« 観覧車 | トップページ | 吉村昭氏について »

2013年8月 7日 (水)

燃える秋

またまたハイファイセットの名曲。

 
が、この曲は只者ではありません。作詞:五木寛之、作曲:武満徹 という、一流の作家と作曲家の組み合わせです。
 
武満徹(たけみつとおる)とは、日本が世界に誇る現代音楽の作曲家です。故人ですが。
 
 
 
 
また五木氏が書いた同名の小説も、遠い20代の頃に読みました。若い女性が、ペルシャ絨毯に憧れて中東を旅する物語だったと思います。
 
 
秋にUPすれば良かったかな。でもネタがないので(笑)。

|

« 観覧車 | トップページ | 吉村昭氏について »

音楽」カテゴリの記事

コメント

o(*^▽^*)o いちごさんらしいですよ。

( ̄◆ ̄;)夏風邪で7日間ほどダウンしてました。

日本人はこの手の楽曲の評価はしたくないのか? 出来ないのか?
大衆受けしないからか

本当に良い歌、良い歌手が埋もれてゆくのですね。

投稿: かもしか | 2013年8月 7日 (水) 21時37分

こんばんは。
SevenFiftyです。

武満徹さんは劇伴作家のイメージがあるんですよね。
随分昔にNHK-FMで武満徹さんの若い頃の作品を放送していた(記憶違いが無ければ)。
前衛すぎて付いて行けなかった・・・それでも映画の中では印象的な効果があります。
でもこう言う歌謡曲を作曲しているのは知らなんだ。

>若い女性が、ペルシャ絨毯に憧れて中東を旅する物語だったと思います
今だとリスキーすぎる冒険です、最悪生きて帰れません。

投稿: SevenFifty | 2013年8月 7日 (水) 22時29分

こういう記事に反応されると、妙に嬉しいですね。

>かもしかさん
コメントありがとうございます。
>日本人はこの手の楽曲の評価はしたくないのか? 出来ないのか?
>大衆受けしないからか
何でしょうね。古いというのもありますが、最近の歌詞は即物的すぎますね。
イマジネーションや「間」がありません。

>SevenFiftyさん
コメントありがとうございます。
>武満徹さんは劇伴作家のイメージがあるんですよね。
>随分昔にNHK-FMで武満徹さんの若い頃の作品を放送していた(記憶違いが無ければ)。
>前衛すぎて付いて行けなかった・・・それでも映画の中では印象的な効果があります。
さすが、よくご存知で。
私は作品の一端をちょっと聞いたことがあるぐらいで、コメントするほどのレベルではないです。
現代音楽は、平均、とっつきにくいです(笑)。

>今だとリスキーすぎる冒険です、最悪生きて帰れません。
そうですね。これも時代性でしょうか。

投稿: いちご | 2013年8月 8日 (木) 18時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 観覧車 | トップページ | 吉村昭氏について »