« 車検完了 | トップページ | 涸沼散歩 »

2013年1月30日 (水)

Alice plays Tchaikovsky

チャイコフスキーも弾いています。

有名なこの曲、イントロといいエンディングといい、見た目も聞いた感じも華やかです。彼らしい、雄大で絢爛豪華で、泣き節たっぷりの音楽が楽しめます。

見どころは、29分51秒あたりから始まる第3楽章です。

 

でも、こっちはオーケストラに元気がないというか、精彩がありません。テンポも遅く、同じ曲なのに、華やかさは低いです。

 

音源はCDのようですが、オーケストラがおとなしすぎです。買うかどうか迷っていたのですが、買わなくてよかったような・・・(汗)。Aliceの演奏も控えめ。

1曲全体の出来栄えとしては、前者のほうがはるかにいいと思います。

とまぁ、こんなふうに聞き比べするのも、楽しいものです。

|

« 車検完了 | トップページ | 涸沼散歩 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

クラッシックも良いものですね。

ピアノの音がこんなに綺麗なものだとはおもいませんでした。
この感じは、子供のころは、美味しいとも何とも思わなかったものが、大人になったら美味しいと感じるってことがあると思いますが、そんな感じでした。

アリス沙良オットにはまりそうです。 

投稿: わん’s | 2013年1月30日 (水) 22時03分

このような「楽しみ方」を久しぶりに感じています。

まだ世の中に「ファイハイ」なんて言葉が行き交っていた時代

ベンツが買えるほどのステレオで

ああでもない こうでもない こっちの方が饒舌だ・・・ などと楽しんだ時代が懐かしい。

いちごさん これからも楽しみにしていますよ。 

投稿: かもしか | 2013年1月30日 (水) 22時26分

>わん’sさん
いいものでしょう。
クラシックは単に古いのではなく、優れた音楽が長く聞き継がれ、その結果古くなったのです。
今後の活躍が楽しみなピアニストですね!

投稿: いちご | 2013年1月31日 (木) 22時07分

>かもしかさん
これこそ、再現音楽たるクラシックの楽しみですね。

>まだ世の中に「ファイハイ」なんて言葉が行き交っていた時代
「ハイファイ」ですよね(笑)。

コンポーネントが元気な時代がありました。今のミニコンポやMP3プレーヤーよりも、遥かに音楽を忠実に再現していた時代でした。

投稿: いちご | 2013年1月31日 (木) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 車検完了 | トップページ | 涸沼散歩 »