« 猫寺ツー | トップページ | 千里浜のだるま夕陽 »

2015年10月24日 (土)

夕陽とCB

前記事の続きですが、猫寺のあとは能登半島の千里浜へ行きました。ここには何度も来ていて、目的地へ行く途中たまたま寄っただけなのですが、丁度夕暮れ時でした。そこで、夕陽とCBのコラボを撮ってみました。

 

まずはCB750FOURから。

Img_35102

 

絵になりますね。太陽が西に傾くにつれ、海と空は茜色に輝き、そこに昭和を駆け抜けた単車が浮かび上がります。

 

Img_35082

 

さきほどまでのHM300の咆哮は静まり、今はただ潮騒の音が聞こえています。

 

SBも撮りました。

Img_35132

 

これは以前茨城で撮った写真で、きのこ山の山頂です。今見ると、短いスクリーンに違和感があります。

Img_4380

 

 

33才違う2台のCB。

Img_35062

 

夕陽を見に来るカップルも います。若いっていいですね。

Img_35052

次回は、初めて見ただるま夕陽をUPします。

|

« 猫寺ツー | トップページ | 千里浜のだるま夕陽 »

ツーリング」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

北陸便り」カテゴリの記事

夕陽の風景」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
SevenFiftyです。

>次回は、初めて見ただるま夕陽をUPします
これは是非見たいです。
当地では見ることはできません。
だるま朝日なら太平洋が見渡せ渥美半島ならなんとかなるかもですが、それも気象条件次第ですね。

投稿: SevenFifty | 2015年10月24日 (土) 04時16分

CB750FOUR
存在感が違いますね。

投稿: かもしか | 2015年10月24日 (土) 07時40分

CBと夕陽絵になりますね。
私もあちこち走っていますがこんな光景は撮ったことないです。
そこまで写真の才能がないものですから。
ただ記録用に撮ってるだけですからこんなきれいには撮れません。
2台のCBは本当に絵になりますね。

残念ながら次回もご一緒できませんが
是非一度お願いしたいところです。
またお知らせお待ちしております。

投稿: かき | 2015年10月24日 (土) 18時51分

>SevenFiftyさん
次UPしますが、いつになるかは不明です。
だるま朝日もありますね。が気象条件から、確率的には夕陽のほうが高そうです。

>かもしかさん
存在感ありますよね。
この日は3回目の運転をしました。

>かきさん
お褒め頂き、ありがとうございます。
いつかご一緒しましょう。CB750FOURオーナーのタローさんもお待ちしてます。

投稿: いちご | 2015年10月25日 (日) 17時52分

バイクに夕日は似合いますね。
特に古いバイクならなおさらです。

それにしても夕日のグラデーションがキレイ!
なかなかこういう色は撮せませんね。
さすがですね。

でも夕日にたたずむカップル、
うーん青春だなぁ。いいなぁ!

投稿: メカ好きおじさん | 2015年10月25日 (日) 20時22分

猫寺、チラッと聞いたことがありますが
深くは知りませんでした。
確かに栄養状態はイマイチ、目元の汚れも気になります。

私も昨日、飛騨を走ってきました。
晴天に恵まれましたが、とても寒かったです。bearing

投稿: 片田舎動物病院 | 2015年10月26日 (月) 08時38分

こんばんは

綺麗な夕日に2台のCB大変綺麗です。
なかなかこの様に撮るのも条件が
合わないと難しいでしょうね。

投稿: かっしー父 | 2015年10月26日 (月) 19時48分

>メカ好きおじさんさん
ありがとうございます。
古いバイクは本当に絵になります。
カップルはたくさんいましたよ。昔はアベックと言いましたがね(笑)。
ちなみに、私はアベックになって夕陽を眺めたことは一度もありません(爆)。

>片田舎動物病院さん
猫はみるからに栄養状態が良くなかったですね。
「エサやり禁止」なのに、血圧上がりそうな鰹節を山盛りあげている親子もいました(汗)。
飛騨のあたりも行ってみたいです。

>かっしー父さん
夕陽の風景はいいですね。
次にUPするだるま夕陽は、滅多に見られないそうです。

投稿: いちご | 2015年10月27日 (火) 23時49分

沈む夕日の中で佇むCB750Four。素晴らしいです。いったい何万人の若人が、このタンクラインに憧れて、背伸びして走り去る姿を見送ったことであろうか。そしてその印象的な排気音も、一瞬しか聞けなかったのが残念であったが到底口まねではできない複雑な官能的な排気音であったにちがいない。「ナナハン」その響きともに、「俺はナナハンを見た!」という興奮からその晩はなかなか眠れなかったはずである。明日は同級生に自慢げに話してやろうと決めながら寝たのである。

投稿: 猫の顔 | 2016年1月 4日 (月) 09時21分

>猫の顔さん
なるほど、当時は見ただけで自慢できるほどの単車だったのですな。
私はあまり当時の空気感を知りませんが、未だにこのオーラには圧倒されるばかりです。

いつか、レストアしたCBナナハンの前で。ピース!

投稿: いちご | 2016年1月 6日 (水) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 猫寺ツー | トップページ | 千里浜のだるま夕陽 »