« 陰翳礼賛 | トップページ | 大滝詠一の曲 »

2014年1月31日 (金)

竹内まりやの曲

いやぁ、ネタがねぇなぁsweat01
そこで、無理やりひねり出してみる。題して、竹内まりやの曲noteについて。

彼女は慶應大学在学中から歌い始め、その頃『戻っておいで・私の時間』などをリリースしたそうである。がどうも、結婚前の曲は、『September』にしても『不思議なピーチパイ』にしても、聞いていてちょっと恥ずかしくなってしまうconfidentのが多い。

でも、そうでないのもあって、それは『象牙海岸』とか『涙のワンサイデッド・ラブ』である。前者は、絵画的な詩がいいなぁと思ったら、松本隆の作であったか。

そして結婚後に発売されたのが、1984年発売の『VARIETY』だ。これはCDだったかレコードだったかをレンタルして、車用のカセットテープを作り、テープが伸びるほど聞いた。事実テープは伸びてしまい、2本作った記憶がある。

Img_0906

 

その後CDcdを買い、今度は伸びる心配がなくなったので、車carが1500ccディーゼルターボから3000ccV6ターボになり、水平対抗レガシーになり、ミニバンになっても飽きずに聞いている。
このアルバムは名曲揃いのshine傑作shineだと思う。このCDから曲が明らかに変わった。もちろんいい方向にであり、夫の影響であることは言うまでもない。

 

 

次の87年「REQUEST」は買わなかったが、92年「Quiet Life」も買ってよく聞いた。今でもこの2枚は、私の愛聴盤である。

Img_0908

 

その中の「シングル・アゲイン」の歌詞に、こんな部分がある。

  私と同じ痛みを
  あなたも感じてるなら
  電話ぐらいくれてもいいのに

浮気した男に対する歌だそうだ。

 

しかしその後リリースされた「告白」には、こうある。

  Why? 寝付かれぬ夜 鳴り響く電話のベル
  Sigh・・・ 虚ろな耳に 懐かしいあなたの声
   (中略)
  違う道を選んだあなたに
  今ごろ愛打ち明けられても
  ひき返せないと知ってるから
  この暮らし壊さないで

 

はて、電話を待っていたはずなのに、いざ来たら困った様子である。これは一体どうしたわけかsign02 と私は考え込んでしまったのだが、ヒントは同じ曲の後半にあった。

  女心はいつも言葉と
  裏はらな企み隠してる

なるほど、そういうことね(歌詞は全てCD”ライナーノーツ”って今言うのか?より抜粋)。

 

とフザケた内容はこれぐらいにして、彼女のいいところは、作詞作曲の才能もさることながら、温かみのある声ではなかろうか。上に挙げた2曲もいいのだけれど、その声質が最も伸びやかで、かつバックの演奏と曲のアレンジが実に見事なのは、「けんかをやめて」     この曲が苦手というブロ友さんもいるけれど    のなかばにある

  ボーイフレンドの数
  競う仲間達に
  自慢したかったの ただそれだけなの

の部分ではないかなと、私は聴くたびに思うのである。

 

今度は、先日お亡くなりになった大滝詠一さんについての私的感想でも。バイクネタもないし。

Sh3b0253

|

« 陰翳礼賛 | トップページ | 大滝詠一の曲 »

音楽にまつわる思い出話」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
カセットテープは今でもなん本か残ってます。
しかしながら、レコードは全て処分しちゃいました(^^;
竹内まりや、良いですね。
まりやさんの曲については、書かないわけいきません。
ウォークマン携帯時代にダウンロードした曲がありまして、
今でも再生可能な携帯なのですが、
再生回数ベストワン、幸せのものさし、2957回
ベストツー、September、1696回でまりやさんです。
ちなみに3位、サザンのOh,クラウディア、
今さらながら飽きれるほど聴いてました。
今でも聴いてますが、最近は私の年代にマッチしてるのか
「人生の扉」が良いと思っています。(^^)
達郎さんの影響力も大きいのでは?

投稿: 風まかせ | 2014年2月 1日 (土) 15時30分

こんばんは。
SevenFiftyです。

>今度は、先日お亡くなりになった大滝詠一さんについての私的感想でも
わたしが大滝詠一さんを知ったのは「はっぴいえんど」も解散直前の頃です。
その後に太田裕美さんに楽曲提供した作曲家と言う知識しかなかったです。
今でも大滝詠一さんの楽曲はよう分からんと言うのが本音であります。

>バイクネタもないし
知多半島をぶらりでレストア中のHONDAのS600(S800かも)に遭遇、直ぐそばには古いオロCのホーロー看板を見つけました。
バイクはないですが、相変わらず。

ネコは爆睡中ですか。
わたしんちのアンは家具の上で寝ていて、寝ぼけてから転げ落ちました。

投稿: SevenFifty | 2014年2月 1日 (土) 21時17分

竹内まりやは良く聴きました。シングルアゲイン買いました。女性としては低い声で、しかし発音が明瞭で好きでした。島根県の旅館のご令嬢だそうで、歌が売れて実家も大流行だろうな?現在もお元気でご活躍だろうね。女性の心を歌う数少ない日本の女性シンガーのトップだと思います。

投稿: 猫の顔 | 2014年2月 1日 (土) 22時03分

>風まかせさん
私もレコードは一度全部処分したのですが、プレーヤーがまだ使えることを発見し、ビートルズなど何枚か買いなおしました。馬鹿ですね(笑)。
>再生回数ベストワン、幸せのものさし、2957回
>ベストツー、September、1696回でまりやさんです。
これは凄すぎます! 1日1回聞いても10年近くかかりますね。
私もiTunesで調べてみましたが、最多はKENNY Gで、それでも35回でした(汗)。
>「人生の扉」が良いと思っています。(^^)
私は「VARIETY」あたりが好きですね。
達郎さんの影響力は計り知れませんね。

>SevenFirtyさん
私は「A LONG VACATION」からです。
オロCのホーロー看板ですか。こっちにもあるかなと思ったんですが、まるでありません。
昭和は遠くなってしまいました。

>猫の顔さん
確かに、>女性としては低い声ですね。カラオケで歌ったこともありました。
>女性の心を歌う数少ない日本の女性シンガーのトップだと思います。
そうですね。独特の温かみがあると思います。

投稿: いちご | 2014年2月 2日 (日) 18時18分

「ボーイフレンドの数
  競う仲間達に
  自慢したかったの ただそれだけなの」
これ、女性だから言える言葉ですね。

男だったら
「ガールフレンドの数
  自慢したかったんだ ただそれだけだよ」

絶対 ぶん殴られるってば。

竹内まりやも好きですよ。

投稿: かもしか | 2014年2月 2日 (日) 19時48分

>かもしかさん
>絶対 ぶん殴られるってば。
確かにその通りです!

それは思いつきませんでした。
かなり経験豊富とお見受けしました(笑)。今度お会いしたときは、是非とも武勇伝を(爆)!

投稿: いちご | 2014年2月 2日 (日) 21時56分

は~い♪ 呼ばれましたかー?
竹内まりや、と言えば、ウシ子のカラオケの定番曲ですから(^^)v
ちょうどリクエストが発表された時、バブル真っ只中のOL時代を過ごしておりました。
車の中で南百回聴いただろう?ってくらい聴きましたね
特に「駅」を聞いた時は哀愁のメロディに乗せられた歌詞に大人の恋への憧れを抱きましたよ
今でもiphoneには、彼女の曲が沢山入っています。ごはん作りながらBGMにして聴いてます
最近のお気に入りは「マンハッタン・キス」
私はこういう過去は無いですが、ドラマのシーンみたいでドキドキします(^_^;)

投稿: ウシ子 | 2014年2月 3日 (月) 01時02分

>ウシ子さん
>ちょうどリクエストが発表された時、バブル真っ只中のOL時代を過ごしておりました。
そうですよねぇ。ちょうどそんな頃でした。さては同世代(笑)?

>「駅」を聞いた時は哀愁のメロディに乗せられた歌詞に大人の恋への憧れを抱きましたよ
この曲でドキッとするのは、『ありふれた夜がやってくる』という歌詞です。
私にとっては重大な変化があったのに、世の中は昨日と何も変わらない、そんな意味が透けて見えます。

>私はこういう過去は無いですが、ドラマのシーンみたいでドキドキします(^_^;)
私もありません。第一、アメリカに行ったことないし(爆)。

投稿: いちご | 2014年2月 4日 (火) 00時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 陰翳礼賛 | トップページ | 大滝詠一の曲 »