« 2冊の「零式戦闘機」 | トップページ | 中秋の名月 »

2013年9月16日 (月)

3冊の「春の雪」

三島由紀夫著、「春の雪」bookの3冊目を買ってきました(写真の一番右)。

Img_0406

すでに2冊あるのに何故買ったか。それは、新たな気分で読み直すためです。

 

~ 決して叶わぬ、禁じられた恋の物語 ~

一言で言うと、こんなところでしょうか。19才で初めて読んでから今に至るまで、これを超える小説には未だ出会っていません。否、今後もたぶんないだろうと思います。

 

これは、最初から最後まで、日本語という言葉の美しさを最大限に生かした小説でもあります。日本の美、日本文化の美、美しさと儚さと・・・日本に生まれてよかったと思える1冊です。

19才で買ったのは、上の写真真ん中の薄汚れた文庫本です。
そして、確か30才の頃だったか、左にあるハードカバーのを古本屋で購入しました。

 

以来、たまにあちこちパートを読み返してきました。さすがにウン十年経った文庫本は、変色も激しく、ヤレています。

Img_0408

 

ハードカバーのは文語で書かれてゐるので、今となつてはさすがに讀みにくいです。

 

○○才になった今、この小説は、自分の目にどのように映るのでしょうか、とても楽しみです(無駄なことしている気もしますが、古本で105円だったし、まあいいでしょhappy01)。

|

« 2冊の「零式戦闘機」 | トップページ | 中秋の名月 »

「三島由紀夫」考」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

何だか、いちごさんの本紹介はすごく説得力がありますね
恥ずかしながらまだ読んだことがないんですけど、
是非とも読んでみたくなりました(^^)

投稿: ウシ子 | 2013年9月19日 (木) 00時37分

ウシ子さん、コメントありがとうございます。
これを読んだのは、19才のとき、梶原しげるというアナウンサーがラジオで、絶対のお勧めだと話していたのがきっかけです。
ウシ子さんの娘さんにも推薦しますよ(笑)。

投稿: いちご | 2013年9月19日 (木) 18時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2冊の「零式戦闘機」 | トップページ | 中秋の名月 »