« 沖縄旅行(10) 万座ビーチ | トップページ | 沖縄旅行(12) 国際通り »

2023年3月29日 (水)

沖縄旅行(11) 北谷町とアメリカンビレッジ

いやー、終わんねえなぁ(笑)。1箇所1記事としているので、まあ仕方ありません。

さて今回は北谷町(ちゃたんちょう)です。沖縄はどこに行っても本土とは違う気候、風土、風俗、風習、習慣、文化、顔立ちなどを感じますが、それが凝縮されている一つの場所が北谷町かもしれません。美浜タウンリゾート・アメリカンビレッジに行ってそれを強く感じました。

 

まずは昼食を食べに行きましょう。半裸のおねいさんの残像を浮かべながら、平常心で車を運転します。次なる目的地は、ゴーディーズ・ハンバーガーです。ここもガイドブックを見てヨメがリクエストしてきました。計画は丸投げでおまかせ、オヤジは運転するだけです。

ネットでは、周辺では嘉手納基地の爆音が聞こえるとありましたが、このときは静かでした。

 

 

13時半ころ到着、さっそくハンバーガーをいただきました。飲み物とポテトフライつきのコンボセットです。

Img_9691

 

 

 

かなり大きめの満腹サイズで、値段は1,480円也。私はダブルチーズバーガー、次男はパイナップルなんとか、ヨメは照り焼きバーガーを頼みました。照り焼きは超美味だったそう。

 

ゴーディーズ ハンバーガー

Img_9692

店の内装は、エルヴィス・プレスリーが活躍していた時代…70年代にタイムスリップしたかのようです。これも沖縄の歴史の一つですな。

 

 

 

そのあとは、古き良き時代のアメリカを模したアメリカンビレッジを散策します。

 

Img_9695

 

 

 

 

Img_9700

 

 

何軒かの雑貨屋さんを見て回りました。家のリフォーム用にレトロな電球カバーを探しているのですが、あいにくありませんでした。

 

 

Img_9696

 

 

 

 

Img_9698

 

 

 

〆のアイズ

Img_9701

 

 

 

北谷町は、南国の、明るい、異国情緒たっぷりの、雑多な、賑やかな、活気のある、若い街並みです。いつもの日常から、突然に異なる場所にトリップできるのが旅行の醍醐味に違いありません。活気あふれる空気と、肌を焼く西日の中で、同じ国にある異国の雰囲気を楽しみました。

 

 

夕陽も傾いてきたので、では那覇市のホテルに向かうことといたしましょう。次回は那覇市の国際通りです。

 

 

 

今回のコース 一度万座ビーチまで北上し、そのあと南下して北谷町(→のところ)、そして那覇市へ

35_map

 

続く…

 

| |

« 沖縄旅行(10) 万座ビーチ | トップページ | 沖縄旅行(12) 国際通り »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

北谷町は特に独特の風景ですね。
もろアメリカって感じもしますね。
ちなみに私はハンバーガーは食べれません。
恐らく私が行っても食べるものがないかもしれませんね。
雰囲気を楽しみにはいいところなんでしょうね。
もちろんきれいなお姉ちゃんでもいれば目の保養になるかも。

沖縄は本当に日本と一種変わった文化ですからね。
もともとアメリカに占領されていた関係もありますがね。
私が行ったときは車の通行が右側から左側に変わった直後でした。
本当に異国文化でしたからね。

投稿: かき | 2023年3月30日 (木) 16時07分

>かきさん
毎度コメントありがとうございます。
ここは確かにアメリカそのものという感じで、占領時代がそのまま残っているようでした。
車も右側通行から左側通行になりましたね。昔のニュースで覚えています。

投稿: いちご | 2023年3月30日 (木) 19時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 沖縄旅行(10) 万座ビーチ | トップページ | 沖縄旅行(12) 国際通り »