« 小説「ゼロの焦点」に描かれた北陸 | トップページ | 初乗り »

2021年1月 9日 (土)

大雪です

今年初の更新です。全国20人の読者の皆さま、今年もよろしくお願い致します

さてテレビ等でニュースになっていますが、北陸を中心に大雪が続いています。私が住んでいる富山県某市も35年ぶりの大雪だそうで、1メートル以上降りました。自分史上も最高値です。

本格的に降り出したのは木曜日(1月7日)夜で、金曜日の朝起きたら積雪は約60センチぐらい、車の雪おろしに30分近くかけて出勤。
まぁここまではよかったのですが、帰宅は大渋滞で、毎日10分の通勤時間が2時間もかかってしまいました。どうやら原因は途中にある上り坂で、あまりの雪量に除雪装置(シャワー)能力がついていかずに踏み固められてアイスバーンとなり、そこをトラックが上ろうとしてハマり、道路上をスライドして真ん中に止まってしまい、それで上下線をふさいでしまった・・・というものでした。
しかし、そうと分かるまで1時間渋滞を我慢、トイレが気になってきたので業を煮やしてUターン、第2の帰路を選択、そこでこの上り坂の状況を発見したのでした。断念して第3の帰路を選んだら、何と15分で帰宅。最初からここを通るべきでした。

 

今日は通院で、病院の待合室から見た外の風景。ここは本来、タイルと地面に段差がなくフラットなのですが、ご覧のような吹きだまり。最も高いところは1.2メートルぐらいあるでしょう。

Img_7630

ガラス窓越しの風景です。

 

病院の帰り道。ホワイトアウトまではいきませんが、運転は怖いです。

Img_7631

 

 

Img_7632

 

何が怖いかと言うと

・道路が全て白いため、凹凸と左右の境界が分からない
・タイヤでえぐった穴があちこちにあるが見えず、突然かなりの衝撃を受ける
・溶けた箇所がまばらにあると、道路の凹凸がすさまじい
・轍にハンドルを取られると、車が思うように動かない
・雪で車線が狭くなってしまい、すれ違いができない
・そのため、バックやUターンして復帰できるかどうか分からない
・シャーベットとアイスバーン混じりの路面はとにかく滑る、何度もハマってようやく抜け出した
・ワイパー可動範囲以外の視界がどんどん狭くなる
・雪が溶けて車のガラスが曇る

雪がすっかり溶けたているか踏み固められていればいいですが、融雪装置があって一部シャーベットになっていると滑るわ段差はあるわで、恐怖です。

 

お昼に寄った某ラーメン店からの風景

Img_7633

雪、冷水、温度差、塩カル、衝撃・・・これじゃあ車も傷みます。やっぱり雪のない生活がいいね。

|

« 小説「ゼロの焦点」に描かれた北陸 | トップページ | 初乗り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

北陸便り」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。

私の体は
冬はこんなもんだと
諦めています。

投稿: 片田舎動物病院 | 2021年1月12日 (火) 08時02分

>片田舎動物病院さん
雪かきは疲れますね。
関東にはあまりない作業です。

投稿: いちご | 2021年1月12日 (火) 23時25分

いちごさんは初めての大雪ですね。
私は数年に一度はこんな感じになりますね。
子供のころは毎年これぐらいの積雪はあったような気がします。
最近は雪がないのが当たり前になっているような。
北陸の冬はやっぱり積雪がないと寂しいですよ。
今のうちに豪雪を楽しんでおいてください。
茨城へ帰ったらあまり見ることはないですからね。
2月になったらほとんどこの雪も解けていることでしょうね。

投稿: かき | 2021年1月13日 (水) 12時34分

>かきさん
3年前の大雪も経験していますよ。
昨年は全く降りませんでしたが、あれはあれで異常かも。
豪雪は楽しめませんが、貴重な経験ではあります。
3月にはバイクに乗りたいものです。

投稿: いちご | 2021年1月13日 (水) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小説「ゼロの焦点」に描かれた北陸 | トップページ | 初乗り »