« 映画「春の雪」 | トップページ | 天気予報は外れ »

2013年11月 8日 (金)

悪夢

3ヶ月に1回ぐらい、定期的に見る夢があります。 それは・・・・・ バイクを盗まれる夢coldsweats02。 

昨夜も見ました。よくは思い出せませんが、どこかに出かけて帰ろうとして戻ると、バイクがない。

『まさか、やられたsign02』と思って、血相変えて近くを走り回りますが、どこにもない、誰も知らない、影も形もない。
努力を尽くしたけどなくて、諦めて帰るときの虚脱感と怒りときたら、ひどいものです。

Img_0612

眠りが浅くなったときに『あっ、これは夢だったか』と気づき、再びリアルな脱力感とともに安心しますが、それは軽い怒りとともに、起きてからも尾を引きます。
当然ながら、バイクリターンしてから見るようになりました。もう10回以上は見ていますが、深層心理で、そんな心配を抱いているのでしょうか。

 

頻度はもっと少ないですが、歯が抜ける夢も見ます。

Img_0617

 

歯に違和感を感じ、手鏡で歯を見る。ぐらぐらしているのが1本あり、手で触るとぽろっと取れる。慌てて戻そうとしても戻らないばかりか、赤黒い血が出てきて・・・すると隣の歯も取れ、さらに隣も・・・。しまいには上下いっぺんに、全部抜けてしまう。

口の中を鏡で見ると、もはや歯は1本もなくて、歯ぐきが見えるだけ。痛みはなく、血生臭い。
「とうとう入れ歯か」と脱力していると、口の中に、小石のような固いものがジャリジャリあるのに気づく。実はそれは、たった今全部抜けてしまった自分の歯なのだった・・・。

 

Img_0618

 

うわぁ、嫌ですねbearing。歯が抜ける夢は何かを喪失する恐怖だとどこかで読んだことがあります。ちなみに私の歯は、前歯2本は差し歯ですが、あとは入れ歯もブリッジもありません。一応ね。

 

前記事で書いた マーラー 交響曲第5番から「アダージェット」

 

こういう曲は、MP3プレーヤー+ヘッドフォンでなく、大型の再生装置で聞きたいと思います。

|

« 映画「春の雪」 | トップページ | 天気予報は外れ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

歯が抜ける悪夢は良くみますよ。私の場合は、角砂糖が崩れる様に歯が抜けるのです。夢占いによると原因は、性欲の欲求不満がほとんどらしいので、赤面するやら、自信を持つやら、色々です。
でも恐ろしい夢ですよね?

投稿: 猫の顔 | 2013年11月 9日 (土) 14時52分

罪深きものよ
   心静かに
      懺悔なさい。

この吹き抜けのブラケットの下に十字架が見えますね。

さぁ 祈りましょう~~

ブワッハハ!(▼▽▼)人(▼▽▼)ブワッハハ!!

一度やってみたかった~~ ( ^∇^)キャキャキャ

私は 奈落の底によく 落ちます。・・・気持わりぃですよ 底が無いのは。 

投稿: かもしか | 2013年11月 9日 (土) 21時21分

こんばんは。
SevenFiftyです。

わたしは夢を見ていると思うのですがその大半は思い出せません。
自分の思い描いているような世界だと思いますがどんなものなのかも分かりません。
街の風景を撮ると生活感があるのですが現実感が乏しい、たぶん夢の中の世界を探しているのでしょうね。

投稿: SevenFifty | 2013年11月 9日 (土) 22時04分

 起きたら忘れている。
 でも、夢で時々泣きます。
 悲しい夢を見ているのでしょう・・多分。

投稿: 剣片喰(けんかたばみ) | 2013年11月10日 (日) 00時41分

>猫の顔さん
>性欲の欲求不満がほとんどらしいので、赤面するやら
はい、恥ずかしいです。
>自信を持つやら
なるほど、そうも考えられます(笑)。
私が見た夢診断では、喪失感がどうの・・・でした。まぁ占いのようなもので、当たるも八卦・・・ですよね。

>かもしかさん
>罪深きものよ
はい、罪は深いかもしれません(笑)。
>一度やってみたかった~~
ご満足いただけたのなら幸いです。
が、奈落の底というのも怖いです。さては私以上に罪深いと見た!  (爆)

>SevenFiftyさん
私も大半は思い出せないんですが、明け方の夢なのか、妙に覚えている夢があります。
>街の風景を撮ると生活感があるのですが現実感が乏しい、たぶん夢の中の世界を探しているのでしょうね。
そんな写真を見られなくなって久しいです。昭和探しのツーが懐かしいです。

>剣片喰さん
泣いているのですか、さぞ悲しいことがあるのでしょうね。
私は泣く夢は見ないです。高貴な夢もほとんど見ないです(笑)。

投稿: いちご | 2013年11月10日 (日) 19時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「春の雪」 | トップページ | 天気予報は外れ »