« Video on Demand はとても便利! | トップページ | ワールドカップ男子バレーが面白い »

2019年10月10日 (木)

あの作家のファンはいい加減諦めたらどうか

ノーベル賞の数々が発表されました。素晴らしいことです。

創設者のアルフレッド・ノーベルはもちろん、受賞された方々は皆、輝かしい功績を残しています。圧倒的な知性、果敢に挑戦する強靱な意志。受賞者の話を聞くほどに、その生き方には感銘を受けます。

しかし、毎年ノーベル賞が発表されるたび、不思議な方々をテレビで見て、奇妙な感じを受けます。こうも何年にもわたって期待して集まって、落選して、それでも彼の受賞を信じる理由は何か? なぜ集まって酒を飲みながら発表を待っているのか? それ自体が目的となっていないか? どうもこの方々の行動を見るたび、奇妙な感じはやがて嫌な気持ちに変化するのです。きっとそこには、
「こうして毎年集まっていることが、選考メンバーの目に留まるかもしれない。しかも受賞すれば、期待して集った飲み会が、そのままお祝いになるではないか」
という、ロビー活動にも似た、一種のいやらしさと、空虚で独りよがりな期待感が感じられるからでしょう。

まぁ、何を目的に酒飲んでもいいんですけどね。

 

Img_6387

 

でも、彼がノーベル文学賞を受賞するのは無理だと思います。かつてノーベル文学賞を受賞した川端康成、大江健三郎。そして受賞候補と言われた三島由紀夫と、彼との力量の差は、歴然です。

まぁ、あの百田某よりは、少しまともだと思いますが。

 

と、読者10人ぐらいのブログなら炎上もしないでしょう。ということで書いてみました。

|

« Video on Demand はとても便利! | トップページ | ワールドカップ男子バレーが面白い »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うわぁぁぁ~過激発言してるぅぅ
同感だけどね(笑)
賞はノーベル財団の選考委員が選ぶもの
欲しいって周りを煽り立てて貰えるならお金で買うのと同じ?
実力が認められての賞なのでファンの多さじゃないんだ

投稿: 黒麦街道 | 2019年10月11日 (金) 08時25分

>黒麦街道さん
酔って書いて、朝見て「うわぁぁぁぁ」と思ったので、トーンダウンして復活させました(笑)。
確かに財団の選考委員が選ぶものですよね~。

投稿: いちご | 2019年10月13日 (日) 01時33分

始めまして<(_ _)>
何時も楽しく読み逃げしています。
まったくもって同感です。

投稿: 金沢の素人 | 2019年10月14日 (月) 11時01分

>金沢の素人様
コメントありがとうございます。
読み逃げ、大歓迎です。
同意ありがとうございます(笑)。

投稿: いちご | 2019年10月15日 (火) 19時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Video on Demand はとても便利! | トップページ | ワールドカップ男子バレーが面白い »