« バイク事故と訃報 | トップページ | 雨晴海岸 »

2015年1月11日 (日)

氷見海岸

単身赴任生活がいつまで続くか分かりませんが、カテゴリに「北陸便り」を作ってみました。今まで北陸にはほとんど縁がなかったので、これを機会にたくさんUPしてみましょうhappy01

今日はこちらに来て初の休日で、カメラを持ってあちこち行って写真を100枚以上撮りました。なので、記事としては3,4回に分けることにします。
第1弾は、氷見海岸あたりの様子です。

今、外では雷鳴thunderが轟き、みぞれ交じりの雨が降っています。聞いていたとおり、たしかに冬の日本海側はずっと曇天で、雪snowか雨rainばかりです。昨日までも、一日の半分は雪で、たまに雨混じり。たまに薄日が差しても、すぐに曇ってしまいます。

そんな天気ゆえ、北陸出身の方は勤勉な方が多いように感じます。

これが今日の氷見海岸です(拡大します)。

Img_14962

私は、カメラで写した時点でそれは実際の風景と既に違っていると思うので、コントラストや彩度はかなり変えてしまいます。人の目の能力を超えたシャッタースピードや露光時間による写真が、実際の風景と違うのと同じことです。

理屈はそれぐらいにして、晴れていれば、この氷見海岸の向こうに立山連峰が見えます。それは海からそそり立つ3,000m級の山容で、なかなか素晴らしい光景です。

でも着いた時は雨で、微かに見えるなか、撮ったままの写真がこれ。

Img_14971

が、写真のコントラストと彩度を上げると、少し見えてきます(ISO320、何故かざらついているな)。

Img_14972

 

 

何かのパンフレットで見たような景色です。

Img_14992

 

車の中から。

Img_15062

 

 

なぜか、クリス・レアの「On The Beah」noteを思い出してしまった。

Img_15112

 

砂浜には雪が積もっています。

Img_15092

 

 

 

そのあとは、氷見漁港の「ひみ番屋街」へ。海鮮丼かブラックラーメンかと迷ったあげく、新湊漁港で食べることに。

Img_1139 

 

寒ブリは1匹1万円以上しますが、買って自宅で捌くのも楽しそう。

Img_1137

ここは、また何度も来たいですね。

 

このあは、新湊漁港でダイオウイカのスルメを見たり、海王丸公園付近を散策したりしましたが、それは別記事とします。

|

« バイク事故と訃報 | トップページ | 雨晴海岸 »

北陸便り」カテゴリの記事

コメント

今日は天気がイマイチで写真日和ではなかったですね。
晴天の立山連峰、撮れればいいですね。camera

ひみ番屋街はすっかり観光地として定着しました。
人も多かったと思います。

投稿: 片田舎動物病院 | 2015年1月11日 (日) 21時00分

海上の立山連峰 実際に見たら感動ですね。

料理人の腕が鳴るような「食材」ですね。

投稿: かもしか | 2015年1月11日 (日) 21時42分

いかにも冬の日本海って感じの海ですね。
荒々しさの向こうに見える山々が力強く感じます。
この風景も暖かい春が来ると一変するんでしょうね。

投稿: メカ好きおじさん | 2015年1月12日 (月) 17時36分

こんばんは。
SevenFiftyです。

いかにも冬の日本海、寒そうです。
わたしはURLの熊野灘を望む海岸線を走っていました。
暖かかったですよ。

投稿: SevenFifty | 2015年1月12日 (月) 19時36分

いかにもどんよりと曇った空が日本海側特有の天気です。特に晩秋から春先にかけての曇天は気候に恵まれない日本海側の人間の心を反映したような重い暗い天候です。そのあとの春先の草木の息吹の芽生えは見ものですよ!

投稿: 猫の顔 | 2015年1月13日 (火) 12時50分

>片田舎動物病院さん
予報では午後から雨雪でしたので、曇り空の午前に出かけました。
が、途中からは、やはり雨と雪。
ひみ番屋街はいいですね。新湊の「きっときと市場」は店数のわりに座席が少なすぎます。

また行こうと思います。
晴れの立山連峰を見られるのは、いつの日か・・・。

投稿: いちご | 2015年1月13日 (火) 18時52分

>かもしかさん
>海上の立山連峰 実際に見たら感動ですね。
きっと素晴らしい風景に違いありません。
>料理人の腕が鳴るような「食材」ですね。
ええ、すぐに食べる人がいれば、間違いなく寒ブリを1匹買っていました。
でもいないので、見送りです(笑)。

投稿: いちご | 2015年1月13日 (火) 18時53分

>メカ好きおじさんさん
冬の日本海は、ずっとこんな感じらしいです。
>荒々しさの向こうに見える山々が力強く感じます。
こればかりは、茨城ではありえない風景です。
>この風景も暖かい春が来ると一変するんでしょうね。
青空に映える立山連峰を早く見てみたいです。

投稿: いちご | 2015年1月13日 (火) 18時55分

>SevenFiftyさん
>いかにも冬の日本海、寒そうです。
そうですね。でも放射冷却でしんしんと冷える関東のほうが寒いです。
>わたしはURLの熊野灘を望む海岸線を走っていました。
いい写真です。私ならセピア色に捏造してしまいますね(笑)。
バイクが何なのかが気になります。

投稿: いちご | 2015年1月13日 (火) 18時57分

>猫の顔さん
>いかにもどんよりと曇った空が日本海側特有の天気です。特に晩秋から春先にかけての曇天は気候に恵まれない日本海側の人間の心を反映したような重い暗い天候です。そのあとの春先の草木の息吹の芽生えは見ものですよ!
なるほど、この地で育った方のコメントには説得力があります。
春が楽しみです(って、春までいるのかどうか???)。

投稿: いちご | 2015年1月13日 (火) 18時59分

たびたびです。

>バイクが何なのかが気になります
74年式650RS-W3です。
URLの通り、まさにセピアトーンのバイクです。
その上かなりの曲者です。
疾きこと風化の如く、
徐かなること廃車如し、
侵掠すること金喰い虫の如く、
動かざることくず鉄の如し
まぁそんなバイクです。

投稿: SevenFifty | 2015年1月14日 (水) 23時21分

>SevenFiftyさん
写真拝見しました。素晴らしく渋いですね。
車体の輝きと海の反射がいい感じです。
あとはブログを開始するだけでしょうか。

投稿: いちご | 2015年1月15日 (木) 07時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バイク事故と訃報 | トップページ | 雨晴海岸 »