« この日は立山連峰がよく見えた | トップページ | 雪の白川郷 »

2020年2月 4日 (火)

オーバードホールで佐渡裕さん指揮「皇帝」「英雄」を聴いてきました

2月2日(日)は、富山市にあるオーバードホールでベートーヴェンを聴いてきました。
指揮は、テレビでもおなじみの佐渡裕さん、オーケストラは「兵庫芸術文化センター管弦楽団」、ピアニストはエフゲニ・ボシャノフさん。演目は、《コリオラン序曲》、《ピアノ協奏曲第5番「皇帝」》、《交響曲第3番「英雄」》です。

Img_6664

13時開場14時開演ですから、13時ちょっと前に近くの駐車場に車を停めて歩き出しました。このホール、電車で来るには駅前でいいのですが、車で来ると駐車場がなくて苦労します。事前に調べておいた安いところはどこも満車だし。

 

座席はかきさんに手配いただきました。かきさん、ありがとうございます。

《コリオラン》から始まって、「皇帝」のボシャノフさんのピアノ、時々テンポが変化しましたが、スタインウェイピアノの音色がとても綺麗に感じられました。アンコールの曲名は分からず。
ついで英雄(エロイカ)交響曲。ベートーヴェンが芸術家として飛躍的発展を遂げた曲で、目の前で英雄私にとっては初の「ナマ」英雄。とても楽しめました。

そして、佐渡さんがアンコールに応えて振りはじめたのは、何とベートーヴェンの第7交響曲の第4楽章。そのため、昨日から今日にかけてこの第4楽章の、それも後半の、それもコントラバスが延々と鳴る部分が、頭の中で鳴り響いておりました。

 

 

Img_6665

 

この曲を聴くと、どうしてもこの部分に関心が向いてしまいます。
音楽評論家の吉田秀和先生は、「音の奔流に全身が流されるような中で、じっと音の中をのぞき込んでいられる余裕が残されている。これは、彼の天才のひとつの絶頂を画している離れ技である」と書いておられます。

(興味のある方はどうぞ。クリックするとその部分から開始します)

 

 

と、いい気分で駐車場に戻って、出ようとしたら・・・・・

不器用な角度で出口ゲートの精算機に停まっている車。
嫌な予感はやがてイライラに変わり、5分ぐらい経ち、車を降りて様子を見ようかと思い始めたところ、その車は出るのを諦めたらしく、バックして通路部分に停まりました。見れば、70代後半とおぼしき婆さんです。

そこで、5メートルぐら離れたところにいる婆さんに
「どうしたんですか?」
と大声で聞くと、
「これねぇ、5千円札使えないのよ。わたし細かいの持ってなくてねぇ」
と言うので、じゃあ私は出ようかと思って精算機に進むと、

「990円」という文字が! なんと婆さん、チケットだけ入れて清算しないままバックしていたのだ。私に払えと言うのか?

「これ、お金入れないとだめですよ」
と再び大声で言うと、
「だって私、5千円札しかないのよ。これじゃ出られないでしょ」

と言うから、途端に頭にきた私は

「清算途中で離れてどうすんの! どこでもいいから、すぐ両替してこい!
と言ってしまいました。実は私、口が悪いんです。婆さん、失礼な言葉づかいをしてすみませんでした。

(しかしねぇ、車を停めた時点で清算に使えるお金を見ておかないのかね。私はしっかり確認しておきましたよ)

 

すると婆さん、慌てたのか、他の車が迷惑な場所に車を停めたまま、そそくさと向いの施設に向かうのでした。こりゃどれぐらい時間がかかるのかと再びイライラしていると、次々と人が集まってきて、
「通報ボタンないねぇ、困ったねえ」
「どうしたらいいのか?」
「ひでえババアだ」
と口々に言っていたところ、
「あ、取り消しボタンがある。これ押してみては?」
と押したところ、チケットが戻り、990円の文字は消えました。しかも、心ある若者が婆さんにチケットを持っていってくれるというので、どうやら解決したようです。私は無事にゲートを出ることができました。

しかし、約4時間で1,000円は高い。

 

 

それからジムに行って筋トレをして、風呂に入り、帰り道の途中。

 

片側2車線の道を走っていたら、Uターンしてきた黒いワゴンRが接近してきて、あわよ事故か! というところ、わずか数センチでよけました。
いやぁ危ねぇなあ。直後に相手もブレーキかけたので睨んでやったら、「何よ!」という目で睨み返してきた30台のオンナ、おめえが悪いんだろ! ちゃんと前見て運転しろよ! いや、お前みたいな下手糞は運転すんな! 諸悪の根源だ!

 

20時半頃、高岡市の国道8号線「四屋」交差点をUターンして高岡市内に向かった黒いワゴンRのクソ女、真面目に運転しろ!

 

ガソリン満タンにした直後だったので、下手すりゃ横から激突されて横転、アスファルトに擦られた火花にガソリンが引火して焼死。最悪そんな事態になるところでした。

 

と、いろいろあった一日でした。

 

|

« この日は立山連峰がよく見えた | トップページ | 雪の白川郷 »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

北陸便り」カテゴリの記事

コメント

高尚な音楽鑑賞‥‥俺にはチンプンカンプン(笑)
でも駐車場の件なら参加出来ますよ(笑)
ほんと迷惑な婆さんが多いよね‥‥そう言う俺もオッサンだけど(汗)
先日も車間距離を取らない後ろの車を止めて文句言っちゃいましたよ
俺の軽ワゴンで後続車のナンバーが見えないって余程近いからね
若い女性でしたが多いんだよね
たぶんテレビ(スマホ)ゲーム慣れしてるから常識よりも人より前にって行動が先走っちゃうんだろうと思う、自分の車に付けたドライブレコーダーを第三者の目で見たらビックリすると思うよ、本人が一番気付いて無いのに他人を責める

あっ婆さんだけど、車が出られず駐車時間オーバーになったからって追加料金払えって言いたいね‥‥取り消しボタンに笑えた

投稿: ぼっち | 2020年2月 5日 (水) 19時56分

>ぼっちさん
コメントありがとうございます。
クラシックも聴き慣れればいいものですよ。
しかし婆さんには参りました。ありえない行動ですよね。待たされた超過分払えよとも思いました。

若い女性といえば、国道で右折しようとして停まっていたら、対向車線の信号が赤になって、対向車の若いねえちゃんが目の前で停止して車線ふさいだことも。
「右折ウインカー出して止まってるのに、普通、この位置で止まるか?」
と窓を開けて文句言ったこともあります。奴は不機嫌そうに黙ってました。

マナーがないというか、「こうしたら、次どうなるか」という想像力の欠けた運転をする人が多くなりました。

投稿: いちご | 2020年2月 6日 (木) 00時44分

せっかくいい音楽を聴いてきたのに帰りは散々でしたね。
いちごさんはクラシック好きですから佐渡裕さんは楽しかったでしょうね。
私はクラシックは聞かないこともないですが真剣には聞きませんね。
でも楽しいクラシックもいっぱいありますよね。
最近はCMにいろんな曲が使われていますからね。
マナーが悪い人は自分が正しいと思って運転してますから
そんな奴に限って何かあったら逆に文句を言いますからね。
君子危うきに近寄らずがいいかもね。
お互い気を付けましょう。

投稿: かき | 2020年2月 6日 (木) 10時15分

>かきさん
近寄らないのが一番いいですが、今回は偶然出くわしてしまったようで。
困った人たちです。

投稿: いちご | 2020年2月 9日 (日) 10時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« この日は立山連峰がよく見えた | トップページ | 雪の白川郷 »