゆっくり、じっくり見てみましょう。

 

ベートーヴェンの「熱情ソナタ」も弾いています。しかもBS2。いつこんなの放送したんだろう。録画できなかったのが悔やまれます。

 

ともあれ、彼女は、私が一番注目し期待しているピアニストnotesです。

10本の指がこんなに速くばらばらに、しかも正確に動くなんてsign03 憧れてしまいます。

|

« 2月は寒いというけれど | トップページ | 車検完了 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2月は寒いというけれど | トップページ | 車検完了 »