« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月29日 (月)

4度目の車検完了

メインのPCを北陸に送ってしまったので、子供のPCを借りて書いています。

 

もはや古くなったとも言える2007年式、我がSBの8年目の車検が完了しました。現在の走行距離は、約41,000kmです。

今回の修理あるいは部品交換としては、フォークオイル交換(初)、フロントタイヤ(4本目)、フロントフォークラバー(いつも)です。チェーン、スプロケ、ハブダンパーの交換はまだ不要でしょうとのこと。PCX125を手放す?のも名残惜しい気はしましたが、仕方ありません(当然)。
 
 
やはり、自分のバイクはいいですね。傷や錆があっても、8年間の愛着があります。

Img_1070

続きを読む "4度目の車検完了"

| | コメント (25)

2014年12月21日 (日)

3度目の立ちゴケ

今日はSBを車検に出してきました。8年目です。

その直前に、車のディーラーに用があったのでSBで乗りつけると、やおら向こうからイケメンshineの兄ちゃんが走ってきました。社員教育が行き届いているねhappy01、などと、こちらもイケメンshine気取りで(実は朝潮poutになってるのに)颯爽と停めて

「○○さんに用がありまして」

などと気もそぞろに下りようとしたら、スタンドの掛け具合が甘くて、左にパタリ。

ええ、選挙の宣伝カーcarの言葉karaoke並みに、最後の最後まで粘りますから、ほとんどキズつかずに済みましたよ。しかも(あっ、こんなの大したことないよ)なんて気取りですぐ起こしたので、腰痛にもならず。精神的ダメージもありません。
イケメン兄ちゃんのおかげかなsign02

 Img_1063

その後、夢店にて。奥にあるのはCB400SBです。

続きを読む "3度目の立ちゴケ"

| | コメント (12)

2014年12月12日 (金)

北陸へ長期出張します

1月から、タイトル通り、北陸のとある場所へ出張します。異動というよりは出張と言うべきもので、単身です。でもこの季節は、バイクで行くわけにはまいりません。今年は雪snowも多いようですし。

出張期間は現段階では未定ですが、最低3ヶ月。雪が溶けてもまだ続くようであれば、新幹線bullettrainで帰ってきて、バイクbicycleに乗り換えてまた戻ろうと思っています。

何せ気楽な単身ですから、能登半島1泊ツーも行けるなとか、あちこち景勝地を見て回ろうかとか、夏まではいたいなとか、仕事もそっちのけに期待は膨らんでいるのであります。

 

以前行ったときに撮った写真

Img_8520

続きを読む "北陸へ長期出張します"

| | コメント (13)

2014年12月 6日 (土)

干し柿をいただきました

もう1週間近く前になりますが、自宅に荷物が届きました。と差出人を見ると、何とかもしかさんの本名が。

「もしや・・・」と思って箱を開けたら、それは干し柿なのでした。しかも時刻指定までされています。
嬉しいですね。かもしかさん、ありがとうございます。この場を借りて御礼申し上げますheart04

Img_1017

 

さっそく夕食後に食べましたよ。一度に2,3個はいけてしまいますね。

続きを読む "干し柿をいただきました"

| | コメント (7)

2014年12月 2日 (火)

ブラームスはお好き?

という、フランソワーズ・サガンの小説bookがあったけれど、どうもブラームスは苦手です。嫌いというよりは、やはり、苦手。

例えば交響曲第1番は、重すぎて、聞いていて疲れてしまう。ベートーヴェン亡き後、その圧が重くのしかかっていたと言われる所以か。
同じドイツ音楽でも、バッハのように音楽が理路整然と進んでいくようであれば、それはそれで襟を正しく姿勢を正しくして聞こうと思うし、ベートーヴェンのように重い音楽の中に心を打ち抜いてくるsagittariusような、「この音しかないsign03」という天才の閃きthunderがあればいいのだけれど、どうもブラームスにはそれらがあまりないように思います(ファンの方すみません)。

だから、ブラームスという作曲家は、どうしても後回しというか、時々思い出して聞くだけでした。

 

それは主に、カール・ベームが指揮した交響曲第2番で、ベートーヴェンの「田園」に対して、「森林」なんて言われるけど、ドイツの重厚な森xmasを感じさせる音色。第3楽章もチャーミング。

Img_1002

 

さて今回、グリモーによるブラームスのピアノ協奏曲集cdを聞いてみました。
1番には、彼特有の重さとか、若かりしブラームスが抱いていた、屈折した青春の思いとか、心の内奥を表現したいけどしきれないもどかしさが内包されているような気がします。

続きを読む "ブラームスはお好き?"

| | コメント (6)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »