« 小説「あゝ野麦峠」の舞台を訪ねるツーリング 第1回 | トップページ | 熊本旅行(1) 出発~到着 »

2020年6月13日 (土)

R471、472の酷道を振り返る

6月7日(日)のツーでたまたま行ってしまったR471と472、酷道部分を走ったのはおそらく1時間前後ですが、

今までのバイクライフで最も過酷で最も恐ろしい道でした。二度と行きたくありません。


あの道をもう1回CB1300で走ってこいと言われても、また無事に帰ってくる自信もありません。途中すれ違ったバイクは、酷道でない場所で1台だけでした。

この酷道っぷりを全国20人の読者にどう伝えようかと悩んでいたところ、なるほどYOUTUBEにあるのです。動画とGoogle MAPのスクリーンショットを交えながら、酷道っぷりをご紹介しましょう。

 

まずはこの動画。バイク(Z1000)で富山県富山市八尾からスタートして岐阜県飛騨市河合町角川へ出ていますので、私が走ったルートとほぼ同じです。R471~472に興味のある方、走ってみたいという方は是非ご覧あれ。

 

動画で見てもなかななの酷道ですね。26:40あたりからはブラインドで路面の荒れたヘアピンカーブが連続し、見ているだけでハラハラします。

次はこれ。別の方が車で走っており、Part5まであるうちのPart4です。

 

 

楢(なら)峠をこえた終盤、前記事の1枚目とほぼ同じ場所が出てきます。そのスクショ。

Ontake

 

Part5 河合町角川まで

 

 

次に、R471、472をGoogle MAPで見たときのスクショを3枚ほど貼っておきます。

 

まずは連続するヘアピンカーブ

004

 

かなーりきついヘアピンカーブです。きつい=標高差も凄いということで、全て1速で上りました。下りも1速です。たまに対向車は来ましたが、運良くヘアピンですれ違うことはありませんでした。

Street Viewで見るとこんな感じ。
砂、小石、落ち葉、苔に注意しながら、極力バンクさせず、ハンドルを切って曲がる感じです。視線はほぼ横。^^;

007

 

0071

 

なぜこんな酷道を走りきってしまったかと言うと、それは次のような心理によるものです。

 ・今は酷道でも、やがていい道になるだろう
 ・戻ったら時間の無駄になる
 ・こんなひどい道をもう1回戻るなどまっぴらゴメンだ
 ・しかも戻ったら、さっきの上りヘアピンは恐怖の下りヘアピンになる
 ・対向の車が来るからまだ行ける
 ・ナビの表示によるとあと数キロだから行ってしまえ
 ・もう、Uターンする道幅がない

 

 

さて私が酷道を走るのは、これが初めてではありません。
最初は酷道でなく険道(けんどう)で、2007年5月、茨城県にある「一本杉峠」の下りダート峠道を、夜、一人で延々と走った話(こちら)です。怖かったなぁ。熊はいないけど、ダートでコケたりライトが消えたりしたら、あたりは真の暗闇でした。

 

次は酷道や険道ではないけれど、高速道路でHIDライトが消えたとき。2回あります。
1回目は確か2014年頃。点検するも対処できず、某県某市から高速を約70km無灯火で走りました。ええ、他の車のタイヤ軌跡をぴったり追随したコバンザメ走行です。あとでショップに見せたところ、「寿命です」とな。
そこで交換したHIDは2018年にやはり高速で消え(2回目)、このときはかきさんと走っていて助かったのでありました。

 

教訓:
・初めて走る道は、事前にGoogle MAP等で現況を見ておくべし
・思いつきでツーに行くときは、知った道で行くべし

 

しかし、この日の帰りに走ったR360は快走路だったなぁ。前半が酷道すぎたせいもあるけど、高速コーナーが続くこの道は実にいい道だね。走り去るバイクの躍動と咆哮が目に浮かぶようです。拡大画像を貼っておきます。

Img_6908_20200613184701

 

 

この手前の橋の欄干にあったオブジェ

Img_6907

|

« 小説「あゝ野麦峠」の舞台を訪ねるツーリング 第1回 | トップページ | 熊本旅行(1) 出発~到着 »

ツーリング」カテゴリの記事

北陸便り」カテゴリの記事

コメント

いちごさんがUPしてくれた動画が懐かしくてつい見入ってしまいました。オフ車の頃は何回も通った道です。
分岐する県道34号も懐かしく思い出しました。いつも一人でドキドキしながら走っていました。
国道360号もいい道ですよね。私は高山方面へ向かうときに通ります。個人的には国道41号との分岐にある『かおる』という焼肉屋さんがおすすめですよ。

投稿: たけ | 2020年6月13日 (土) 22時40分

>たけさん
この道はオフ車なら楽しそうですね。リッターバイクには拷問です。

焼肉「かをる」、検索してみました。飛騨牛を安く食べられるのですね。今度行ってみようと思います。
情報ありがとうございます。

投稿: いちご | 2020年6月13日 (土) 23時40分

先日きのこ山経由で一本杉峠手前まで走って来たよ
上曽峠入口に通行止めの看板有ったけど(汗)
結局カブでも通れないほどのバリケードでした(涙)

欄干のオブジェいいねぇ
まるでバイクのハンドルを握ってるような(笑)

投稿: ぼっち | 2020年6月14日 (日) 08時50分

夜間ヘッドライトが消えたことは 私も一度あります
能登の海岸沿い鹿波の県道
あの辺は街灯もなく 集落以外は 真っ暗
幸い エンジンは動くし ウィンカーも点灯
ウィンカーを点灯しっぱなしで 金沢まで帰れました

エンジン動いてもウィンカーまで死んでいたら ヤバかった

投稿: 万年NA | 2020年6月14日 (日) 23時00分

動画を見て、
普段とかけ離れた情景を
思い出しました。

投稿: 片田舎動物病院 | 2020年6月15日 (月) 07時30分

>ぼっちさん
きのこ山から一本杉峠まで行ってこられましたか。
懐かしいです。
上曽峠経由でないと、八郷側の下から?

欄干のオブジェ、止まらないと気づかないのがもったいないです。^^;

投稿: いちご | 2020年6月15日 (月) 22時39分

>万年NAさん
能登の真っ暗な道も、さぞ心細かったでしょうね。
ウインカー点いてもほぼ真っ暗な気もしますが。^^;
でもあるのとないのとでは大違いなのでしょうな。

投稿: いちご | 2020年6月15日 (月) 22時41分

>片田舎動物病院さん
確かに、非日常の風景ではあります。

投稿: いちご | 2020年6月15日 (月) 22時41分

R471、472をよくCBで走ってきましたね。
私は以前CRMで河合村から逆に走ってきました。
その時でもこんな酷道は大変だなと思いましたよ。
ただオフ車なら案外楽しく走れましたがね。
特にその時はセローに乗ったブロ友さんと一緒でしたからね。
今回のいちごさんはちょっと無謀だったかもしれませんね。
野麦街道の旅だからしょうがないかもしれませんね。
私ももうこのルートは行くこともないと思います。
オフ車を買ったらまた行きたいかもね。

投稿: かき | 2020年6月16日 (火) 13時23分

先日いちごさんもよくご存知の地元の国道461号を走ってきました。
番号は近いけど此方はチョ-快走路でした(^_^)v

自分の恐ろしかった道と言えば北海道のダムカ-ドを集めてる時
原生林の果てしない道でしたね。逆に恐ろしくて足を着いて止まる
なんてできなくてエンジンだけは空ぶかして走ってました(^^;)

投稿: にいにい | 2020年6月17日 (水) 20時43分

>かきさん
CRMで河合町からですか。反対から走ってみたい気もしますが、ここはオフ車でないと楽しくありませんね。
いくらか野麦街道の理解にはなりましたが、ちょっと外れているかも。
7月あたり日程合わせて野麦街道行きますか。

投稿: いちご | 2020年6月17日 (水) 22時59分

>にいにいさん
R461は快走路ですよね。戻ったら走ってみたいです。
ただし、ネズミ取りしてたら一発免停ですな。^^;

原生林も怖そうですね。富山にも熊はいますが北海道のはもっと大きそう。
今回のR471、472も路面が悪く、止まって足をつくのが嫌なぐらいでした。

投稿: いちご | 2020年6月17日 (水) 23時01分

いちごさん、ご無沙汰しております。
酷道制覇、お疲れ様でした。私も3年前に471/472を八尾から入り走行しました。私のはオフよりの単車なので、結構たのしかったですよ。帰りは白川から牛首峠を経由し、天竺温泉経由で金沢に戻りました。牛首峠は完全ダートなので、1300では楽しめませんのであしからず。
ここ半年ほど北陸の道を走れておらず欲求不満満載です。また今度、千里浜でバーベキューしたいですな。

投稿: タロー | 2020年6月21日 (日) 11時48分

>タローさん
お久しぶりです。
この酷道はもう嫌ですね。近く二も行きたくありません。テネレならもっと楽しめるでしょうが、倒したら重いので大変では?
私も2年前から単身生活ではないので時間が思うように取れません。どうにかまたBBQしましょう。

投稿: いちご | 2020年6月24日 (水) 11時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小説「あゝ野麦峠」の舞台を訪ねるツーリング 第1回 | トップページ | 熊本旅行(1) 出発~到着 »