« Wミーティング | トップページ | 自宅にて »

2014年11月17日 (月)

鼻血 (閲覧注意)

それは、突然にやってきた。

所用で仕事を休んだ今朝、私は寒い部屋でPCに向かっていた。すると、何の前ぶれもなく、鼻の奥を冷たいものが流れ落ちる感触。(これは鼻水ではない)と感じた私は、すかさずティッシュを当てた。するとそれは案の定鼻血で、最初は細い流れだったのに、すぐに激流のように流れ出した。見る見る膨れるティッシュ、鼻腔に広がる血の臭い。赤く染まった先端からは、吸収しきれない量が滴り始めた。

(まずいっ)
顔を上に向けながら、洗面台へ行きティッシュを外して下を向いたら、真っ赤な液体が音を立てて飛び散った。(血液って、こんなにサラサラなのか)と冷静なことを考えながら、新たにティッシュを詰める。2,3分すると片側の鼻腔でせきとめられた血液は、鼻の奥で出口を探し、反対側の穴から落ち始めた。

両側をふさいだら、湧きやまぬ血液は、今度は咽喉に向かって流れだした。生臭い、鉄の匂いがする血液が、咽喉の奥で違和感をもって滞留した。吐き出すと、そのたびに洗面台は泡を吹いた赤い飛沫で染まった。

10分経ったが、全く止まらない。血の色を見ていたから気持ちが悪くなってきた。

 

ドキドキしてきた。どうにか止めなくてはならぬ。片手で鼻を押さえ、片手でスマホを操作し、「鼻血 止まらない」で検索すると、たくさん出てきた。
1つ見てみる。話の展開が面倒くさい。まずは鼻血の原因だって? 何だこれは、自社製品をもったいぶって売るサイトか。こんなのを読んでいる場合ではない。
2つめ。小鼻を10分圧迫するとある。すかさず行う。

10分間、祈るような気持ちではさんで、そしてゆっくり、恐る恐る離したが、まだ止まらない。さらに気になるのは、さっきから鼻の奥に、ぬぐいきれない違和感が成長していることだった。深呼吸をしたらそれは咽喉にやってきて、むせるように反射的に吐き出したら、真っ赤なゼリー状の物体が出た。
手で洗面ボウルから拾ったら、それは異物感のない、トロンとした柔らかい感触で、ゴミ箱に投げ捨てると、赤い軌跡を残しながら静かに下に落ちた。例えて言えば、血の滴る新鮮なレバーか、マグロの赤身で作ったプリン。
それは、宿主に挑戦するかのように鼻腔の奥から出てきたエイリアンのようでもあり、強烈に生々しくて衝撃的だった。正直、こいつにはたまげた。

止まらない。いや、止まる気配すらない。ティッシュはもう10枚ぐらい替えた。(何かおかしい)そう思いはじめた。ひょっとしたら、このまま鼻血が止まらなくて、失血死するかもしれない。
スマホには、鼻血は顔面からの出血で、誰もが驚くが、さほど出血量はないと出ているが、洗面台には、かなりの量が流れたにちがいなかった。

やっと止まったとき、出始めてから30分が経っていた。
一息ついて鏡を見ると、顔面蒼白。そこにはいつもより老けて、やつれた自分がいた。心臓はドキドキしている。それは、血が減ったためと言うよりは、慌て興奮し狼狽していたからだろう。
誰もいない家で、静かに、流血の格闘技を終えたような気分だった。

 

そして鼻血は、1時間後に再び襲ってきた。真っ赤なゼリーも、また出た。私は再び格闘した。

(病院へ行こう)
まずは、市内でも有名な耳鼻咽喉科へ電話したら暫く待たされたあげく、最も気になるゼリー状の物体を訴えると、「当院では対処しきれませんので、大きい病院を受診なさってください」と言われたのである。
顔色が変わるのが分かった。最近読んだ小説の「生命があまりにもろいのが恨めしかった」というくだりを思い出した。鼻血が、突然襲ってきた大病の兆候に思えて仕方がなかった。

今度は15分で止まったので、私は慌てて着替え、すぐ近くにある、いわゆる大きい病院へ急いだ。30分待って受診し、鼻の奥へ細いチューブを突っ込まれて涙を流しながら耐えたら、奥の1箇所が傷ついていますね、今回は止血の処置をしましたから、1週間後また来てくださいねと、若い女医は心配そうな面持ちで言った。その表情を見て、私はちょっと安堵した。もしも彼女が顔色ひとつ変えず、事務的に大したことありませんねなどと言ったら、不安はかえって増したに違いない。思えば、鼻血が止まらないと言ったときの受付のねーちゃんも、心配そうな顔で見てくれた。そうなんだよ、医療機関とはこうでなくちゃいかん、まずは患者に優しく接し、不安を少しでも取り除こうという気持ちが伝わってくると、患者は安心するんだよと私は思った。
気になっていたゼリーは、鼻腔の奥にあった膿などではなくて、血液が鼻腔奥で固まったものらしい。鼻血が大量に出るとどなたもそうなります、びっくりしますけど心配いりませんと、若い女医は眉間にしわを寄せながら親身に教えてくれた。

中高年の鼻血は、高血圧や動脈硬化が原因でもあるらしい。そういえば病院で測った血圧は、えっ?というぐらい高かったのだ。切れたのが脳でなく鼻の血管でよかった、これからは血圧に優しい生活をせねばとオヤジは切に思ったのであった。

 

ここまで読んだ方、ありがとうございます。夕飯はマグロの刺身でもいかがですか?

Akamisaku041

|

« Wミーティング | トップページ | 自宅にて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

2011年7月、私も鼻血で入院しました。
私の場合は、初めが深夜2時、明け方4時、朝7時・・・入院
その都度、緊急外来へ行きました。小鼻が無くなりむしろ無繰り上がった状態の顔を病室のカガミで見たのは入院から3日後でした。
私の場合は、静脈の粘膜がかなり薄く、破れたようでしたが、手術の出来ない場所で
ひたすら、止血していました。
ガーゼの量は、丁度ゴルフボールほどでしょうか。
正直「ヤバイ」と思いました。看護師さんも後でそのように言われました。

いちごさんの冷静な文面を読んでいても、本当はかなり焦ったのではないのかな?

最後の「マグロ」はチョットなぁヾ(▼ヘ▼;)

投稿: かもしか | 2014年11月17日 (月) 20時24分

お大事に!
高血圧でそんな症状になるんですね!気をつけなければ!
それにしても、マグロの刺身美味しそうなのですが・・・・
文章を読んだ後なので、ちょっとしっくり来ない私がいる。
これが狙いですか?(笑)

投稿: わら | 2014年11月17日 (月) 22時21分

大変でしたね(@д@;)
私も鼻血を出した事はありますが
そんなに長く止まらなかった事はないです。
お身体には気を付けて下さい。

ちなみに、私も血圧が高いです・・・
特に治療したり薬を飲んだりしてませんが・・・
もうすぐ健康診断。
真面目に考えないとなぁ( ̄。 ̄)コワイデス

投稿: 230 | 2014年11月18日 (火) 00時03分

冬は血液不足になります、献血のお薦めを?
ってそんな悠長な場合じゃ無いか?
オイラもここ数年目眩で倒れてから高血圧の薬を飲んでるんだが、冬場は上限を超えちゃうんだよねぇ、何時倒れてもおかしくないけど、白衣姿の女医さんを見たら病人じゃ無くても鼻血出るかも(汗)
気温の変化に付いて行けないのは体感だけじゃ無いようだ。

投稿: 黒麦街道 | 2014年11月18日 (火) 18時28分

これは焦りますね。

しっかり原因を突き止め、
予防するしかありませんね。。

投稿: 片田舎動物病院 | 2014年11月18日 (火) 18時28分

>かもしかさん
コメントがスパムになっていて表示されず、すみません。原因は不明です。

>その都度、緊急外来へ行きました。
深夜に3回ですか。大変でしたね。
>小鼻が無くなりむしろ無繰り上がった状態の顔を病室のカガミで見たのは入院から3日後でした。
ちょっと想像がつきませんが、深刻な事態だったのは分かります。
>ガーゼの量は、丁度ゴルフボールほどでしょうか。
>正直「ヤバイ」と思いました。看護師さんも後でそのように言われました。
出血が止まらないと、焦りますよね。ヤバイと思いました。
>いちごさんの冷静な文面を読んでいても、本当はかなり焦ったのではないのかな?
相当焦りましたよ。止まらないのではないかと。

>最後の「マグロ」はチョットなぁヾ(▼ヘ▼;)
はい、それが狙いです。赤いゼリーはこんな感じでしたから(笑)。

投稿: いちご | 2014年11月18日 (火) 23時41分

>わらさん
コメントがスパムになっていて表示されず、すみません。原因は不明です。
高血圧は一つの原因ですが、鼻の静脈あたりの皮膚が薄いのも原因のようです。

>文章を読んだ後なので、ちょっとしっくり来ない私がいる。
>これが狙いですか?(笑)
はい、それが狙いです(爆)。

投稿: いちご | 2014年11月18日 (火) 23時45分

>230さん
ありがとうございます。

>ちなみに、私も血圧が高いです・・・
>特に治療したり薬を飲んだりしてませんが・・・
230さんはまだ若いですから・・・でも用心したほうがいいですよね。

>もうすぐ健康診断。
>真面目に考えないとなぁ( ̄。 ̄)コワイデス。
終わると、すぐ忘れてしまいがちですが。まずは塩分抑制からでしょうか(私も)。

投稿: いちご | 2014年11月18日 (火) 23時49分

>黒麦街道さん
献血、しばらくやっていませんね。

>オイラもここ数年目眩で倒れてから高血圧の薬を飲んでるんだが、冬場は上限を超えちゃうんだよねぇ、
あら、お大事にして下さい。真冬のバイクは血圧上げそうですし。

>白衣姿の女医さんを見たら病人じゃ無くても鼻血出るかも(汗)
それは言えますね。この病院は受付にかわいいおねいさんがたくさんいまして、受付で鼻血・・・なんて。

投稿: いちご | 2014年11月18日 (火) 23時53分

>片田舎動物病院さん
>これは焦りますね。
はい、とても焦りました。

>しっかり原因を突き止め、
>予防するしかありませんね。
ありがとうございます。今夜のお酒は控えめにしました(飲まない方がいいですよね、笑)。

投稿: いちご | 2014年11月18日 (火) 23時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Wミーティング | トップページ | 自宅にて »