« デジカメ購入 | トップページ | バイクを見に宇都宮へ »

2014年3月 3日 (月)

世の中には発音したくない言葉がある

先日Facebookで、我が家の猫catの名前を尋ねられました。そう、今まで猫の名前をFacebookでもブログでも書いたことがありません。

Img_3278

 

実は「ジャム」と言うのです。

 

7年前、ヨメが実家から0円でもらってきたその日
catシャムの雑種ぽいから、『ジャム』がいいわよねheart01
とヨメは名づけたのでした。

 

がどういうわけか、愚息2人もオヤジも、最初からその名前で呼びたいと思わなかったのであります・・・。理由は分からねど、今まで書くのも憚られました。 

 

 

便宜上、我々3人は「ミーコ」と呼ぶことにしました(爆)。ええ、もうすっかりオスのミーコはその名前に慣れており、「ミーコ」と言うと、家じゅうどこにいても飛んでくるのです。えsign02 エサが欲しいだけだってかsign02 

Img_3277

 

 

ともあれ、Facebookで猫の呼び方をカミングアウトしてから、何故「ジャム」と呼びたくないのかを考えました。
結果、明らかになった理由はこうです。

「世の中には、発音したくない言葉がある」

 

そうです。人間の男がオス猫に向かって『ジャム』とは言いにくいのであります。同じようなことを考える人はいるもので、よく見るpc某人生相談サイトでは

「なぜか恥ずかしくなる言葉」

なるトピがあって、ちょっとばかり盛り上がっていたりして、オヤジは「なるほどなるほどflair」と読んでいたのですが、これもその範疇に入るのかもしれません。
ちなみにそのサイトでは、「シャワーを浴びる」とか「パン○ィー」などが代表格として挙げられておりました(笑)。
そういう観点で私が決して言いたくない言葉は、昔ある親戚がよく言っていた「億ション」buildingであって、何も「マンション」と言えばいいものを、ことさらに高額と高級感を気取ったこの言葉を聞くと寒気dashがします。バブル崩壊とともに死語に近くなり、ホッとしています。

 

となると、私の大好きな石原さとみが出ているドラマ「失恋ショコラティ○」なんて、絶対に発音できそうにありません。ドラマについて誰かと話そうと思ったら、困ったことになってしまいます。ってそんな機会ないけどね。でも今日はショッキングなkissmarkシーンが・・・。

 

Img_4155

  

 

話は戻って、家の中で「ミーコ」と呼んでいる分には、弊害は全くありません。

が以前、何かの治療で動物病院に行ったとき、こんなことがありました。

 

「いちごさん、治療は無事終わりました。ではお薬を出しますので、猫のお名前を」
「はい、名前はミーコです」
「えsign02 オスなのにミーコですかsign02

と、助手とおぼしき身長157cmぐらいの30代の女性は、口を半開きにして、ボクサーが構える格好のように二の腕を「ハ」の字にして、両手はもちろんグーで口元へ寄せ
(そんなの、ありえなぁ~いheart03
という目をして、私を見上げ2秒ぐら固まっていたのでありました。

 

すかさず

(どんな名前つけようと、俺の勝手だろうがpunch
と思いましたが

「あぁぁ、本当はジャムです。ジャムにしてください」
とクールshineに言うと

「え 名前が2つあるんですかsign02
と言うも私は再度無視し、でもそこまでは良かったものの、帰り際に渡された薬袋を見ると

 

「□□ジャム様」   □□は私の苗字

 

とあったのです(爆)。

 

(出生届memoも出していないし、戸籍にも入っていないんだから、苗字なんていらねぇよpunch

Img_2475 

 

と突っ込みを入れたくなりましたが、それも大人気ないと思い、私は小さい猫バスケットから6kgのcatのどこかがはみ出るほどぎゅうぎゅうdashに押し込んで片手に下げ、静かに病院をあとにしたのでありました。

 

 

真冬の夜、6kgが掛け布団のど真ん中で寝ていて、布団がぺしゃんこになってオヤジは何度も寒さで目が醒めますが、そういう時は有無を言わさず両手両足持って胸元に引きずり込むのです。
これがまた温かいのよねheart04。 冬の一番の楽しみです。

というわけで、これからも「ミーコ」の呼び名は続きます。カミングアウトしてすっきりしたなぁ(爆)scissorshappy01

 

以上で朗読を終わります。ご静聴ありがとうございました。

Img_0967

          (写真の一部は既出です)

|

« デジカメ購入 | トップページ | バイクを見に宇都宮へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
SevenFiftyです。

わたしんちのネコの名前は以前の飼い主さんが命名したので、中には「何じゃそれ!」ってネコもおりました。
今飼っているのはカトリーヌ。
去年亡くなったのはガブリエル。
一昨年亡くなったルーの本名はテンピンルー。
4年位前に亡くなったネコはエルメス(ちなみに妹ネコはティファニー・・・別の方が里親になって姉ネコのエルメスと離ればなれ)。
もっと前にはウッキー、松治郎。
名前の統一性が無いのは貰われたきたので仕方ないですが、何とも呼びにくいです。

>冬の一番の楽しみです
大いに納得です。
電気を切ったコタツにネコが入っているとほんのりと暖かいです。
1匹なら1ネコワット、2匹なら2ネコワットの暖かさです。

投稿: SevenFifty | 2014年3月 4日 (火) 01時03分

あはは!面白い!
ご存じのとおり我家には2匹います。
1匹はマルマルと太った「マル」。
そしてもう1匹が「ジャム」同様に私は呼びにくい名前です。
「虎波」と書いて「コナミ」です。
なんとファンシーな名前(笑)
最近はなぜか「こなみさん」と呼んでいます。

最後の本を読む「ミーコ」の写真、最高ッス(^^)

投稿: うなぎ屋 | 2014年3月 4日 (火) 07時53分

確かに冬場の猫は温かい。布団の中でのゴロゴロ音も可愛い。実家の猫は三毛猫だったので「みつ」でした。将来、猫飼ったら「みつ」と名付けよう。猫大好き!けど死んだ時が可哀想なのだよね?小動物は?

投稿: 猫の顔 | 2014年3月 4日 (火) 07時55分

こんばんは。
話も面白かったんですが、とにかく写真が面白かったです。^^
まるでジャム、いやみーこちゃんが朗読しているようでした。

投稿: utunosamu | 2014年3月 4日 (火) 22時21分

>SevenFiftyさん
>カトリーヌ。
>ガブリエル。
>テンピンルー。
>エルメス
>ティファニー
>ウッキー
>松治郎
いやぁ、壮観ですね。既に名前がついている猫をもらいうけたのですね。
自宅に来てからしばらく大変そうです。
>1匹なら1ネコワット、2匹なら2ネコワットの暖かさです。
素晴らしい表現です! 今度使わせてもらいますね。

>うなぎ屋さん
>「虎波」と書いて「コナミ」です。
>なんとファンシーな名前(笑)
>最近はなぜか「こなみさん」と呼んでいます。
何となく分かる気がします。トラ模様でしたね。
本を読む写真は、随分前に撮ったものです。鉄砲を持っている(爆)のが一番若いときので、額の茶色が薄いのが分かります。

>猫の顔さん
「みつ」ですか。うちにも過去、何匹もの「ミーコ」がいました。
別れはつきものですが、諦めるしかありませんね。何度か経験はしていますが、こいつとはまだ想像できません。

>utunosamuさん
ありがとうございます。
写真は面白いのを集めてみました。

投稿: いちご | 2014年3月 5日 (水) 23時35分

こんにちは。
SevenFiftyです。

>素晴らしい表現です! 今度使わせてもらいますね
それは光栄です。
使って頂けると嬉しく思います。
URLは、わたしんちのコタツの1ネコワットで暖房中の風景です。

投稿: | 2014年3月13日 (木) 16時45分

SevenFiftyです。

すみません、名前を入れるのを忘れておりました。
大変失礼しました。

投稿: SevenFifty | 2014年3月13日 (木) 16時47分

>SevenFiftyさん
はい、先日猫と寝ながら
「この温かさが1ネコワットか」と思いましたよ。

URL拝見しました。
まるで息をしていないよう・・・いや失礼、こたつではこんなふうに伸びますね。
こうなると、こたつの電源も不要そうです。

投稿: いちご | 2014年3月13日 (木) 17時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デジカメ購入 | トップページ | バイクを見に宇都宮へ »