« 「戦艦武蔵」読書感想文 | トップページ | 燃える秋 »

2013年8月 1日 (木)

観覧車

今日から8月です。ネタはバイクばかりではなく雑記帳と化していますので、いろいろ出てきます(笑)。

さて、山本潤子歌声集noteの続き。

今回の『観覧車』は、荒井由実の曲ではありません。が、隠れた名曲だと思います。

 

 

歌詞は名詞の羅列ですが、それがかえって切なさを盛り上げているような気もします。名詞を羅列した歌詞としては、他に

「横浜たそがれ」  「アジアの純真」  などでしょうか。

 

この『観覧車』、1番も2番も、最後の歌詞が悲しみをそそります。

 

   一番好きだった人と結ばれない

  

   一番好きだったあの人に会いたい

|

« 「戦艦武蔵」読書感想文 | トップページ | 燃える秋 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
SevenFiftyです。

>歌詞は名詞の羅列ですが
千昌夫の『北国の春』の冒頭の部分とかもそれに当たるのかな。
ボサノバだったらA.C.ジョビンの・・・曲名忘れました、どっちみちポルトガル語なので名詞の羅列なのかいまひとつ自信も無いです。

投稿: SevenFifty | 2013年8月 4日 (日) 00時15分

SevenFiftyさん、おばんです。
確かに、「北国の春」もそうですね。

>A.C.ジョビン
CDが1枚だけあります。
『ボサノバの魅力は、唾が飛んでくるような生々しい息を感じさせるところにある』というのを何かで読んだことがあります。
なるほど! と思いました(笑)。
今や、アストラッド・ジルベルトの写真も、部屋にいながら検索一発で見ることができるようになりました。

投稿: いちご | 2013年8月 4日 (日) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「戦艦武蔵」読書感想文 | トップページ | 燃える秋 »