« GW帰省ツーリング(復路:毛無峠) | トップページ | 50,000km到達 »

2016年5月26日 (木)

B+COMスピーカーのカスタマイズ

GW帰省ツーで自宅に帰る途中、休憩するためにミラーにヘルメットを掛けたところ、掛かりが浅くて地面に落ちてしまいました。

ヘルメットもショックを受けましたが、持ち主もcoldsweats02。拾い上げてかぶってみたら、なんとB+COMからBluetooth接続しているiPhoneの音が聞こえないsign01  この先長いのに、音楽notesがなくなってしまうとは何ということでしょうcoldsweats02sign01  と落胆するも、こね回したらどうにか音は出ました。
が音量を上げると左の音がビビり、どうにも不快です。その場で分解してみると、振動板がずれてしまったようで、直りません。
 
 
そこで帰りはそのまま我慢し、自宅からamazonで、「B+COM専用チューニング高音質スピーカー」を購入しました。帰りのために。

Img_0539

 
よく見ないで買ったのですが、箱をよく見るとSB213EVO専用と書いてありました。まあ、合ったから良かったですがsweat01
 
 
 
早速つけてみると、確かに音はいいです。でも走ると駄目ですね。80km/hを超えると風切り音で低音は聞こえなくなってしまいます。まあバイクのインカムに音質を求めても無理というものです。
 
また気づいたこととしては、ヘルメット帽体とスピーカーの間にベルクロのスペーサーを挟みますが、
 
  スペーサー厚み    メリット         デメリット
  厚くする        低音が聞こえる    長時間使用すると耳が痛くなる
  薄くする        耳が痛くならない   低音がスカスカ
となります。耳が痛くなる度合いは時間によって変わってくるので、これがベストという位置はないでしょうな。
 
 
 
 
それと、長く使用していると、ヘルメット脱着の際にスピーカー表面のスポンジが擦れて、しまいには剥がれてしまいます。一度経験しているので、私は「手ぬぐい」を大きめに切って、ヘルメット内装にはさみ込みました。
 
その写真。白い布の下にスピーカーがあります。
 
Img_0536
 
これでスポンジが擦れるのを防ぐことができるうえ、手ぬぐいは薄いですから圧迫感もなし、吸湿性もあるしと、一石三鳥です。
 
 
ただし、なぜかケーブルが短いので、配線は後ろに向けて伸ばさないとなりません。

Img_0538

 
という、大したことないカスタマイズでした。
 
 
 
 
なお前回記事で、地図を忘れていたので、備忘録も兼ねてUPしておきます。中央やや左寄りに、毛無峠を赤矢印↑で示してあります。

Map

|

« GW帰省ツーリング(復路:毛無峠) | トップページ | 50,000km到達 »

メンテナンス・カスタム」カテゴリの記事

コメント

B+COMを付けて走ったら楽しいですよね。
私は音楽を聴かないので
相手の話をしっかり聞こえればOKですがね。
また楽しくツーしましょう。

投稿: かき | 2016年5月30日 (月) 11時53分

私もB+COMは付いているのですが、今はほとんど無線機用になってますね~
以前はソロツーでよく聞いて(音楽)たのですが…
あと、私のブログですがヤフーブログです。
教え方が分かりません、同じヤフー同士なら訪問者記録が残るのですが、、、

投稿: メロン | 2016年5月30日 (月) 18時26分

>かきさん
会話できるのはいいですね。
バイクに乗りながら車の助手席にいるようで。
最近は土日休みも少ないようで。^^;

>メロンさん
他に誰か持っていると、会話用になりますね。
ブログは、コメント入れるときに、コメント本文の上に
【アドレス(URL):(任意)】
という欄が出ますので、そこにブログアドレスを入れていただければ。
次回コメントされるとき、よろしくお願いします。

投稿: いちご | 2016年5月30日 (月) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GW帰省ツーリング(復路:毛無峠) | トップページ | 50,000km到達 »