« 白馬の一本桜ツーリング | トップページ | GW帰省ツー(往路) »

2018年4月28日 (土)

親不知から魚津へ

もう1週間経ってしまいますので、急ぎましょう。

一本桜を見たあとは、早めに帰りましょうということで、「道の駅小谷」で昼食となりました。
ここ、「こたに」だとずっと思っていましたが、「おたり」なんですね。初めて知りましたhappy01

 

私が選んだのは、「ざる蕎麦・ミニ天丼セット」の大盛りです。大盛りはプラス250円で1,560円也。呼ばれて取りに行ったら(セルフサービス)、意外に大盛りで満足です。

Img_4224

 

大変おいしゅうございました。

 
 
そのあとはR148を北進し、糸魚川で皆さんとお別れです。ありがとうございましたー。
 
 
時間もあるので、高速でなくR8を走りましょう。途中、親不知海岸の「コミュニティーロード」に寄りました。ここには海に突き出た東屋があり、絶景が臨めます。

0j0a1740

 
 
コントラストが低いですね。下の写真は3年前の6月に撮ったもので、海の色がかなり違います。

Img_2347

よく見ると画質が悪いですね。
 
 
 
ここには、『親不知が日本アルプスの起点である』として訪れたウォルター・ウェストンの像があります。
 
 
モノクロ
 
0j0a1738
 
 
 
 
青だけ残して色を抜いてみる
 
0j0a17392
 
 
 
 
ついで、蜃気楼が見られるかもしれないと思い、魚津の「海の駅 蜃気楼」に寄りました。
 
 
が、人はたくさんいても蜃気楼は見えず。そのうちリベンジしましょう。

0j0a1752

 
 
ということで、一本桜ツーは無事終了。
 走行距離:330km(たぶん)
 燃費:21.3km/リットル
 ヒヤリハットゼロ(これ、安全だったかどうかを省みるために結構重要なんですhappy01

|

« 白馬の一本桜ツーリング | トップページ | GW帰省ツー(往路) »

ツーリング」カテゴリの記事

北陸便り」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
SevenFiftyです。

2枚目の写真、錯視とでも言うのでしょうか。
東屋を囲む低い塀の穴が開いている部分が明るい色の支柱、コンクリート部分を向こうの砂浜、そんな風に見えました。
錯視したのは東屋の屋根の縁の青い部分があるので塀の穴も構造物と思いこんだと思います。
いちごさん、またシュールと言うか非現実的な風景を撮るんだと感心・・・勘違いしましたよ。

投稿: SevenFifty | 2018年4月29日 (日) 00時05分

たびたびです。

書き間違えがありました。
正:3枚目の写真
誤:2枚目の写真
失礼いたしました。


>が、人はたくさんいても蜃気楼は見えず。そのうちリベンジしましょう。
わたしは逃げ水でも撮りに行きます。

投稿: SevenFifty | 2018年4月29日 (日) 07時57分

一本桜お疲れさまでした。
来年はどこの桜を見に行きますかね。
なかなかタイミングが合いませんが
是非一緒に行きたいですね。

投稿: かき | 2018年4月29日 (日) 15時36分

去年の夏「道の駅小谷」に立ち寄りました。金属製の恐竜のモニュメントがちょっとミスマッチな
感じもしましたがまあしっかりとカメラに納めてまいりました(笑)

高浪の池ヒスイ峡で時間がかかってあと数キロで日本海という所でお決まりの集中豪雨!
前進ならぬ転進という事で「めざせ能登半島」という夢は雨とともに流れ去りました(>_<)

投稿: にいにい | 2018年4月29日 (日) 20時42分

>かきさん
res遅れてすみません。
と言うか、さっきまで一緒にいましたが(笑)。
来年は行きましょう。

投稿: いちご | 2018年5月 6日 (日) 19時38分

>にいにいさん
確かにあの恐竜はミスマッチですね。
あまり注目もされていませんし。
能登はバイクで走るにはとてもいいところですから。是非。

投稿: いちご | 2018年5月 6日 (日) 19時40分

>SevenFiftyさん
すみません、resを飛ばしてしまいました。m(_ _)m
>東屋を囲む低い塀の穴が開いている部分が明るい色の支柱、コンクリート部分を向こうの砂浜、そんな風に見えました。
>錯視したのは東屋の屋根の縁の青い部分があるので塀の穴も構造物と思いこんだと思います。
そう言われればそう見えますね。
錯覚効果も面白いものです。
親不知海岸は、事前の想像と実際があまりにかけ離れていて、びっくりした場所です。
日本海は表情が豊かです。

投稿: いちご | 2018年5月 7日 (月) 18時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白馬の一本桜ツーリング | トップページ | GW帰省ツー(往路) »