« 廃峠を往く-2 | トップページ | 増車予定です »

2013年12月 1日 (日)

某ツーリングクラブ忘年会

今日はshingoさんお誘いで、某ツーリングクラブの忘年会beerへ行ってきました。場所は常磐線traintraintrainに揺られること約1時間、そこからまた電車で2,3駅のところです。

 

shingoさんと途中で待ち合わせして、昼頃、某幹事さん宅houseへ到着。
まずは焼き鳥の仕込みなどを手伝いました。これ、30年前にバイト先の日本料理屋でよくやっていた作業paperです。
「肉を回しながら串に刺す」と言いましたが、「肉をUの字のようにして、2度刺す」のが正解でした。こうすると焼くときにあまり回転しないんですね。

幹事さん宅では数々の料理に加え、その焼き鳥、焼き椎茸、モツ煮込みや牛スジ煮込み(写真)なども出てきて、ビールbeerが進みます。

食べかけですみませんが、中身は牛スジ肉、豆腐、ゆで玉子、刻み葱です。肉がほろほろと崩れて、とても美味しゅうございました。

Sh3b0243

 

それから、ガレージにある凄いバイクの数・・・・

あまり詳細は書けませんが、CB750FourのK1、W1、DUCATIのMHRが2台、900SS、GL1800、数々のBMW、数々のHarley・Davidson、moto-guzzi、HAYABUSA、GSX-R1000・・・書ききれません。

 

そんな中、若い衆が乗ってきたCB750。K2あたりかな。昭和テイストたっぷりです。

Sh3b0242

 

 

満腹で電車に揺られて、帰宅です。とても有意義な一日でした。houseに帰ってまた飲みましたが(爆)。

あとはにゃんこと寝るばかりです。

Sh3b0239

|

« 廃峠を往く-2 | トップページ | 増車予定です »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今日は行けなくてとても残念です。。。

それにしても凄い数のバイク達ですね!!

その中にMHR2台 900SSとは凄い。

料理もさぞかし美味しかったでしょうね♪

それにしてもどんだけ広いガレージなんです(^o^)

バイクで来ちゃうと折角のお酒が・・・

こちらの計画は結局夜19時を少し回って無事終了でした(汗)

投稿: しんちゃん | 2013年12月 1日 (日) 23時03分

shingoさんにせっかくお誘いをいただいたのですが、ご一緒できず残念でした。
(バイクを引き取りに行ってきました)
おかげさまでバイクの修理も完了し、あとは乗り馴れるのみです。 しかし、日が落ちてからのバイク運転は寒かった〜・・・

投稿: やんべ | 2013年12月 1日 (日) 23時24分

ガッ・・・
ガレージ見たいです(@д@;)

投稿: 230 | 2013年12月 1日 (日) 23時26分

このCB750はK4以降のエンジンを搭載していますね?多分、K4以降と思います。マニアは瞬時に型式を見分けないとね?

投稿: 猫の顔 | 2013年12月 1日 (日) 23時43分

>しんちゃんさん
今回は残念でした。
MHR2台と900SS、shingoさんはしんちゃんさん夫婦に見てもらいたかったのかも。
帰りが電車で、途中で帰らねばならなかったのも残念です。できればもっといたかった・・・では今度は是非。
パーツは何なのでしょう。

>やんべさん
また次の機会もありましょう。
ブログは拝見しましたが、チェーンテンションなどいろいろあったみたいですね。
安全に行きましょう。

>230さん
すっ、凄かったです・・・。初めて見たら目がテンになります。($・・)

>猫の顔さん
さすが! どこでどう見分けるのか、伝授下さい。フロントフォーク形状? オイルパイプ取り回し?
フェンダー? キャブ?  う~む、分からん・・・。

投稿: いちご | 2013年12月 2日 (月) 23時17分

CB750の場合、K2まではシリンダーヘッドの縦リブが二本入ります。K4以降のエアラまでヘッドの縦リブは中心に一本となります。ですから、ヘッド換装してあるエンジンは、フレームがK1でも、猫の顔はすぐに見抜きますよ!
ときたまオークションで、ドシロウトがK1とかK0とか名乗って売りに出ていますが、猫の顔は一発で見抜きますのでご用心です。

投稿: 猫の顔 | 2013年12月 2日 (月) 23時24分

>猫の顔さん
素晴らしい!! それしか言葉がありません!
言われてみればその通り! 早速2009年5月号の別モー「特集 HONDA CB750Fourの現在」でK0からK4までを見比べてみました。確かに違います。
K0のアクセルワイヤー、サイドカバー、フェンダーのカットは知っていましたが、これは知りませんでした。

今夜はちょっといい気分で眠れそうです。まだCB道の修行が足りませんね。

投稿: いちご | 2013年12月 2日 (月) 23時34分

まあ、CB750大好き歴40年の猫の顔はこれぐらいはやりますよ。他にもいろんな変更があるのがCB750の面白さなのです。ホンダSOHC四気筒万歳!至高の四気筒、珠玉の四気筒、二十世紀最大のオートバイ、CB750はあと50年は多くのライダーを魅力してやまないでしょうね。いつか、夕闇迫る甲州街道のガソリンスタンドで、給油中の俺のCB750を見て、思わず止まろうとするライダーに。ピース!

投稿: 猫の顔 | 2013年12月 3日 (火) 01時27分

猫の顔さん、再再度ありがとうございます。
確かに違いますね!

>ホンダSOHC四気筒万歳!至高の四気筒、珠玉の四気筒、二十世紀最大のオートバイ、CB750はあと50年は多くのライダーを魅力してやまないでしょうね。
全く同感です。そしてこの素晴らしさを理解できる後輩が育つことを祈るばかりです。


ところで、こんな記事も書いていますので、よろしければご覧下さい。

黄昏に響いたHM300:http://cats-and-photos.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/cb750k1-cdb5.html

CB750K0の砂型クランクケース:http://cats-and-photos.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/cb750k0-34e3.html

偉大なりCB750four:http://cats-and-photos.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/cb750four-4044.html


30年後、80代のじじいと20代の若者が、1台のCB750fourを前にして。ピース!

投稿: いちご | 2013年12月 3日 (火) 22時57分

エンジンにそんな違いがあったんですね(@0@)

ステップが固定式に見えるので私もK2かと思っちゃいました(^^;)

投稿: 230 | 2013年12月 3日 (火) 23時04分

230さん、以前K2?にお乗りでも分かりませんでしたか!
これは、なかなか奥が深いですね。

いっそのこと、一緒にCB750に第二リターンします?(って無理だよね)

投稿: いちご | 2013年12月 3日 (火) 23時14分

なかなか楽しい文章でした。いちごさんの文章は平易で、一気に読みきれるのが良いです。猫の顔よりも数段上の文章です。CB750はやはりサンマルマフラーで無いとつまらないと思いますが、3速全開の排気音は実に素晴らしい排気音です。トンネル内の反射も美味しい音です。また、CB750に乗りたくなってきました。ズオン!

投稿: 猫の顔 | 2013年12月 4日 (水) 00時05分

猫の顔さん、再再再度ありがとうございます。
>数段上
いやいや、猫の顔さんの文章も好きですね。過去記事のほとんど全ては読ませてもらいました。
私は何でも書いていますが、バイクに絞った内容がいいですね。
大学の環境も似ているようですから、そのうちお会いできれば。(^^)v

P.S.リンクもしておきました。

投稿: いちご | 2013年12月 4日 (水) 18時25分

いやいや、とてもとてもお恥ずかしい限りです。拙文章をお読みくださりありがとうございまする。自分の受けた鮮明な印象を文章化することは非常に困難な作業であることが、ブログを始めて、やっと解ったことです。そういう意味で、別MC誌のライターとかは結構大変な職業だと思います。偉いです。いちごさん。いつかお会いしましょうね!多分来年ですね?

投稿: 猫の顔 | 2013年12月 4日 (水) 20時18分

猫の顔さん、再再再再度ありがとうございます(笑)。
いやいや、『拙文章』どころか、CB750Fourをはじめとして、70~80年代のバイクに対する熱情あふれる美文ばかりで、一気読みした記憶があります。

中でもいいと思うのは先に挙げた2記事ですが、他にいいのは
「GT380の生涯」http://hondataro.blog58.fc2.com/blog-category-56.html
「仁義なき戦い」http://hondataro.blog58.fc2.com/blog-category-51.html
ですね。
後者については、私も似たようなのを書いています。
「私のバイク遍歴(58) 中型時代」http://cats-and-photos.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/58-2ad6.html

でも、読んで呆然としたのは、「GSX400E」の最後でした(引用させていただきました)。これは至高の一文です。
>現在は一部の旧車会の方々に非常に人気であり、鬼のようなハンドルやシートを装着されて、たまに見
>かける時がある。「お願いだから、元の原型で大事に乗ってほしいなあ。」と願うのは、筆者だけでは
>あるまい。それらの方のお乗りのGSX400Eが走り去ると、祇園精舎の鐘の音が聞こえ、諸行
>無情の響きに変わるのである。

3速全開、一度やってみたいなぁ・・・。では、来年にでも。(^^)v

投稿: いちご | 2013年12月 4日 (水) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 廃峠を往く-2 | トップページ | 増車予定です »