« 熊本旅行(4) 熊本城 | トップページ | ほぼ能登一周ツー »

2020年7月 2日 (木)

熊本旅行(5) 帰路

怒濤の3日連続ブログ更新ですが、続きです。
23日(火)、いよいよ帰る日がやってきてしまいました。当初ヨメも帰るはずでしたが、長男の部屋の掃除やご飯作りをしたいそうで、無期限で残ることになりました。ラッキー? まぁ1ヶ月ぐらいでしょうな。
そして長男の出勤と同時に2台でアパートを出ました。

常々どこに行くにも、

「財布とスマホと薬があれば、あとは何を忘れても大丈夫!」

と豪語している私ですが、500mぐらい走ったところで胸ポケットを撫でてみたら、あれ、ない。

はい、スマホを忘れました。

慌てて戻りましたとさ。これがないと途中の連絡も何もできません。危ないところでした。

 

熊本から福岡を経由、200km走って関門橋を通過。

Img_6945

 

 

また少し走って、王司PAで休憩。

FBにアップしたところ、角島へ行ってはという声もありましたが、この写真で角島はAの位置にあり、かなり遠いです。富山まであと900kmぐらい走るので、断念しました。

Img_6956

 

 

またまた走って、下松PAでお昼。ここでカツ丼を食べました。汁椀が小さいのではなく、カツ丼が大きいのです。

Img_6957

 

が、周りを見るとほとんどの方がかた焼きそばを食べています。そっちにすればよかったかな。しかも、どの料理も量が多い!

50cmはあろうかというほどの皿です。

5972_n

 

 

しかし神戸ジャンクションは複雑で焦りました。行きはヨメがいて助手席でナビしてくれましたが、一人だと慌てます。

 

そしてまたかなりの距離を走り、夕暮れの三方五湖PAで休憩。

Img_6958

 

コロナウィルスの影響もあり、誰もいません。静けさの漂う夕暮れです。

 

Img_6959

 

 

またまた走って福井県のPAで夕飯を食べようとしたら、「申し訳ございません。8時で終了しました」との返事。時計を見たら8時5分でした。

仕方ないのでカップラーメンとおにぎりを買い、虫が飛び回る外灯の下で食べました。

 

 

またまた走り、24時を待ってスマートICのETCゲートを通って、無事帰宅。いやぁ疲れた。

片道1046.9kmでした。

Img_6962

 

 

長男は白州に加え、熊本の焼酎をくれました。嗚呼ありがたや。

400_n

 

帰りは晴天で景色もよく見えたので、終始雨天の行きよりは近く感じました。それにしてもよく走ったなぁ。
初めて一人暮らしの長男のアパートを見てきて、有意義な旅行でした。

 

なお、夜の高速に最もよく合うBGMは、演歌だということが分かりました。

おしまい

|

« 熊本旅行(4) 熊本城 | トップページ | ほぼ能登一周ツー »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

帰りの長旅お疲れさまでした。
1046.9㎞も一人でよく頑張りましたね。
でも一回行ってくるともう次は近く感じますよ。
私も青森まで何回も行ってますが近いと感じましたからね。
そうやって距離欠乏症になってしまうのですよ。
それがバイクで走っても距離を感じなくさせてしまいます。
帰りはさすがに観光もなくただ帰るだけでしたね。
しばらくは気楽な一人暮らしを謳歌できますね。
この際にあちこち走りましょう。

投稿: かき | 2020年7月 3日 (金) 08時50分

帰路は気ままな一人旅でしたね。

なにはともわれ、
無事御帰還、お疲れ様でした。

投稿: 片田舎動物病院 | 2020年7月 4日 (土) 08時05分

夜の走りには、もちろん演歌が似合うのは、2輪、4輪でも同じです。昔のトラック野郎の先輩方が八代亜紀、森昌子、小林幸子あたりで、深夜の国道をひた走る風景が目に浮かびます。片岡義男先生の文をお借りすると「運転手は、前方をにらみながら、タバコに火を点けた。器用に片手でライターとハンドルを操りながら。」となりますな。

投稿: 猫の顔 | 2020年7月 4日 (土) 13時07分

>かきさん
さすがに1,000km越えは遠いですね。かきさんが以前日帰りで小田原往復をして雪道含め1,000km弱走ったのは凄すぎます。
でも車は楽ですね。眠くなればシート倒して眠れるし、雨には濡れない、耳元をかすめる暴風音もないし。
あちこち行きたいですが、今日も明日も雨です。

投稿: いちご | 2020年7月 4日 (土) 22時45分

>片田舎動物病院さん
とても気楽な帰り道でした。^^;
しかし出発が早すぎて、途中かなりゆっくりしました。

投稿: いちご | 2020年7月 4日 (土) 22時46分

>猫の顔さん
演歌が合うこと、さすが分かっていらっしゃいますな。
片岡義男先生がトラックのこと書いたとは知らなんだ。

今回よかったのは、藤圭子の「聞いて下さい私の人生」「南国土佐をあとにして」、テレサテンの「空港」「つぐない」、大川栄策の「目ン無い千鳥」、石原裕次郎の「北の旅人」でしたな。
吉幾三の「山谷ブルース」も、しみじみと心に響きましたな。
美空ひばりの「悲しい酒」はテンポが合いません。
演歌は日本人の心です。

投稿: いちご | 2020年7月 4日 (土) 22時51分

今時、藤圭子ですか?やりますなあ?石川さゆりとか、奥村チヨあたりで止まりませんでしたか?朱里エイコとかね?とどめは、ロッテ歌のアルバムで玉置宏のアナウンスと、ちあきなおみでしょうか?

投稿: 猫の顔 | 2020年7月 7日 (火) 12時43分

>猫の顔さん
いやぁ、藤圭子こそ最高の演歌歌手でせう。
奥村チヨ、朱里エイコはよく知りません。
>玉置宏
「1週間のごぶさたでした」だっけ?

投稿: いちご | 2020年7月 8日 (水) 18時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 熊本旅行(4) 熊本城 | トップページ | ほぼ能登一周ツー »